エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.559

この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証

2017.04.22 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 今回のエルミタ的撮って出しレビューでは、ASRock Incorporation(本社:台湾)の看板モデル「Taichi」シリーズの第3弾「X370 Taichi」を取り上げる。過去2モデルと同様、多彩な最新機能とクラス最高峰の高品質設計を継承。メインストリーム向けを謳いつつ、あらゆる用途に応えるというRyzen世代期待の“オールラウンダー”。その魅力を早速紹介していこう。
ASRock「X370 Taichi」
市場想定売価税込29,000円前後(発売中)
製品情報(ASRock

「Taichi」シリーズ第3弾。Ryzen世代のオールラウンダー

多彩な機能と、優れたコストパフォーマンスから、今やASRockを代表する製品になった「Taichi」シリーズ。その第3弾モデルとして登場したのが今回の主役「X370 Taichi」だ。AMDの新型CPU Ryzenに対応するSocket AM4マザーボードで、フォームファクタはATX、チップセットは最上位のAMD X370を採用する。

CPUソケット脇にズラリ並んだ16フェーズの電源回路。Ryzen対応マザーボードでは間違いなく最高峰

メインストリーム向け製品ながら、Socket AM4マザーボードでは最高峰となる16フェーズの電源回路を搭載。「プレミアム60Aパワーチョーク」「デュアルスタックMOSFET」など、実装コンポーネントにもこだわることで300Wを超える電力供給に対応する。さらにSocket AM4マザーボードでは珍しい、外部クロックエンジン「Hyper BCLK Engine II」を搭載し、CPU倍率変更だけでは不可能な、より詳細なチューニングを行える点も大きなトピックだ。

「Hyper BCLK Engine II」により、Socket AM4マザーボードでは本来不可能なBCLK調整に対応する

また最近のゲーミングPCでは必須とも言えるRGB LEDライティング「ASRock RGB LED」をはじめ、S/N比120dBAの高音質オーディオ回路「Purity Sound 4」や、低負荷かつ高スループットなIntel製ギガビットLAN、同じくIntel製チップによるデュアルバンド無線LANなど、ゲーマー向け機能も充実している。

グラフィックスカード用のPCI-Express(x16)スロットは、メタル補強を施した「PCI-E Steel Slot」仕様。実質3スロットを専有するような大型グラフィックスカードを安全に保持できる

さらに2基のNVMe SSD用M.2スロットや、Type-A/-CのUSB3.1 Gen.2ポート、重量級のグラフィックスカードを安全に支える「PCI-E Steel Slot」など、イマドキのマザーボードに求められる機能はほぼすべて網羅。これまでの製品と同じく、さまざまな用途に柔軟に対応するオールラウンダーモデルに仕上げられている。

太極図モチーフの「Taichi」ロゴがデザインされたおなじみのパッケージ。サイズは実測310×350×95mm

totop