エルミタ的「編集部で使ってみた」

税込2,980円のヒートシンク付きM.2変換カード、ファスト「ST-M2PCE4X」検証

2017.04.12 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 ここへきてラインナップが増えているM.2 SSD用ヒートシンク。一方で、変換カードタイプの冷却アイテムは、未だ選択肢が少ない。そんな中、先ごろ株式会社ファスト(本社:東京都千代田区)から「ST-M2PCE4X」が発売された。変換カードと専用パッシブヒートシンクを採用しながら、税込2,980円という低価格を実現したニューカマー。その気になる実力を早速チェックしていこう。
ファスト「ST-M2PCE4X」 市場想定売価税込2,980円前後(発売中)

ロープロファイルにも対応するヒートシンク付きM.2変換カード

変換カードタイプのM.2 SSD冷却アイテムでは、久しぶりの新作となる「ST-M2PCE4X」。初期状態ではロープロファイルブラケットが装着されている

今回検証するファスト「ST-M2PCE4X」は、PCI-Express変換カードタイプのM.2 SSD冷却アイテム。製造を手掛けるのは中国Sintecで、ロープロファイルサイズの変換基板に、専用パッシブヒートシンクを組み合わせることで、発熱の大きいNVMe M.2 SSDを効率よく冷却。これによりサーマルスロットリングによる速度低下を解消し、常に安定したパフォーマンスを発揮することができるという。

NVMe M.2 SSDから発生する熱は、熱伝導シートを経由してヒートシンクに素早く移動・冷却される

エルミタでは、これまで同様の冷却アイテムとしてaqua computer「kryoM.2」玄人志向「M.2F-PCIE」の詳細レビューをお届けしているが、今回取り上げる「ST-M2PCE4X」は最もコンパクト。さらに価格も税込2,980円前後と変換カードタイプでは手頃かつ、入手性も良いことから、比較的手軽に導入することができる。

搭載可能なフォームファクタはM.2 2280まで。またSATA3.0接続のSSDには非対応

外形寸法は、W52×D112×H8mm、対応フォームファクタはM.2 2230/2242/2260/2280で、インターフェイスはPCI-Expressのみ。製品には変換基板の他、フルハイトブラケット、冷却用ヒートシンク、サーマルパッド、取り付け用ネジが付属。なお製品保証は1ヶ月間とやや短いため、購入したら早めに動作確認をしておこう。

茶箱の簡易パッケージ。表面には製品保証書のシールが貼り付けられていた
totop