エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.551

定評のNASサーバー、Synology「DiskStation DS216j」でストレージ環境を見直す

2017.03.20 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 エルミタの読者なら自作PCはもとより、スマートフォンやタブレットなど複数のデバイスを使いこなしていることだろう。それぞれをネットワークで連携し、クラウドサービスで情報を共有。もちろん、無料オンラインストレージにより、データ共有の設定も済んでいるに違いない。現状これで満足かもしれないが、増え続けるデータだけに、今からストレージ周りを見直しておく事が重要ではないだろうか。
 そこで本稿では改めて、大切な個人情報を含む各種データや、思い出の写真や動画、お気に入りの音楽データの収納に最適なNASにフォーカス。市場には多くのモデルが流通しているが、中でもすでに発売から1年が経過する定評の2ベイNASサーバーSynology「DiskStation DS216j」(型番:DS216j)をご紹介しよう。
「DiskStation DS216j」(型番:DS216j) 売価税込20,000円前後(2016年3月発売)
製品情報(Synology

ストレージ環境を見直す

ネットワークに接続して利用する外付けHDDことNAS。ファイルの保存や共有ができるほか、ネットワーク経由でPCはもちろん、スマートフォンやタブレットからもアクセスが可能。もともとビジネス向けの周辺機器というイメージが強かったが、最近ではホームユースでの利用を想定した製品が数多く流通している。
 これはデジカメの高解像度画像を誰でも扱うようになり、加えて4Kをはじめとする、動画データの普及も背景にあるのだろう。ネットワーク環境さえ整っていれば、初期投資だけで済むNASは、実に便利に使う事ができる。これを知らずしてはもったいない。

さて今回の主役、Synology「DiskStation DS216j」(以下:DS216j)は、増え続ける身の回りのデータを大容量ストレージで格納できる、2ベイタイプのホームユース向けNASシステムだ。もちろんデータ保護における最もポピュラーな手段であるRAID構築も可能。常にデータをバックアップしておけば、万一HDDが故障しても、データだけは無事で済むというワケだ。

なお、国内主要メーカーから発売されているNASの多くは、HDDが標準で搭載されている。一方、SynologyのNASはキット形態で販売されているため、内蔵HDDは好みのモデルが選択できる。NASキット本体と、HDD×2台を購入するため、それなりに出費はある。ただし自由に大容量ストレージがチョイスできるNASキットのメリットは大きい。

人気モデルの後継機種「DS216j」

2000年に設立されたSynologyは、性能と信頼性に優れ、環境にやさしいNASをスローガンに、企業から個人向けまで幅広い製品をラインナップ。大規模企業向け「FS/XS(+)」シリーズをはじめ、小規模および中規模企業向け「Plus」シリーズ、ホーム/ワークグループ向け「Value」シリーズ、そして個人/ホーム向け「J」シリーズの4種類で構成。合計31機種(2017年3月現在)を用意する。

ちなみに今回取り上げる「DS216j」は、個人/ホーム向け「J」シリーズの2ベイモデル。2014年12月から販売が開始された「DiskStation DS215j」の後継製品だ。その違いは内蔵プロセッサ。「DS215j」のMarvell「Armada 375 88F6720」(デュアルコア 800MHz)を、Marvell「Armada 385 88F6820」(デュアルコア 1.0GHz)に強化。外部インターフェイスもUSB3.0×1、USB2.0×1から、USB3.0×2に変更されている。

ちなみに「DS216j」の上位機種もご紹介しておこう。企業向け「Plus」シリーズに属する「DiskStation DS216+II」は、CPUにIntel「Celeron N3060」(デュアルコア 1.6GHz/ブースト時2.48GHz)を搭載。メインメモリは「DS216j」のDDR3 512GBに対し、DDR3 1GBで、4K Ultra HDに対応したビデオコード変換機能やハードウェア暗号化エンジン(AES-NI)をサポート。より高性能でセキュアなモデルだ。

企業向けを意識したブラックボディの「DiskStation DS216+II」。HDDはネジレスのカートリッジ式を採用し、フロントから容易にアクセスできるのも特徴
totop