エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
設立18周年記念の大創業セールを開催中【パソコンショップアーク】
ASUSのZ270搭載マザーボードが期間限定値引き【ツクモパソコン本店】
エルミタレビューの激安PCケースもある週末特価【ドスパラ パーツ館】
ENERMAX製ハイエンド電源にSilverStone製PCケースが気になる特価チラシ【TSUKUMO eX.】
26日(金)の特価チラシを掲載【ツクモDOS/Vパソコン館】
倉庫に眠っていたPCケースのジャンク品を特価で放出【テクノハウス東映】
Ryzenのベストパートナーを探せ。Noctua「NH-D15 SE-AM4」検証
【コレオシ Vol.1475】デュアルディスプレイ派なら要チェックのロングモニタースタンド
5月25日(木)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
RGBライティング対応サイドフロー、CRYORIG「H7 Quad Lumi」国内発売日と価格が確定

HOTNEWS
● Ryzenのベストパートナーを探せ。Noctua「NH-D15 SE-AM4」検証
● 実測約3.0GB/s。東芝製MLC採用の高速NVMe SSD、Apacer「Z280 M.2 PCIe SSD」検証
● これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
● 吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか
● 最強コンパクトPCの夢を叶える、初のRyzen対応Mini-ITXマザーボードBIOSTAR「X370GTN」


1これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
2実測約3.0GB/s。東芝製MLC採用の高速NVMe SSD、Apacer「Z280 M.2 PCIe SSD」検証
3吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか
4最強コンパクトPCの夢を叶える、初のRyzen対応Mini-ITXマザーボードBIOSTAR「X370GTN」
5Ryzenのベストパートナーを探せ。Noctua「NH-D15 SE-AM4」検証

Home > レビュー > 撮って出し
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.560

卓越した冷却性能とパフォーマンスで選ぶ、ハイエンドグラフィックスの秀作 MSI「GeForce GTX 1080 Ti GAMING X 11G」


2017年4月27日
TEXT:エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
RSS
 TITAN Xより高性能で安いハイエンドGPUとして話題になり、解禁以来手堅く売れ続けているGeForce GTX 1080 Tiグラフィックス。当初出回ったのは各メーカー横並びのFounders Editionだが、やはり本命となれば、4月から販売がスタートしたオリジナルクーラー搭載のカスタマイズモデルから選びたい。そこで今回は、高性能クーラー「TWIN FROZR VI」を装備したMSI(本社:台湾)のオーバークロックモデル「GeForce GTX 1080 Ti GAMING X 11G」を取り上げる。確かな性能で歴代高い人気を誇るクーラーの最新版、GeForce GTX 1080 Tiの実力を引き出すベストパートナーになってくれそうだ。

TITAN X超えを実現した高クロック仕様のハイエンドGPU「GeForce GTX 1080 Ti」

まず本題に入る前に、3月に販売が解禁されたNVIDIAのハイエンドGPU「GeForce GTX 1080 Ti」について、軽くおさらいしておこう。発表当初のフラッグシップTITAN X(現在はTITAN Xpがリリース済み)と同じ「GP102」コアを搭載するPascalアーキテクチャ採用のGPUで、シェーダプロセッサにあたるCUDAコアも同等の3,584基を内蔵。ベースクロック1,480MHz、ブーストクロック1,582MHzと、TITAN Xを上回るクロックで動作する。

GeForce GTX 1080はもちろん、高クロック動作によりTITAN Xをも上回るパフォーマンスを手に入れたハイエンドGPU「GeForce GTX 1080 Ti」。それでいて想定売価は699ドルとTITAN Xより安く、発表時は大いに話題になった

その一方で、メモリバス幅は384bitから352bit、ビデオメモリはGDDR5X 12GBから11GBへと、それぞれTITAN Xから抑えられた。しかしこちらも動作クロックを11,000MHzに向上させることで、同等以上の帯域幅を確保。総合的なパフォーマンスで上位GPUのTITAN Xを上回り、GeForce GTX 1080との比較では35%の高速化を実現している。これはNVIDIAが「最新ゲームを5K解像度で楽しむことができる」と謳う、ハイレベルな水準だ。なお、消費電力はGeForce GTX 1080から70W増加、補助電源コネクタは標準でTITAN X同等の8pin+6pinに増強されている。

「TWIN FROZR VI」を装備したGeForce GTX 1080 Tiグラフィックス「GeForce GTX 1080 Ti GAMING X 11G」

発売前から多数の問い合わせが舞い込んだという、GeForce GTX 1080 Tiオリジナルモデルの注目株。歴代評価の高い独自クーラー「TWIN FROZR」の最新版を搭載している

そのGeForce GTX 1080 Tiを搭載する、MSIオリジナルのカスタムモデルとして発売されたのが「GeForce GTX 1080 Ti GAMING X 11G」だ。店頭では、発売前の予約段階から多数の問い合わせがあったという注目モデル。静音・高冷却で定評のある、デュアルファンクーラーの最新版「TWIN FROZR VI」がトレードマークだ。

特徴的なフェイスこそ「GeForce GTX 1080 GAMING X 8G」と変わらないように見えるものの、GeForce GTX 1080 Ti向けに冷却能力を強化。2.5スロット厚の重厚なクーラーに生まれ変わった。冷却ファンは、従来から風圧を22%、風量を13%向上させた「トルクスファン2.0」をデュアル搭載。さらに大型の銅製ベースプレートや最大φ8mmの極太ヒートパイプを組み合わせ、冷却効率を最大化させている。また、GPU温度が60度未満の際にファンを停止するセミファンレス機能「Zero Frozr」にも対応する。

コーポレートカラーのレッドを纏う「GeForce GTX 1080 Ti GAMING X 11G」のパッケージ。高負荷動作でも静音を保つ、「TWIN FROZR VI」のアドバンテージが記載されている

そしてスペックは、コアベースクロック最大1,569MHz、コアブーストクロック最大1,683MHz、メモリクロック最大11,124MHzにチューンされたオーバークロック仕様。オリジナルのユーティリティ「GAMING APP」を使用することで、動作クロックをワンタッチで切り替えることができる。なお、メモリバス幅は352bitで、GDDR5X 11GBのビデオメモリを実装している。

また、「Hi-C CAP」や「Solid CAP」、「スーパーフェライトコアチョーク」といったコンポーネントには MIL-STD-810G認証をクリアした「ミリタリークラス4コンポーネント」対応の高品質部材を採用し、耐久性も健在だ。10フェーズ構成の電源回路や、リファレンス以上の大電流を供給できる8pin×2の補助電源と相まって、高負荷時の安定性を支えている。

次は...  重厚なクーラーとバックプレートに守られた、2.5スロット厚の重量級カード

1 2 3 4 5 6 7 8 9

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us