エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
サンワダイレクト、Androidとワイヤレス接続できるMiracast対応モバイルプロジェクター発売
BA型とダイナミック型のいいとこどり。ハイブリッド式超高音質イヤホンが上海問屋から
売価1万円切り。AMD A320採用ゲーミングMicroATXマザー、MSI「A320M GAMING PRO」
4,096段階の筆圧感知対応。ワコム製デジタイザ搭載の“持ち歩けるお絵描きタブレット”がドスパラから発売
卓越した冷却性能とパフォーマンスで選ぶ、ハイエンドグラフィックスの秀作 MSI「GeForce GTX 1080 Ti GAMING X 11G」
Thermaltake「Pacific」シリーズから、GeForce GTX 1080 Ti向けウォータブロック登場
Cooler Master&村田製作所の国産電源「MasterWatt Maker 1200 MIJ」を披露。新型「COSMOS」の情報も
EK Water Blocks、ASUSのオーバークロッカー向けマザー「ROG MAXIMUS IX APEX」対応水冷ヘッドを発売
放熱フィンにハンダを使用しない、特許技術採用のサイドフロークーラー「Windale」シリーズ2種
フロントメッシュのシンプルデザイン。オランダX2、コスパとエアフローに優れたミドルタワー「T6」

HOTNEWS
● 卓越した冷却性能とパフォーマンスで選ぶ、ハイエンドグラフィックスの秀作 MSI「GeForce GTX 1080 Ti GAMING X 11G」
● この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
● 機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」
● 税込2,980円のヒートシンク付きM.2変換カード、ファスト「ST-M2PCE4X」検証
● 特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す


1この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
2まさかの村田製作所が製造。これ以上ない超弩級の鉄壁電源、Cooler Master「MasterWatt Maker 1200 MIJ」
3「もう少し安ければ面白い」(4/26) ・・・複数ショップ店員談
4これで全てが分かる。Fractal Design「Define R5」徹底解説
5機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」

Home > レビュー > 撮って出し

ストレージを搭載してみる

配線が複雑になる前に、ストレージを搭載しておこう。2.5/3.5インチ共用トレイには、3.5インチHDDを用意。作業手順はハンドスクリューを緩めてトレイを取り出し、HDD背面4箇所をインチネジで固定。それを元に戻せばいい。なおハンドスクリューの存在から、コネクタは下方向に固定する必要がある。

共用トレイに3.5インチHDDを固定。なお2.5インチSSDは、横置きで上下各1台ずつ(計2台)が搭載できる
コネクタ位置を下方向に3.5インチHDDを固定。なお2.5インチSSDを搭載する場合は、最大2台までを横方向2段でマウントする事になる

次に2.5インチ専用トレイに、SSDを搭載してみる。基本的には3.5インチHDDと同じで、底面のネジ穴を使い、4本のミリネジでトレイに固定。コネクタの向きも同様、ハンドスクリューとは逆の方向にマウントする。

ひとまわり小さな2.5インチ専用トレイだが、基本的な設計は3.5インチ用と同じ。付属のミリネジを使って固定する
コネクタは左向きにマウントされる。なおマザーボードトレイ背面のスペースに限りがあるため、おのずとSATAケーブルのコネクタはストレートタイプになる

Razer監修のLEDイルミネーションギミック

最後に「CUBE RAZER」最大の特徴と言える、LEDイルミネーションをチェックしよう。Razer監修だけあって、LED発色はいずれもグリーン。これに心引かれるRazerファンは多いだろう。
 LEDが発光するのは、フロントトップ中央のPowerスイッチ外周、フロントパネル中央のRazerロゴ、そしてボトム部両サイドに装着されたLEDライトバーだ。発光は基本的にPowerスイッチ連動だが、リアのバックパネルI/O右横には丸型のボタンを用意。LEDライトバーの発光がON/OFFできる。

バックパネルI/Oの右横にある丸型のボタン。このスイッチでボトム部両サイドに搭載されたLEDライトバーの点灯・消灯ができる

“Razerグリーン”は鮮やかだが、フロントの”三つ首のヘビ”やPowerスイッチ外周の発光はほどよく、眩しいとは感じない。ボトム部のLEDライトバーは乳白色のプラスチックカバーにより、足下を淡くグリーンに照らす。いずれもよく”監修”されており、単なる発光ではなく、質の高さを感じるものだった。ただしアクリルウインドウのスモークがやや強く、ここは好みが分かれるところかもしれない。

ゲーミング志向のPCパーツを揃えると、おのずと筐体内部は賑やか。アクリルウインドウのスモークは、全体の輝度を落ち着かせる役割を果たしている

このPCケースにはRazerカラーがよく似合う

“ゲーマー向け”と呼ばれるPCケース。何か特別なように聞こえるが、さてどこが”普通の”PCケースと違うのだろうか。その昔、いかついフロントフェイスとLED内蔵ファンを組み合わせれば、ゲーマー向けPCケースの完成。製品サイトもそれらしく、僕らも「そうなのか」とあまり疑問に感じなかった。しかし今の自作PC市場は成熟し、ユーザーの目や声は一層厳しい。

そもそもスペックを要求するのはゲームを楽しむユーザー(人間)ではなく、ゲームタイトル(ソフトウェア)だ。CPUの処理能力であり、グラフィックスカードのパフォーマンスも重要。メモリやストレージも余裕が欲しい。さらに安定動作には高品質な電源ユニットも必要だし、冷却能力と静音性のバランスがとれた水冷ユニットもいいだろう。とどのつまり「全部じゃないか」となるワケだが、ストレス無くゲームを楽みたいなら、いずれも妥協はできない。

今回の取り上げた「CUBE RAZER」は、ゲーミングデバイスメーカーRazer監修による、コラボレーションモデル。製品コンセプトは高いスペックが要求されるゲーミングPCケースで、これをMini-ITX規格のコンパクトサイズに収めようというものだ。

限られた内部容積ながら、Antecの設計により各構成パーツは上手にレイアウトされている。グラフィックスカードの搭載スペースは最大350mmまでをサポート。ハイエンド志向の高出力電源ユニットに対応する奥行き200mmまでの搭載スペース、そして高さ190mmまでのCPUクーラー搭載エリア。どれをとってもATX規格のミドルタワーPCケースと肩を並べる。

一方、外観はアルミニウム製外装パネルはいかにも剛性が高く、大胆に傾斜したフロント/リアパネルの攻めたデザイン、さらにRazerによるLEDイルミネーションギミックによる演出は、このPCケースにマッチしている。少々高値の価格設定が気になるものの、「Antec好き」で「Razerファン」なら気にしない。Razerのゲーミングデバイスを周囲に並べれば、あとは存分にゲームを楽しむだけだ。


協力:Antec
株式会社リンクスインターナショナル

© GDM Corporation All Rights Reserved


1 2 3 4 5 6 7 8 9

←前頁このページの最初に戻る|次頁→|
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us