エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
iPhoneを充電するフリで録画できる、業界初のLightningケーブル型スパイカメラが発売
こっそり監視ができる、モーションセンサー搭載超小型カメラが上海問屋から
最高1,480MB/sのThunderbolt 3対応4ベイストレージケース、AKiTiO「Thunder3 Quad X」
BIOSTAR、マイニング向けマザーボード製品が採掘専用OS「ethOS」を正式サポート
奥行140mmの80PLUS GOLD認証電源ユニット、SilverStone「ET-G」シリーズ
GIGABYTE、フロントHDMIポートを備えたRGB発光のミドルタワー「GP-AC300W」
Ryzen Treadripper向けゲーミングマザーボード、ASUS「ROG Strix X399-E Gaming」
「オリジナル版は来月発売」(8/20) ・・・複数ショップ店員談
当日販売分アリ。AMD「Radeon RX Vega 64」搭載グラフィックスカードが21日発売
【懐かしのPCパーツ図鑑】Vol.054 WinbondやMoselの文字が。S3 Graphics「ViRGE」が出てきた

HOTNEWS
● これで全てが分かる。Cooler Master「COSMOS II 25th Anniversary Edition」徹底解説
● これで全てが分かる。Antec「P8」徹底解説
● GIGABYTE製マザーボードの統合ユーティリティ「APP Center」
● 高品質と高性能の両立を実現。オーバークロック機能も充実したX299マザー、MSI「X299 GAMING PRO CARBON AC」
● マルチコアCPUの価格破壊。2万円台半ばで買える6コアモデル、AMD「Ryzen 5 1600」の実力を探る


1これで全てが分かる。Antec「P8」徹底解説
2これで全てが分かる。Cooler Master「COSMOS II 25th Anniversary Edition」徹底解説
3マルチコアCPUの価格破壊。2万円台半ばで買える6コアモデル、AMD「Ryzen 5 1600」の実力を探る
4GIGABYTE製マザーボードの統合ユーティリティ「APP Center」
5これで全てが分かる。Fractal Design「Define R5」徹底解説

Home > レビュー > 撮って出し
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.549

まさかの村田製作所が製造。これ以上ない超弩級の鉄壁電源、Cooler Master「MasterWatt Maker 1200 MIJ」


2017年3月7日
TEXT:エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
RSS
 Cooler Master Technology Inc.(本社:台湾)が近く市場に投入しようとしている、とてつもない電源ユニットが編集部にやってきた。最高を目指す品質へのこだわりから、極めて異例な完全日本製を選択した「MasterWatt Maker 1200 MIJ」(型番:MPZ-C002-AFBAT)だ。製品名にMade in Japanを示す“MIJ”を戴く特別限定モデル、なんと想定売価は10万円以上というから驚かされる。果たしてどれほどの実力を秘めているものか、その魅力を余すところなく堪能させてもらおう。
Cooler Master「MasterWatt Maker 1200 MIJ」(型番:MPZ-C002-AFBAT)
市場想定売価10万円以上

異例のMade in Japan電源。製造は日本を代表するあのメーカー

「COMPUTEX 2016」に持ち込まれていた、「最高レベルの品質」を謳う“MIJモデル”。完全日本製とアナウンスされていたものの、発表当時どのメーカーが製造しているかは秘密だった

電源ユニット史上でも有数の超弩級モデルになるであろうこの製品、コンセプトモデルが登場したのは、昨年6月の「COMPUTEX TAIPEI 2016」だった。今やハイエンド製品の必須条件になっている日本メーカー製コンデンサの採用に留まらず、主要パーツの製造から組み込み、パッケージングに至るまでの全工程が日本製という、異例の“完全なるMade in Japan”仕様。発表当時は「企業秘密」として実際の製造メーカーは明かされなかったが、なんとその“正体”とは株式会社村田製作所(本社:京都府長岡京市)だった。

1月に開催された「CES 2017」にも登場、ここで村田製作所が製造を手がけることが公開された。日本が世界に誇る部品製造の技術をATX電源に詰め込んだ製品で、想定売価は驚きのプライスに

村田製作所といえば、最先端のコンデンサや圧電製品、高密度モジュールで世界的なシェアを誇る、日本を代表する電子部品専業メーカー。情報・通信、医療など産業向けの電源ユニット製造も手がけており、それらの高度な技術が今回のプロジェクトのために結集されることになった。もちろんコンシューマ向けのATX電源ユニットを手がけるのは、同社にとっても初めてとなる。

そもそもは、同社とCooler Masterのトップマネジメント間における交流から、ATX電源製造の構想がスタートしたとのこと。約2年前にコンセプトがまとまり、約1年前から本格的な設計・開発が進められてきた。それが「COMPUTEX 2016」や「CES 2017」でのお披露目を経て、いよいよ製品として市場に投入される段になったというワケだ。村田製作所の技術が惜しげもなくつぎ込まれたとあって、想定売価10万円以上という、恐るべきプレミアムな電源ユニットが誕生した。

次は...  「MasterWatt Maker 1200 MIJ」開封の儀

1 2 3 4 5 6 7 8 9

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us