エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.570

これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説

2017.05.22 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

水冷ユニット(120mmサイズ)を搭載してみる

CPU(またはGPU)の冷却手段として人気の水冷。基本メンテナンスフリーのオールインワンタイプとDIY水冷(本格水冷)の2パターンが選択できるワケだが、今回はもっともオーソドックスな前者をチョイス。まずはリア120mm口径ファン増設スペースに、120mmサイズラジエターを搭載してみた。
 ミニタワーなりの内部容積だが、CPUソケットとラジエターの距離も短く、チューブの取り回しに苦慮するといったことは無かった。

作業の注意点は特に見当たらないが、チューブが接続されたタンク部分の張り出しによっては、ラジエターの向きは上下いずれかの”決め打ち”になる

水冷ユニット(240mmサイズ)を搭載してみる

次にフロントパネル裏手にある、120mm口径ファン×2基分の搭載スペースに、240mmサイズラジエターを搭載してみよう。作業にあたり、まずは冷却ファン増設用ブラケットを取り外す。ちなみに4本のネジで固定されており、”手前側”と”奥側”の2箇所それぞれ異なる2種類のネジを使用。取り外したブラケットに冷却ファンとラジエターを組み込み、それを元に戻すという手順だ。

シャーシから外した状態で、冷却ファン増設用ブラケットにラジエター等を組み込む。ちなみに上方向はシャドウベイ直下までのスペースが利用可能。さらに電源ユニットのカバーまでの幅約100mmが活用できる
取り回しの関係上、ラジエターのチューブは上に向く状態で設置。グラフィックスカードの長さを考慮してレイアウトを決めたい
冷却ファンの吸排気方向については議論になるところ。ただし「301」に限っては通気孔が右側面にあることから、背面排気を想定して設置している
totop