エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
【懐かしのPCパーツ図鑑】Vol.045 デカ過ぎるQuantum製の5.25インチHDD「Bigfoot CY」を動かしてみた
Pascalアーキテクチャ採用、NVIDIA「Jetson TX2」の販売がオリオスペックでスタート
EIZO、LGのお買い得液晶ディスプレイはこちら【パソコン工房秋葉原BUYMORE店】
MSIやZOTACのOC版GeForce GTX 1060がお買い得【TSUKUMO eX.】
ROGシリーズのMini-ITXマザーボードが特価で登場【ツクモDOS/Vパソコン館】
「Core i3-7300」も安い日曜特価チラシ【ツクモパソコン本店】
WD製のHDD「WD Blue」シリーズを緊急値下げ【ドスパラ パーツ館】
RGB LEDコントローラーやあると便利なマウスバンジーなど【パソコンショップアーク】
フルHD対応のタッチパネル液晶がまとまって入荷【PCコンフル 秋葉原店】
【店長ナカジマのレアモノPickup! Vol.071】自分目線をスマホで撮る!耳かけカメラの「LookCam」が楽しいですよ

HOTNEWS
● この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
● 機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」
● 税込2,980円のヒートシンク付きM.2変換カード、ファスト「ST-M2PCE4X」検証
● 特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す
● Ryzenのベストパートナーを探せ。Thermaltake「Contac Silent 12」検証


1この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
2機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」
3まさかの村田製作所が製造。これ以上ない超弩級の鉄壁電源、Cooler Master「MasterWatt Maker 1200 MIJ」
4特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す
5Ryzenのベストパートナーを探せ。Thermaltake「Contac Silent 12」検証

Home > レビュー > 撮って出し
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.543

細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証


2017年2月15日
TEXT:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕 / 池西 樹
RSS
 難しい作業を必要とせず、もはや従来型空冷クーラーと同様に扱えるようになった、オールインワン型水冷ユニット。これまで根強かった、精密機器の中で水を使う事による心理的抵抗感は過去のはなし。これまで各メーカーから多くの製品が市場に投入され、選択肢は豊富だ。一方でそれらは製品の性格から、外観上での違いはほぼ無く、さらに同型のスタイルであれば、冷却能力に大きな差はない。空冷とは違い、どれも同じように見えるオールインワン型水冷ユニットは、次なる展開を見せる必要がある。そこでメーカーが目をつけたのが「ドレスアップ要素」だ。
 2016年12月に販売が開始されたNZXT「Kraken X62」(型番:RL-KRX62-01)もその内のひとつ。今回はリリース間もない最新のオールインワン型水冷ユニットに触れてみたい。

NZXT最新オールインワン型水冷ユニット「Kraken」

エルミタレビューでは久し振りに取り上げる、オールインワン型水冷ユニット。昨年末に販売が開始されたNZXT「Kraken X62」(型番:RL-KRX62-01)は、ラジエターに2基の140mm口径ファンを搭載するシリーズ上位モデルだ。

NZXT「Kraken X62」(型番:RL-KRX62-01)
実勢価格税込23,000円前後(2016年12月発売)
製品情報(NZXT

280mmサイズラジエターを備えた「Kraken X62」は、140mm口径ファンの低速+大風量で高い冷却性能が特徴。さらにNZXT自慢のユーティリティ「CAM」に対応し、ポンプ一体型ウォーターブロック上部が発光するギミックが搭載されている。自作PC昨今のキーワードであるドレスアップ要素を盛り込んだ、新世代のオールインワン型水冷ユニット、それがALL-NEW KRAKENシリーズだ。

パープルカラーがベースのNZXT「Kraken X62」外装パッケージ。外形寸法は実測で約W350×D210×H157mm。背面には製品の特徴が画像入りで紹介されている

「Kraken」シリーズは計3機種をラインナップ

“ALL-NEW KRAKEN”としてリリースされたのは合計3機種。つまり「Kraken X62」には2種類の弟分が存在する。「Kraken X42」(型番:RL-KRX42-01)は、140mmサイズラジエターを採用する、140mm口径ファンシングル仕様。リアなどの搭載スペースに余裕があるPCケースに最適で、120mmサイズラジエター製品よりも高い冷却能力が期待できる。また「Kraken X52」(型番:RL-KRX52-01)は、240mmサイズラジエターを採用する、120mm口径ファンデュアル仕様。汎用性の高さから、シリーズでは最も扱い易いモデルと言えるだろう。いずれも「Kraken X62」同様、昨年末より販売が開始されている。

「Kraken X42」
140mmサイズラジエターモデル
(実勢価格税込17,000円前後)
「Kraken X52」
2400mmサイズラジエターモデル
(実勢価格税込19,000円前後)
次は...  NZXT「Kraken X62」の細部をチェック

1 2 3 4 5 6 7 8 9

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us