エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.543

細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証

2017.02.15 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕 / 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 難しい作業を必要とせず、もはや従来型空冷クーラーと同様に扱えるようになった、オールインワン型水冷ユニット。これまで根強かった、精密機器の中で水を使う事による心理的抵抗感は過去のはなし。これまで各メーカーから多くの製品が市場に投入され、選択肢は豊富だ。一方でそれらは製品の性格から、外観上での違いはほぼ無く、さらに同型のスタイルであれば、冷却能力に大きな差はない。空冷とは違い、どれも同じように見えるオールインワン型水冷ユニットは、次なる展開を見せる必要がある。そこでメーカーが目をつけたのが「ドレスアップ要素」だ。
 2016年12月に販売が開始されたNZXT「Kraken X62」(型番:RL-KRX62-01)もその内のひとつ。今回はリリース間もない最新のオールインワン型水冷ユニットに触れてみたい。

NZXT最新オールインワン型水冷ユニット「Kraken」

エルミタレビューでは久し振りに取り上げる、オールインワン型水冷ユニット。昨年末に販売が開始されたNZXT「Kraken X62」(型番:RL-KRX62-01)は、ラジエターに2基の140mm口径ファンを搭載するシリーズ上位モデルだ。

NZXT「Kraken X62」(型番:RL-KRX62-01)
実勢価格税込23,000円前後(2016年12月発売)
製品情報(NZXT

280mmサイズラジエターを備えた「Kraken X62」は、140mm口径ファンの低速+大風量で高い冷却性能が特徴。さらにNZXT自慢のユーティリティ「CAM」に対応し、ポンプ一体型ウォーターブロック上部が発光するギミックが搭載されている。自作PC昨今のキーワードであるドレスアップ要素を盛り込んだ、新世代のオールインワン型水冷ユニット、それがALL-NEW KRAKENシリーズだ。

パープルカラーがベースのNZXT「Kraken X62」外装パッケージ。外形寸法は実測で約W350×D210×H157mm。背面には製品の特徴が画像入りで紹介されている

「Kraken」シリーズは計3機種をラインナップ

“ALL-NEW KRAKEN”としてリリースされたのは合計3機種。つまり「Kraken X62」には2種類の弟分が存在する。「Kraken X42」(型番:RL-KRX42-01)は、140mmサイズラジエターを採用する、140mm口径ファンシングル仕様。リアなどの搭載スペースに余裕があるPCケースに最適で、120mmサイズラジエター製品よりも高い冷却能力が期待できる。また「Kraken X52」(型番:RL-KRX52-01)は、240mmサイズラジエターを採用する、120mm口径ファンデュアル仕様。汎用性の高さから、シリーズでは最も扱い易いモデルと言えるだろう。いずれも「Kraken X62」同様、昨年末より販売が開始されている。

「Kraken X42」
140mmサイズラジエターモデル
(実勢価格税込17,000円前後)
「Kraken X52」
2400mmサイズラジエターモデル
(実勢価格税込19,000円前後)
totop