エルミタ的「編集部で使ってみた」

M.2 SSD冷却の新たな選択肢。長尾製作所の純国産ヒートシンクを試す

2017.04.05 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SSD
 ここに来て一気にラインナップが増えているM.2 SSD用ヒートシンク。国内生産を謳う有限会社長尾製作所(本社:神奈川県川崎市)からも2種類の「M.2 SSD用ヒートシンク」の発売が開始された。肉厚のアルミニウムヒートシンクと高品質シリコンパッドによる冷却性能に加え、着脱を考慮した設計が評価され、発売以来人気という注目のアイテム。その実力を検証しよう。

優れた冷却性能と利便性を両立した純国産「M.2 SSDヒートシンク」

SATA3.0(6Gbps)SSDを圧倒するパフォーマンスの一方で、発熱問題を抱えるNVMe M.2 SSD。最近ではコントローラの低消費電力化や、PCB自体に放熱層を組み込むなど、工夫を凝らした製品が出てきているが未だ対策は不十分。サーマルスロットリングを防ぎ、常に安定した性能を発揮するには、別途冷却が必要なことはこれまでお伝えした通りだ。そんな中、板金加工を本業とし、多くの自作PCアイテムを製造する有限会社長尾製作所から、2種類の「M.2 SSD用ヒートシンク」がリリースされた。

M.2 SSD用ヒートシンク(型番:SS-M2S-HS01)
市場想定売価税抜1,372円(2017年3月15日発売)
製品情報(有限会社長尾製作所

製品ラインナップは、黒色アルマイト仕上げのハイハイトタイプ「SS-M2S-HS01」と、白色アルマイト仕上げのローハイトタイプ「SS-M2S-HS02」の2製品。いずれも放熱性に優れる肉厚のアルミニウムヒートシンクに、5.2W/m・kという極めて高い熱伝導率を誇る「国産超低硬度シリコンパッド」を組み合わせた。シンプルなパーツ構成ながら、コントローラやNANDフラッシュを効率よく冷やし、サーマルスロットリングを抑えることができるという。

M.2 SSD用ヒートシンク(型番:SS-M2S-HS02)
市場想定売価税抜1,765円(2017年3月15日発売)
製品情報(有限会社長尾製作所

また市場に流通する汎用ヒートシンクの多くが、再利用が考慮されていない「強粘着テープ」で固定するのに対し、長尾製作所では再剥離可能な「耐熱絶縁ポリイミドテープ」を採用。製品ラベルなどが剥がれることなく、比較的に容易に取り外しができる点も大きな特徴だ。

ヒートシンクは付属の再剥離可能な「耐熱絶縁ポリイミドテープ」で固定。テスト中何度か剥がしてみたが、ラベルが剥がれるということはなかった
長尾製作所お馴染みのパッケージ。製品には簡易マニュアルも付属する
totop