エルミタ的一点突破 Vol.44

Ryzenのベストパートナーを探せ。Thermaltake「Contac Silent 12」検証

2017.04.08 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕 / 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

AMD Socket AM4に対応する「Contac Silent 12」

さて、今回の主役であるThermaltkae「Contac Silebt 12」は、AMD Socket AM4に対応するサイドフロー型CPUクーラー。Ryzen(AM4)デビューを待って、3月上旬より市場に投入された。このタイミングから、あたかもSocket AM4をターゲットにした”専用モデル”のような印象を持つだろう。しかし、実際には前世代のSocketにも対応するクリップ式リテンションが採用されている。

Thermaltake「Contac Silent 12」(型番:CL-P039-AL12BL-A)
市場想定売価税抜2,800円前後
製品情報(Thermaltake)(株式会社アスク

スペック表に見るThermaltake「Contac Silent 12」

実機に触れる前に、スペック表から「Contac Silent 12」の概要を掴んでおこう。製品コンセプトは、隣接するメモリスロットへの張り出しが無いスリムデザイン。120mm口径ファン1基でアルミニウム放熱フィンを冷却する。なお対応ソケットについては、再三触れているAM4だけでなく、AMD AM2(+)/AM3(+)/FM1/FM2、さらにIntel LGA1366/115x/775もサポート。市場想定売価税抜2,800円前後であることから、なんにでも効く万能薬的なポジションにある。

totop