エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
プロゲーマー直筆サイン入りグッズなど、AORUSシリーズ購入でプレゼント【TSUKUMO eX.】
ゴールデンウィークはサイズ製オリジナルCPUクーラーが10%引き【ツクモパソコン本店】
GIGABYTE「AORUS」シリーズ購入でもらえるグッズいろいろ【ツクモDOS/Vパソコン館】
KabyLakeと対象のASUS製マザーボード同時購入で最大4,000円引き【ソフマップリユース総合館】
SanDisk製240GB SSDに平日特価【テクノハウス東映】
「もう少し安ければ面白い」(4/26) ・・・複数ショップ店員談
【ササキチのアキバガジェット Vol.064】占いから風水の不動産まで!?気軽に通える占いカフェ&バー「パワースポット」
【コレオシ Vol.1457】4面ガラス張りのCORSAIR「570X RGB」がGW直前までの期間限定特価中
4月25日(火)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
防水・防塵や外音取り込み機能を備えた、スポーツ仕様のヘッドホン一体型ウォークマン「WS620」シリーズ

HOTNEWS
● この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
● 機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」
● 税込2,980円のヒートシンク付きM.2変換カード、ファスト「ST-M2PCE4X」検証
● 特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す
● Ryzenのベストパートナーを探せ。Thermaltake「Contac Silent 12」検証


1この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
2まさかの村田製作所が製造。これ以上ない超弩級の鉄壁電源、Cooler Master「MasterWatt Maker 1200 MIJ」
3機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」
4特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す
5これで全てが分かる。Fractal Design「Define R5」徹底解説

Home > レビュー > 使ってみた
エルミタ的「編集部で使ってみた」

税込2,980円のヒートシンク付きM.2変換カード、ファスト「ST-M2PCE4X」検証


2017年4月12日
TEXT:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
RSS
 ここへきてラインナップが増えているM.2 SSD用ヒートシンク。一方で、変換カードタイプの冷却アイテムは、未だ選択肢が少ない。そんな中、先ごろ株式会社ファスト(本社:東京都千代田区)から「ST-M2PCE4X」が発売された。変換カードと専用パッシブヒートシンクを採用しながら、税込2,980円という低価格を実現したニューカマー。その気になる実力を早速チェックしていこう。
ファスト「ST-M2PCE4X」 市場想定売価税込2,980円前後(発売中)

ロープロファイルにも対応するヒートシンク付きM.2変換カード

変換カードタイプのM.2 SSD冷却アイテムでは、久しぶりの新作となる「ST-M2PCE4X」。初期状態ではロープロファイルブラケットが装着されている

今回検証するファスト「ST-M2PCE4X」は、PCI-Express変換カードタイプのM.2 SSD冷却アイテム。製造を手掛けるのは中国Sintecで、ロープロファイルサイズの変換基板に、専用パッシブヒートシンクを組み合わせることで、発熱の大きいNVMe M.2 SSDを効率よく冷却。これによりサーマルスロットリングによる速度低下を解消し、常に安定したパフォーマンスを発揮することができるという。

NVMe M.2 SSDから発生する熱は、熱伝導シートを経由してヒートシンクに素早く移動・冷却される

エルミタでは、これまで同様の冷却アイテムとしてaqua computer「kryoM.2」玄人志向「M.2F-PCIE」の詳細レビューをお届けしているが、今回取り上げる「ST-M2PCE4X」は最もコンパクト。さらに価格も税込2,980円前後と変換カードタイプでは手頃かつ、入手性も良いことから、比較的手軽に導入することができる。

搭載可能なフォームファクタはM.2 2280まで。またSATA3.0接続のSSDには非対応

外形寸法は、W52×D112×H8mm、対応フォームファクタはM.2 2230/2242/2260/2280で、インターフェイスはPCI-Expressのみ。製品には変換基板の他、フルハイトブラケット、冷却用ヒートシンク、サーマルパッド、取り付け用ネジが付属。なお製品保証は1ヶ月間とやや短いため、購入したら早めに動作確認をしておこう。

茶箱の簡易パッケージ。表面には製品保証書のシールが貼り付けられていた
次は...  「ST-M2PCIE4X」の外観チェック

1 2 3

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us