エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.542

これで全てが分かる。Antec「CUBE RAZER」徹底解説

2017.02.13 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

ケーブルマネジメント機構

Cube型PCケースとは言え、ミドルタワーPCケース同等のケーブルマネジメント機構が装備されている。マザーボードトレイ背面の裏配線スペースは、実測で約33mm程度を確保。メインエリアとの行き来に重要なスルーホールも要所に用意され、タイラップを掛けるフックもある。マザーボード背面となる左サイドパネル側もアクリルウインドウ仕様だけに、煩雑になりがちなケーブルを上手く処理したい。

随所にLEDイルミネーションギミックが装備されるとあって、予め配線されたケーブルは比較的多め。この”ケーブルの流れを”参考にしてもいいだろう
マザーボードトレイ背面の有効スペースは実測で約33mm程度 スルーホールは上段に2つ、マザーボードに沿って縦列に2つ装備
マザーボードの真下部分にもスルーホールがあり、電源ユニットとは最短距離になりそう ボトムカバーは上面フロント寄りを大きくカット。サイズは実測で160×140mmだった

Antec「CUBE RAZER」の付属品総点検

「CUBE RAZER」の内外装をチェックし終えたところで、付属品を確認しておく。組み込みに必要なネジ類は全部で4種類。いずれも自作PCではお馴染みのもので、モデル特有のネジは使われていない。またおのおのはジッパー袋に収められいた。
 なおマニュアルは非常に簡易的な1枚ペラで、表記も英語のみ。一から懇切丁寧に解説というものではなく、自作PCライトユーザーにはかなり物足りなく感じるかもしれない。Antecはその辺りがやや素っ気ない。

4pinファン延長ケーブル(300mm) タイラップ(結束バンド)
ミリネジ(2.5インチSSD等の固定用) インチネジ(HDD等の固定用)
インチネジ(電源ユニット等の固定用) テーパーネジ(冷却ファン固定用)
マニュアル(英語表記のみ)
totop