エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
5月30日(火)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
上海問屋、画面が見やすく姿勢も良くなる折り畳み式ノートPCスタンド税込1,999円
SENSE∞、GPU BOXが標準で付属する13.3インチフルHDクリエイター向けノートなど計3機種
【COMPUTEX】最大1,721MHz動作の最強スペック。MSI、最上位に君臨する巨大グラフィックス「GTX 1080 Ti Lightning Z」を披露
iPadを壁掛け設置できるVESA規格対応のスチール製ボックス
XMP対応メモリ「HyperX Predator」に最高4,000MHz、最大128GBキットを追加ラインナップ
サラウンド対応のクアッドスピーカー搭載、ファーウェイの10インチエンタメタブレット「MediaPad M3 Lite 10」
【COMPUTEX】とてもコンパクトなThunderbolt 3接続の「AURUS GTX 1070 GAMING BOX」
最大2TBをラインナップする、コンシューマ向け世界初の64層3D NAND SSD「WD Blue 3D NAND SATA SSD」
【COMPUTEX】早ければ7月発売。GeForce GTX 1060を内蔵するGIGABYTE「BRIX Gaming VR」

HOTNEWS
● Ryzenのベストパートナーを探せ。Noctua「NH-D15 SE-AM4」検証
● 実測約3.0GB/s。東芝製MLC採用の高速NVMe SSD、Apacer「Z280 M.2 PCIe SSD」検証
● これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
● 吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか
● 最強コンパクトPCの夢を叶える、初のRyzen対応Mini-ITXマザーボードBIOSTAR「X370GTN」


1実測約3.0GB/s。東芝製MLC採用の高速NVMe SSD、Apacer「Z280 M.2 PCIe SSD」検証
2Ryzenのベストパートナーを探せ。Noctua「NH-D15 SE-AM4」検証
3これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
4Fractal Design、フロントメッシュパネルを採用したPCケースの新シリーズ「Focus」発表
5吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか

Home > レビュー > 撮って出し
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.565

AMD Ryzen対応の水冷ユニット CORSAIR Hydroシリーズ「H110i」「H60」を試す


2017年5月10日
TEXT:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕 / 池西 樹
RSS
 ただいま自作PC市場で一番の注目株と言えばRyzen。そこで今回の撮って出しレビューは、Ryzenの冷却に着目。ネイティブでSocket AM4をサポートするオールインワン型水冷ユニット、CORSAIR「H110i」「H60」を使い、冷却テストを敢行。最もホットなアイテムを、クールに冷やす、その結果やいかに。

AMD Ryzen好調で活気づいた自作PC業界

AMDの新型CPU Ryzenがすこぶる好調だ。3月3日の解禁日には、Ryzen 7 1800X、Ryzen 7 1700X、そしてRyzen 7 1700の3種類が登場。秋葉原のPCパーツショップでは、ファーストロットが瞬く間に売り切れてしまった。供給量の違いはあれど、IntelのCPUでもこれほどのインパクトを残した新製品は、近年記憶にない。

この勢いはRyzenだけに留まらず、対応マザーボードの売れ行きにも大きく影響。店頭からは人気モデルから在庫切れとなり、需要と供給のバランスが崩れる状況が続いた

またプラットフォームはSocket AM4へと進化。前世代との互換性が無くなり、必然的にマザーボードも購入することになる。秋葉原のPCパーツショップによると、Ryzenの登場を機に「久し振りにPCを新調してみよう」という気運が確実に上昇していると言う。長くIntel一強時代が続いたワケだが、Ryzenは自作PC業界にとって、間違い無く起爆剤となった。

この流れに続けとばかりに、周辺パーツも元気がいい。中でもSocket AM4対応マザーボードと共に必要なアイテムとして、CPUクーラーに注目が集まった。Socket AM4はバックプレートを固定するネジ穴のピッチが変更され、Socket AM3(+)まで長く共通だったバックプレートを使ったネジ留め式CPUクーラーとの互換性が、ついに途切れてしまう。

バックプレート固定用ネジ穴は、Socket AM4のよりピッチが若干変更された

それでも2点クリップ式の場合、そのまま固定する事ができるため、市場には「対応品と非対応品」が混在。後者向けに各メーカーからは対応リテンションが配布されたり、オプションで販売することで対応。これもRyzenデビューのちょっとしたトピックになった。

今回の主役はSocket AM4に正式対応するCORSAIR「H110i」と「H60」

前置きが長くなったが、今回は好調なRyzenに対応するオールインワン型水冷ユニット、CORSAIR「H110i」と「H60」の2製品を検証する。

これまでエルミタでは、CORSAIRブランドのオールインワン型水冷ユニットを数多く扱ってきた。自作市場に水冷ユニットを根付かせた功労者であるCORSAIRは、常にモデルを進化させ、記憶が薄れるほど多くの製品を市場に投入。「H110i」「H60」もその進化の過程に生まれた製品で、いずれも最新モデルではない。ただ件の2点クリップ式が採用されていることから、別途パーツを用意する必要なく、Socket AM4に対応。バックプレートを用いたネジ留め式が多い、オールインワン型水冷ユニットの中では、実に都合のいいモデルという事になる。

CORSAIR HydroシリーズのSocket AM4対応状況

自作派からの信頼も厚く、ラインアップも充実しているCORSAIRからは、多くのオールインワン型水冷ユニットがリリースされている。そこで検証を始める前に、Socket AM4への対応状況を確認しておきたい。

標準対応モデル

「AM4-AMD Retention Bracket Kit」で対応するモデル

このように、CORSAIR「Hydro」シリーズの中でも、バックプレートを用いて固定するモデルについては、別途「AM4-AMD Retention Bracket Kit」なるオプションパーツを用意する必要がある。ちなみにリンクスインターナショナルが運営するリンクスアウトレットでは、保守部材として無償提供が行われている。購入証明書(レシート等)と「リンクスインターナショナル保証シール」を提示すれば、送料負担のみで「AM4-AMD Retention Bracket Kit」が入手できるというサポートプログラムだ。

グローバルサイトではいち早く掲載されたSocket AM4対応の「AM4-AMD Retention Bracket Kit」。ただいまリンクスアウトレットで入手が可能
次は...  120mmサイズラジエター採用「H60」

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us