エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.565

AMD Ryzen対応の水冷ユニット CORSAIR Hydroシリーズ「H110i」「H60」を試す

2017.05.10 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕 / 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

「H110i」「H60」組み込み手順

次に組み込み手順を解説しよう。両者の国内発売日は実に3年のギャップがあるものの、マザーボードへの搭載方法は大きく違わない。当然ながら、なにもメーカーが横着をしているのではなく、熟成されていることを意味する。多くのオールインワン水冷ユニットに比べても、最も取り付けがし易いモデルと言える。
 なお搭載に際し、マザーボードはGIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」をチョイス。PCケースはATXミドルタワーCORSAIR「Carbide Series 270R」を用意した。フロントには360/280/240/120mm、リアには120mmのラジエターが搭載できるため、「H110i」と「H60」の検証用には都合がいい。

搭載テストにはCORSAIR「Carbide Series 270R」を用意。ちなみに執筆時点での実勢価格は税込10,000円を切っている

120mmサイズラジエター「H60」の場合

まずはじめは、120mmサイズラジエターを採用する「H60」だ。ベースとなる「270R」には一般的な選択ポイントとして、リアにラジエターを搭載させるレイアウトで組み込みを行った。

ポンプ一体型ウォーターブロックのトップ部、ちょうど一段下がった周囲にAMD用のブラケットを装着する。なおウォーターブロックのカバーにはマグネットが装備され、ブラケットは磁力で付く仕組み
ブラケット両端の穴を通し、「AMD専用フック」を「ブラケット固定用スクリュー」で固定。それらしくなってきた
120mmサイズラジエターは、標準装備品のリア冷却ファンを取り外し、スペースを利用。なお今回はマニュアル通り、冷却ファンはラジエターとシャーシの間に挟んで固定。外排気にする場合は別途ラジエター固定用のネジを用意する必要がある
CPUソケットの台座部2箇所に、「AMD専用フック」を掛けて、「ブラケット固定用スクリュー」によりテンションを加えていく。これでポンプ一体型ウォーターブロックの搭載は完了
ラジエター固定の120mm口径ファンと、ポンプ一体型ウォーターブロックから伸びる電源コネクタを、それぞれマザーボードの冷却ファン用コネクタに接続
「270R」への「H60」搭載は完了。120mmサイズラジエターを採用するとあって、コンパクトに収めることができた
totop