エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
モバイルXeon搭載のMini-ITXマザーボード、Advantech「AIMB-242」
胸ポケットに収まる、スリムサイズのポータブルSSD「SSD-PLU3」がバッファローから
COMMELL、デュアルギガビットLANを備えたApollo Lake搭載のPico-ITXマザー「LP-177」
売価約70万円のウルトラハイエンドPC、ASUS「ROG GT51CH」が28日より発売開始
CORSAIR、一部オールインワン型水冷ユニット向け「AM4アップグレードキット」を無償配布
ASUS、A320チップ採用のRyzen対応MicroATXマザーボード「PRIME A320M-K」
ZOTAC、最高クラスのOC版 GTX 1080カード「GeForce GTX 1080 AMP Extreme+」今週発売
Astell&Kern「AK70」の限定プレミアムカラー2モデルが4月29日発売
MSI、「Optane Memory」バンドルのIntel 200シリーズマザーボード「OPT BOOST」計3モデル
Intel、3D XPoint採用のM.2 SSDキャッシュ「Optane Memory」発売開始。価格は44ドルから

HOTNEWS
● この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
● 機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」
● 税込2,980円のヒートシンク付きM.2変換カード、ファスト「ST-M2PCE4X」検証
● 特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す
● Ryzenのベストパートナーを探せ。Thermaltake「Contac Silent 12」検証


1この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
2まさかの村田製作所が製造。これ以上ない超弩級の鉄壁電源、Cooler Master「MasterWatt Maker 1200 MIJ」
3機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」
4特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す
5これで全てが分かる。Fractal Design「Define R5」徹底解説

Home > レビュー > 撮って出し

スペック表とはやや異なる2.5/3.5インチ共用トレイ

次にストレージ収納力を見ていこう。「CUBE RAZER」のストレージ搭載スペースは、すべてマザーボード背面に集約。まず背面寄りを見ると、複数の穴が設けられたプレートが、縦に装着されている。これは2.5/3.5インチ共用のトレイだ。穴をじっと観察すると、3.5インチHDDは底面ネジ穴を利用した縦置き、2.5インチSSDは横置きでそれぞれ搭載できるようだ。搭載可能台数だが、さすがに3.5インチHDDは1台まで、2.5インチSSDは最大2台まで。スペック表の表記では単に”共用ベイ各1台分”に見えるが、実際は異なる事を覚えておこう。

2.5/3.5インチ共用ベイには、3.5インチHDD 1台、または2.5インチSSD 2台が搭載可能
専用のトレイは上部にあるハンドスクリューで固定されている。下部の突起部はマザーボードトレイに引っ掛けるだけ

上下2段構えの2.5インチ専用トレイ

右側面前方には、2.5インチ専用のトレイが上下に2台分装備されている。いずれも右側面をハンドスクリュー1本で固定。トレイにはそれぞれネジ穴4つがあり、2.5インチSSDの底面をネジ留めする。

フロント寄り上下に並ぶ、2.5インチ専用トレイ。左横にはスルーホールがあるので、コネクタの向きは自ずと決まってくる
2.5/3.5インチ共用トレイ同様、片側の突起部分を引っ掛け、もう一方のハンドスクリューにより、マザーボードトレイに固定。ストレージ搭載時には一旦取り外す必要がある

ゆったり搭載できる全3段仕様の拡張スロット

拡張スロットは全3段。対応フォームファクタが拡張スロットの実装数に限りあるMini-ITXだけに、やや持て余し気味に思うだろう。だが幅を占有するハイエンド志向のグラフィックスカードには都合がいい。今やミドルレンジでさえ、高冷却が自慢のオリジナルVGAクーラーが搭載されており、2スロットを占有する。プラス1段分の余裕があれば、VGAクーラーの吸気がスムーズに行えるようになるワケだ。2.5スロット占有グラフィックスカードも、気にせず搭載ができるだろう。

拡張スロット金具は通気孔仕様。固定はボディ外部で行うネジ留め式で、内部有効スペースを有効活用できるメリットがある

電源ユニット搭載スペース

ボトムレイアウトの電源ユニット。ボトムカバーの内部、ボトム面はすべて電源ユニットのための搭載エリアに割り当てられている。Mini-ITX対応のCube型PCケースながら、奥行き最大200mmまでをサポート。ハイエンド志向の電源ユニットも搭載できる。

ボトムカバー内部は電源ユニット搭載スペース。設置面には5mm厚の防振ゴムが4つ装着されていた
後方底部には防塵フィルターを標準装備。スライド着脱式で右側面から出し入れができる。電源ユニット内部へのホコリの侵入を防ぐフィルターは、実測で約120×130mmのプラスチック製
次は...  ケーブルマネジメント機構

1 2 3 4 5 6 7 8 9

←前頁このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us