エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.565

AMD Ryzen対応の水冷ユニット CORSAIR Hydroシリーズ「H110i」「H60」を試す

2017.05.10 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕 / 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

「H110i」のポンプ一体型ウォーターブロック

トップカバー部にCORSAIRロゴをあしらった、ポンプ一体型ウォーターブロック。ドレスアップ要素も兼ね備え、ロゴ部分はRGB LEDを採用。温度に応じてLEDカラーを設定することもできる。なお外形寸法は63mm四方、厚さ35mmで、左側面にはマザーボード上のUSBピンヘッダと接続するためのコネクタを用意。システム統合管理ツール「Corsair Link」が利用できる。

CORSAIRロゴをあしらったポンプ一体型ウォーターブロック。「H60」に比べ縦横2mmずつ小さくなり、厚さは7mmサイズアップした
銅製ベースプレートは実測で52×60×厚さ2mm。左右各4本のネジで密閉されている

「H110i」のウォーターチューブ

水漏れや揮発の心配がない事は、メンテナンスフリーのオールインワン型水冷ユニットには必須条件。劣化に強いゴム製のウォーターチューブは柔軟性が高く、外装には布巻が施されている。なお長さは約350mm。一般的なミドルタワーPCケースのフロントパネルにも、ラジエターが設置できる。

直径は実測約14mm。「H60」に比べしなやかで、取り回しがし易い印象

「H110i」付属の140mm口径ファン

280mmサイズラジエターに搭載される冷却ファンは、140mm口径が2基。「H60」付属ファン同様のラウンド形状で、四隅にはネジ穴が設けられている。回転数は最大2,100rpm±10%で、PWMに対応。騒音値は43dBA、風量113CFM、静圧は3.99mm-H2Oとされ、口径が大きいだけに、冷却に有利になる風量と静圧の高さが特徴だ。

140mm口径ファンとあって、インペラ数は9枚。風量を稼ぐ事を目的とした羽形状が特徴的
totop