エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.573

“魅せる”オールインワン型水冷ユニット、Antec「Mercury 240」検証

2017.06.07 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕 / 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

テフロンコーティングのウォーターチューブ

既存モデルと外観による違いが分かりにくいオールインワン型水冷ユニット。とはいえ細部をじっくり観察すると、モデルごとに異なる点を見つける事ができる。中でも「Mercury 240」のウォーターチューブは、ゴムむき出しでもスリーブタイプでもない、屈曲性が高いテフロンコーティングの高品質PTFEチューブが使われている。なお長さは実測で約348mm(ウォーターチューブからラジエターの付け根まで)。直径は最大部で約14mmだった。

メンテナンスフリータイプだけに、ウォーターチューブの接続部分はガッチリと固定。当然ながら抜き差しは前提とされていない構造
ポンプ一体型ウォーターブロックのウォーターチューブ接続部。付け根部分は自由に回転できるため、ストレスの無い方向に調整が可能。なお画像の右手がIN、左手がOUTで冷却水が出入りする

LED内蔵サークルを備えた120mm口径ファン

ラジエターに搭載する2基の120mm口径ファン。ブラックのフレームと、ブラウンスケルトンのインペラで構成。ネジ穴が設けられた四隅には、振動防止対策用のラバーが標準で装備される。
 スペックは回転数が900~1,800rpmのPWM制御(4pin)に対応し、最大風量73.31CFM、騒音値20~30dBAで、静圧は2.25mm-H2Oとされている。インペラの外周を見ると、サークル状のリングが確認できる。ここにはLEDが内蔵され、通電時はブルーに発光するイルミネーションギミックを備えた。

インペラ数は120mm口径としては珍しい9枚仕様。風量を稼ぐひねりを加えた独特な形状で、涼しげなスケルトンが採用されている。なお製品寿命は40,000時間(室内温度25℃/15~65%RH)
サークル状のホワイト色リング内部には、ブルーのLEDを内蔵。通電時に発光するドレスアップ要素を加えた
totop