エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.570

これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説

2017.05.22 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

In Win「301」の外観デザインチェック

ここからはパッケージより本体を取り出し、外観デザインから検証を開始しよう。なお検証にあたり、国内正規代理店の株式会社アユート(本社:東京都千代田区)からブラックモデル(型番:IW-CF07B 301-Black)を借り受けた。

「303」を継承したフロントパネルデザイン

内部構造は二の次という人もいるだろう。PCケースの顔となるフロントパネルデザインは、流通する複数の製品から1台をチョイスする”最大の決め手”となり得る。
 既に触れているとおり、「301」はATXミドルタワー「303」の弟分にあたる。フォームファクタをMicroATX対応とし、外観デザインはほぼそのままにスケールダウン。好評だったデザインを受け継いでいるため、市場にも好意的に受け入れられる事は間違いない。

シンプルかつ洗練された、In Winらしさを感じるフロントパネルデザイン

各種スイッチおよびフロントアクセスポート

スイッチおよびアクセスポート類は、フロントパネル右側の縦列にレイアウトされている。最上部の正方形は、Powerスイッチ。その下にある横長の小さなボタンはResetスイッチだ。そしてIn WinのLEDロゴを境に、下部にはオーディオポート(ヘッドホン+マイク)、USB3.0ポートが2口装備される。

外観スタイルを考慮してか、必要最低限の装備でまとめたアクセスポート類。なおIn Win LEDロゴの上には、HDD/Power LEDインジケーターがある

フラットなトップパネル

トップパネルは完全にフラット状態で、通常装備される事が多い通気孔の類いもない。外観デザインはシンプルで好印象だが、引き換えに冷却ファンの増設などはできない事を意味する。

トップパネルも「303」デザインを継承。イマドキのPCケースとしては珍しいフルフラットデザインを採用する
totop