エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.565

AMD Ryzen対応の水冷ユニット CORSAIR Hydroシリーズ「H110i」「H60」を試す

2017.05.10 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕 / 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

280mmサイズラジエター「H110i」の場合

次に280mmサイズラジエターが最大の魅力となる「H110i」の出番だ。ちなみに搭載テストに用意した「270R」は、フロントパネル裏が唯一の280mmサイズラジエターの搭載スペース。そこにはこれまで当たり前のようにあったシャドウベイがなく、空きスペースを存分に使う事ができる。

合理的なCORSAIRだけに、ポンプ一体型ウォーターブロックの搭載方法および使用パーツは「H60」と共通。AMDは上下のフックによる2点留めだが、ほどよくテンションが掛かり、しっかりと固定できる
ポンプ一体型ウォーターブロックから伸びるコネクタ類。給電用SATAコネクタ、PWM用コネクタ、4pinファン用コネクタをそれぞれ接続する必要がある
「H110i」のみに付属する「ラジエータ固定用ネジ」を使い、フロントパネル裏面にラジエターをネジ留め。「270R」のネジ穴はスリットタイプにつき、ラジエターの設置位置の微調整ができる
「H110i」の280mmサイズラジエターを「270R」に搭載する場合、ウォーターチューブの出入り口を上にした状態のみ設置ができる

メモリスロットクリアランス

冷却テストセッションに入る前に、隣接するメモリスロットのクリアランスを確認しておこう。今回搭載テストには、AMD Socket AM4対応のGIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」を使用したが、「H60」「H110i」いずれもCPUソケットに近い「DDR4_4」バンクにウォーターチューブが接触する事はなかった。共通して直径14mmのウォーターチューブだが、フィッティングに該当するウォーターブロックとの接続部分は、実測で約17mmになる。

「H60」「H110i」共に、ウォーターブロックの接続部分は実測で約17mm。直径14mmのウォーターチューブよりも若干太い

心配された接続部分の張り出しだが、メモリスロットへの干渉は一切なし。接続部分のウォーターチューブは自由に可動できるため、チューブ自体の設置方向も自在に調整ができる。

搭載テストで使用したメモリはCORSAIR「Vengeance LPX」シリーズ。外形寸法はW135×D6×H32mmで、アルマイト処理が施されたヒートスプレッダが装着されている
totop