エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.570

これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説

2017.05.22 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 国内市場では4月末より販売が開始された、In Win Development(本社:台湾)の新作PCケース「301」。昨年6月デビューのATXミドルタワー「303」の弟分は、MicroATXに対応するコンパクトなミニタワーPCケースだ。外観スタイルを継承し、左側面には3mm厚の大きな強化ガラスパネルを装備。市場想定売価税抜1万円を切る期待のモデルを徹底検証だ。

In Winを駆け足で振り返る

In Win Development(以下:In Win)という会社はつかみ所がない。創業は実に30年以上前の1986年。Windows 3.0デビューの約5年前から存在する老舗企業だ。本社は台湾の北部・桃園にあり、中国に巨大工場がある。自作PCブーム以前より存在している事からも分かるように、そもそも企業やサーバー向けシャーシの製造を行っていた。今でも自作PC向けと、メーカーを前面に押し出さない産業向けのPCケースを製造。自作PCが一部マニアのものだった頃、秋葉原のPCパーツショップ店頭に陳列されていたのは、素っ気ないデザインのPCケースばかり。それが本来In Winのイメージだった。

X-Frame

X-Frame

 ところが、ここ数年で明らかに”別のライン”が動き始めた。2012年に発表された、オープンフレーム型PCケース「X-Frame」(2012年)は、これまでのIn Winにはなかった”デザインPCケース路線の原点”であり、50台生産というプレミアム感を持たせた戦略的演出も功を奏した。以降、アルミ板を重ね合わせて立体を作り上げた「H-Frame」(2012年)や、度肝を抜いた強化ガラス採用「Tou」(2013年)、鉄パイプと砂型鍛造プレートで構成された「D-Frame」(2013年)など、いずれもハズレはなし。素っ気ないデザインばかりだったPCケースメーカーは、一躍人気ブランドの仲間入りを果たすことになる。

待望のMicroATXモデル「301」デビュー

In Winの新たなコンシューマ路線は、なにも奇をてらったモデルばかりではない。強化ガラスと一体成型フレームで構成された「IW-CF01(904)」(2013年)や「IW-CF02(901)」(2014年)といった、一般的かつ現実的な製品がやはり主流であり、ここ数年秀作を次々と市場に送り込んでいる。

そして今回検証を行う「301」は、2016年6月にデビューしたATX対応ミドルタワー「303」を小型化した、MicroATX対応ミニタワー。出来が良く、自作市場でも瞬く間に人気モデルとなったその弟分である「301」は、筆者のみならず、登場を待ち望んでいた自作派も多いことだろう。

In Win「301」(IW-CF07B 301-Black/IW-CF07B 301-White)
市場想定売価税抜各9,980円(2017年5月発売)
製品情報(In Win)(株式会社アユート

スペック表で見るIn Win「301」

実機による検証を開始する前に、スペック表から「301」の概要を把握しておこう。対応フォームファクタはMicroATXおよびMini-ITX。大多数はMicroATXでの運用となるはずだが、選択肢が多く、スペック的にも見劣りしないMini-ITXを敢えて選択するという使い方も面白い。
 カラーはブラックとホワイトの2色。塗装色の違いに加え、フロント右側のロゴ部分が前者はレッド、後者はブルーに発光するギミックを備え、アクセントになっている。

IW-CF07B 301-Black IW-CF07B 301-White

外形寸法は幅が188mm、奥行きが370mm、高さが365mm、重量は6.57kgと、ミニタワーに区分されるだけあって、非常にコンパクトだ。なおパッケージサイズは幅272mm、奥行き458mm、高さ450mmとされ、付属品や緩衝材を含めた総重量は7.63kgに抑えられている。これならカート無しで十分に持ち歩くことができるだろう。通販ばかりに頼らず、是非PCパーツショップに足を運んで頂きたい。

totop