エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
プロゲーマー直筆サイン入りグッズなど、AORUSシリーズ購入でプレゼント【TSUKUMO eX.】
ゴールデンウィークはサイズ製オリジナルCPUクーラーが10%引き【ツクモパソコン本店】
GIGABYTE「AORUS」シリーズ購入でもらえるグッズいろいろ【ツクモDOS/Vパソコン館】
KabyLakeと対象のASUS製マザーボード同時購入で最大4,000円引き【ソフマップリユース総合館】
SanDisk製240GB SSDに平日特価【テクノハウス東映】
「もう少し安ければ面白い」(4/26) ・・・複数ショップ店員談
【ササキチのアキバガジェット Vol.064】占いから風水の不動産まで!?気軽に通える占いカフェ&バー「パワースポット」
【コレオシ Vol.1457】4面ガラス張りのCORSAIR「570X RGB」がGW直前までの期間限定特価中
4月25日(火)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
防水・防塵や外音取り込み機能を備えた、スポーツ仕様のヘッドホン一体型ウォークマン「WS620」シリーズ

HOTNEWS
● この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
● 機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」
● 税込2,980円のヒートシンク付きM.2変換カード、ファスト「ST-M2PCE4X」検証
● 特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す
● Ryzenのベストパートナーを探せ。Thermaltake「Contac Silent 12」検証


1この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
2まさかの村田製作所が製造。これ以上ない超弩級の鉄壁電源、Cooler Master「MasterWatt Maker 1200 MIJ」
3機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」
4特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す
5これで全てが分かる。Fractal Design「Define R5」徹底解説

Home > レビュー > 撮って出し
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.557

特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す


2017年4月10日
TEXT:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
RSS
 メモリ関連製品を得意とするTeam Group(本社:台湾)から、初のNVMe M.2 SSD「CARDEA」シリーズがデビュー。デスクトップPCにターゲットを絞り、大型ヒートシンクを搭載することで、熱問題の解消を謳う最新モデル。今回は国内正規代理店株式会社アスク(本社:東京都千代田区)より評価サンプルを借り受け、そのパフォーマンスと冷却性能をチェックしよう。
Team「CARDEA」シリーズ480GBモデル「TM8FP2480G0C110」
実勢価格税抜39,000円前後(2017年4月現在)
製品情報(Team)(株式会社アスク

Teamブランド初のNVMe M.2 SSD「CARDEA」シリーズ

Teamブランド初のNVMe M.2 SSDとして、今年3月より国内販売が開始された「CARDIA」シリーズ。ゲーミング向け「T-FORCE」シリーズに属する製品で、M.2 SSDでは最大級となる特許取得の「大型アルミニウムヒートシンク」「高熱伝導サーマルパッド」を組み合わせることで、コントローラやNANDフラッシュの熱を効率よく冷却。サーマルスロットリングを抑え、長時間高負荷が続く環境でも常に安定したパフォーマンスを発揮できるという。

「高熱伝導サーマルパッド」で、コントローラやNANDフラッシュの熱を「大型アルミニウムヒートシンク」に素早く移動。特許取得の独自ヒートシンクにより、優れた冷却性能を発揮する

容量は240GB、480GBの2モデル展開だが、現在国内で販売されているのは480GBのみ。インターフェイスはもちろん帯域幅32GbpsのPCI-Express3.0(x4)で、フォームファクタは標準的なM.2 2280に対応。ただし全高は12.9mmと高さがあるため、ノートPCやNUCなどの小型PCでの使用は難しい。基本的にはデスクトップPC専用となる点には注意が必要だ。

M.2 SSDでは間違いなく最大級のヒートシンクを搭載。基本的にデスクトップPC専用となるが、その分冷却性能には期待がかかる

公称転送速度は容量により異なるが、今回検証する480GBモデル「TM8FP2480G0C110」では、シーケンシャル読込2,650MB/sec、書込1,450MB/sec、ランダム読込180,000 IOPS、書込150,000 IOPSで、コンシューマ向けNVMe SSDの中ではトップクラスの性能。またガーベッジコレクションやTRIMコマンド、独自ウェアレベリング機能、ECC(Error Correction Code)機能など、近頃のSSDに求められる機能はすべて網羅されている。

SSD本体がデザインの一部に組み込まれたシンプルなパッケージ

外形寸法はW23.4×D80.1×H12.9mm、重量45g。書込耐性は670TBW、MTBFは200万時間で、製品には3年保証が提供される。

「CrystalDiskInfo 7.0.5」の結果。転送モードはPCI-Express3.0(x4)で、NVMe 1.2をサポートする

次は...  Team「CARDEA」シリーズを画像でチェック

1 2 3 4 5 6 7

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us