エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.570

これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説

2017.05.22 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

長さ約300mmのグラフィックスカードを搭載する

ミニタワーにカテゴライズされるPCケースだけに、構成パーツのチョイスに下調べは欠かせない。次に作業するはグラフィックスカードだが、拡張カード有効スペースは公称330mmまで。CPUクーラーとはやや異なり、ATXミドルタワー並の居住スペースが確保されている。
 搭載テストに用意したモデルは長さ298mm。実に30mm以上の隙間ができる計算だ。

拡張ブラケットは筐体外部でネジ留め。インチネジ1本で固定されたカバーを外し、グラフィックスカードを固定。搭載が完了したところでカバーを戻せば作業は完了
有効スペース330mmに、カード長298mmのグラフィックスカードを搭載。フロントパネルまで余裕があるため、楽に搭載作業できる
Cooler Master「Hyper 212 EVO」との位置関係。両者は規格通りだが、ボトム面との距離は実測で約53mm(カード厚は39mm)。仮に冷却ファンを底面に増設した場合、さらに距離が接近する

電源ユニットを搭載してみる

トップマウントの電源ユニット。搭載テストにはIn Win「C 750W」を用意した。80PLUS PLATINUM認証の「Classic」シリーズで、120mm口径ファンを搭載。奥行きは165mmのハイエンド志向モデルだ。なお「301」の電源ユニットの有効スペースは最大160mm(公称)であり、CPUクーラーに続き、またしても若干オーバー気味。搭載を試みたところ、同一フロアにあるシャドウベイユニットとは実測で約65mmまで距離があり、フルモジュラー式ケーブルが往来するスペースは確保できている。

搭載方法は右側面からのインストール。ネジ留めは一般的なPCケース同様、背面をインチネジで締め付ければいい
同一フロアにあるシャドウベイユニットとは距離があるものの、フルモジュラー式のケーブルなら固定前に必要数を接続しておくことが必須。マウントスペース底面は冷却ファン用にカットされている
totop