エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.557

特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す

2017.04.10 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 メモリ関連製品を得意とするTeam Group(本社:台湾)から、初のNVMe M.2 SSD「CARDEA」シリーズがデビュー。デスクトップPCにターゲットを絞り、大型ヒートシンクを搭載することで、熱問題の解消を謳う最新モデル。今回は国内正規代理店株式会社アスク(本社:東京都千代田区)より評価サンプルを借り受け、そのパフォーマンスと冷却性能をチェックしよう。
Team「CARDEA」シリーズ480GBモデル「TM8FP2480G0C110」
実勢価格税抜39,000円前後(2017年4月現在)
製品情報(Team)(株式会社アスク

Teamブランド初のNVMe M.2 SSD「CARDEA」シリーズ

Teamブランド初のNVMe M.2 SSDとして、今年3月より国内販売が開始された「CARDIA」シリーズ。ゲーミング向け「T-FORCE」シリーズに属する製品で、M.2 SSDでは最大級となる特許取得の「大型アルミニウムヒートシンク」「高熱伝導サーマルパッド」を組み合わせることで、コントローラやNANDフラッシュの熱を効率よく冷却。サーマルスロットリングを抑え、長時間高負荷が続く環境でも常に安定したパフォーマンスを発揮できるという。

「高熱伝導サーマルパッド」で、コントローラやNANDフラッシュの熱を「大型アルミニウムヒートシンク」に素早く移動。特許取得の独自ヒートシンクにより、優れた冷却性能を発揮する

容量は240GB、480GBの2モデル展開だが、現在国内で販売されているのは480GBのみ。インターフェイスはもちろん帯域幅32GbpsのPCI-Express3.0(x4)で、フォームファクタは標準的なM.2 2280に対応。ただし全高は12.9mmと高さがあるため、ノートPCやNUCなどの小型PCでの使用は難しい。基本的にはデスクトップPC専用となる点には注意が必要だ。

M.2 SSDでは間違いなく最大級のヒートシンクを搭載。基本的にデスクトップPC専用となるが、その分冷却性能には期待がかかる

公称転送速度は容量により異なるが、今回検証する480GBモデル「TM8FP2480G0C110」では、シーケンシャル読込2,650MB/sec、書込1,450MB/sec、ランダム読込180,000 IOPS、書込150,000 IOPSで、コンシューマ向けNVMe SSDの中ではトップクラスの性能。またガーベッジコレクションやTRIMコマンド、独自ウェアレベリング機能、ECC(Error Correction Code)機能など、近頃のSSDに求められる機能はすべて網羅されている。

SSD本体がデザインの一部に組み込まれたシンプルなパッケージ

外形寸法はW23.4×D80.1×H12.9mm、重量45g。書込耐性は670TBW、MTBFは200万時間で、製品には3年保証が提供される。

「CrystalDiskInfo 7.0.5」の結果。転送モードはPCI-Express3.0(x4)で、NVMe 1.2をサポートする

totop