エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
2月21日(火)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
ASUSの最新マザーボードを徹底解説。25日(土)にドスパラ 秋葉原本店にて店頭イベントが開催
ファーウェイ、丸2日動作する大容量バッテリ搭載SIMフリースマホ「HUAWEI nova/lite」
プロカメラマン監修のKaby Lake搭載RAW現像デスクトップPC、ツクモeX.computerから
iiyamaPC「STYLE∞」、Kaby Lake搭載の即納ミニタワーPC計2モデル発売
マウスDAIV、GeForce GTX 1060とKaby Lake搭載の15.6型液晶ノートPC発売
EIZO、8メガピクセル対応の31.1型医用ディスプレイ「RadiForce MX315W」
ロジクール、業界初の4K・5倍ズーム対応の超高性能ウェブカメラ「ロジクールBRIO」を発売
太陽光パネルと3G通信モジュールを組み込んだ、フルアーマー仕様の「ラズパイ屋外稼動キット」が登場
SilverStone、40℃環境で安定した出力を可能にした高耐久TFX電源「TX300」

HOTNEWS
● NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
● ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」
● SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
● 細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証
● これで全てが分かる。Antec「CUBE RAZER」徹底解説


1SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
2細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証
3NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
4「Nintendo Switchと同じ、ひな祭りに発売」(2/18) ・・・複数ショップ店員談
5ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」

Home > レビュー > 撮って出し
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.543

細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証


2017年2月15日
TEXT:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕 / 池西 樹
RSS
 難しい作業を必要とせず、もはや従来型空冷クーラーと同様に扱えるようになった、オールインワン型水冷ユニット。これまで根強かった、精密機器の中で水を使う事による心理的抵抗感は過去のはなし。これまで各メーカーから多くの製品が市場に投入され、選択肢は豊富だ。一方でそれらは製品の性格から、外観上での違いはほぼ無く、さらに同型のスタイルであれば、冷却能力に大きな差はない。空冷とは違い、どれも同じように見えるオールインワン型水冷ユニットは、次なる展開を見せる必要がある。そこでメーカーが目をつけたのが「ドレスアップ要素」だ。
 2016年12月に販売が開始されたNZXT「Kraken X62」(型番:RL-KRX62-01)もその内のひとつ。今回はリリース間もない最新のオールインワン型水冷ユニットに触れてみたい。

NZXT最新オールインワン型水冷ユニット「Kraken」

エルミタレビューでは久し振りに取り上げる、オールインワン型水冷ユニット。昨年末に販売が開始されたNZXT「Kraken X62」(型番:RL-KRX62-01)は、ラジエターに2基の140mm口径ファンを搭載するシリーズ上位モデルだ。

NZXT「Kraken X62」(型番:RL-KRX62-01)
実勢価格税込23,000円前後(2016年12月発売)
製品情報(NZXT

280mmサイズラジエターを備えた「Kraken X62」は、140mm口径ファンの低速+大風量で高い冷却性能が特徴。さらにNZXT自慢のユーティリティ「CAM」に対応し、ポンプ一体型ウォーターブロック上部が発光するギミックが搭載されている。自作PC昨今のキーワードであるドレスアップ要素を盛り込んだ、新世代のオールインワン型水冷ユニット、それがALL-NEW KRAKENシリーズだ。

パープルカラーがベースのNZXT「Kraken X62」外装パッケージ。外形寸法は実測で約W350×D210×H157mm。背面には製品の特徴が画像入りで紹介されている

「Kraken」シリーズは計3機種をラインナップ

“ALL-NEW KRAKEN”としてリリースされたのは合計3機種。つまり「Kraken X62」には2種類の弟分が存在する。「Kraken X42」(型番:RL-KRX42-01)は、140mmサイズラジエターを採用する、140mm口径ファンシングル仕様。リアなどの搭載スペースに余裕があるPCケースに最適で、120mmサイズラジエター製品よりも高い冷却能力が期待できる。また「Kraken X52」(型番:RL-KRX52-01)は、240mmサイズラジエターを採用する、120mm口径ファンデュアル仕様。汎用性の高さから、シリーズでは最も扱い易いモデルと言えるだろう。いずれも「Kraken X62」同様、昨年末より販売が開始されている。

「Kraken X42」
140mmサイズラジエターモデル
(実勢価格税込17,000円前後)
「Kraken X52」
2400mmサイズラジエターモデル
(実勢価格税込19,000円前後)
次は...  NZXT「Kraken X62」の細部をチェック

1 2 3 4 5 6 7 8 9

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us