エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
セカンドディスプレイやデュアルカメラ、クアッドDAC内蔵の防水ハイエンドスマホ「LG Q8」が欧州で発表
入力遅延を抑える「GameFast」対応のゲーマー向け24型フルHD液晶、ASUS「VG245H」
約18年前に製造された、IBMの新品SCSI HDDが箱ごと発掘。保証付き税込4,980円で販売中
4枚のNVMe M.2 SSDを搭載できるRAID拡張カード、Highpoint「SSD7101A-1」28日発売
Riotoro、静音メンブレンキー採用のゲーミングイルミーネーションキーボード「Ghostwriter Classic」
プレデターみたいにスマホを装着できる、カッコイイ「スマホ用グローブ」が発売に
家中に電波を届けるメッシュWiFi環境を手軽に構築できる無線LANシステム「Lyra」がASUSから
COMMELL、TDP15Wの省電力プロセッサKaby Lake-U搭載Mini-ITXマザーボード「LV-67T」
22コア/44スレッドなど「Xeon Gold」シリーズの販売がスタート。LGA 3647対応CPUクーラーも同時入荷
ゲーミングマウスとキーボードが週明け月曜まで特価【パソコンショップアーク】

HOTNEWS
● 80PLUS認証電源の製造数トップのFSP、ゲーマー向けGOLD電源「Hydro G」は買いか
● 最強性能を極上イルミネーションで魅せる。贅沢極まるX299マザー、GIGABYTE「X299 AORUS Gaming 9」
● ミドルレンジ並の価格にハイエンドの機能を凝縮。X299マザーの決定版ASRock「X299 Taichi」
● Ryzenゲーミングマザーボードの人気ミドルレンジ、MSI「B350 TOMAHAWK」徹底検証
● 別モノに生まれ変わったサイズ「虎徹 MarkⅡ」検証


1「16コア、欲しいですね」(7/16)・・・某ショップ店員談
280PLUS認証電源の製造数トップのFSP、ゲーマー向けGOLD電源「Hydro G」は買いか
3最強性能を極上イルミネーションで魅せる。贅沢極まるX299マザー、GIGABYTE「X299 AORUS Gaming 9」
4別モノに生まれ変わったサイズ「虎徹 MarkⅡ」検証
5「入荷数はかなり少ない」(7/23) ・・・複数ショップ店員談

Home > レビュー > 撮って出し
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.565

AMD Ryzen対応の水冷ユニット CORSAIR Hydroシリーズ「H110i」「H60」を試す


2017年5月10日
TEXT:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕 / 池西 樹
RSS
 ただいま自作PC市場で一番の注目株と言えばRyzen。そこで今回の撮って出しレビューは、Ryzenの冷却に着目。ネイティブでSocket AM4をサポートするオールインワン型水冷ユニット、CORSAIR「H110i」「H60」を使い、冷却テストを敢行。最もホットなアイテムを、クールに冷やす、その結果やいかに。

AMD Ryzen好調で活気づいた自作PC業界

AMDの新型CPU Ryzenがすこぶる好調だ。3月3日の解禁日には、Ryzen 7 1800X、Ryzen 7 1700X、そしてRyzen 7 1700の3種類が登場。秋葉原のPCパーツショップでは、ファーストロットが瞬く間に売り切れてしまった。供給量の違いはあれど、IntelのCPUでもこれほどのインパクトを残した新製品は、近年記憶にない。

この勢いはRyzenだけに留まらず、対応マザーボードの売れ行きにも大きく影響。店頭からは人気モデルから在庫切れとなり、需要と供給のバランスが崩れる状況が続いた

またプラットフォームはSocket AM4へと進化。前世代との互換性が無くなり、必然的にマザーボードも購入することになる。秋葉原のPCパーツショップによると、Ryzenの登場を機に「久し振りにPCを新調してみよう」という気運が確実に上昇していると言う。長くIntel一強時代が続いたワケだが、Ryzenは自作PC業界にとって、間違い無く起爆剤となった。

この流れに続けとばかりに、周辺パーツも元気がいい。中でもSocket AM4対応マザーボードと共に必要なアイテムとして、CPUクーラーに注目が集まった。Socket AM4はバックプレートを固定するネジ穴のピッチが変更され、Socket AM3(+)まで長く共通だったバックプレートを使ったネジ留め式CPUクーラーとの互換性が、ついに途切れてしまう。

バックプレート固定用ネジ穴は、Socket AM4のよりピッチが若干変更された

それでも2点クリップ式の場合、そのまま固定する事ができるため、市場には「対応品と非対応品」が混在。後者向けに各メーカーからは対応リテンションが配布されたり、オプションで販売することで対応。これもRyzenデビューのちょっとしたトピックになった。

今回の主役はSocket AM4に正式対応するCORSAIR「H110i」と「H60」

前置きが長くなったが、今回は好調なRyzenに対応するオールインワン型水冷ユニット、CORSAIR「H110i」と「H60」の2製品を検証する。

これまでエルミタでは、CORSAIRブランドのオールインワン型水冷ユニットを数多く扱ってきた。自作市場に水冷ユニットを根付かせた功労者であるCORSAIRは、常にモデルを進化させ、記憶が薄れるほど多くの製品を市場に投入。「H110i」「H60」もその進化の過程に生まれた製品で、いずれも最新モデルではない。ただ件の2点クリップ式が採用されていることから、別途パーツを用意する必要なく、Socket AM4に対応。バックプレートを用いたネジ留め式が多い、オールインワン型水冷ユニットの中では、実に都合のいいモデルという事になる。

CORSAIR HydroシリーズのSocket AM4対応状況

自作派からの信頼も厚く、ラインアップも充実しているCORSAIRからは、多くのオールインワン型水冷ユニットがリリースされている。そこで検証を始める前に、Socket AM4への対応状況を確認しておきたい。

標準対応モデル

「AM4-AMD Retention Bracket Kit」で対応するモデル

このように、CORSAIR「Hydro」シリーズの中でも、バックプレートを用いて固定するモデルについては、別途「AM4-AMD Retention Bracket Kit」なるオプションパーツを用意する必要がある。ちなみにリンクスインターナショナルが運営するリンクスアウトレットでは、保守部材として無償提供が行われている。購入証明書(レシート等)と「リンクスインターナショナル保証シール」を提示すれば、送料負担のみで「AM4-AMD Retention Bracket Kit」が入手できるというサポートプログラムだ。

グローバルサイトではいち早く掲載されたSocket AM4対応の「AM4-AMD Retention Bracket Kit」。ただいまリンクスアウトレットで入手が可能
次は...  120mmサイズラジエター採用「H60」

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us