エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
【コレオシ Vol.1489】このスペック(?)でこの価格は激安!「IH対応鍋・フライパンセット」のお話です
6月26日(月)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
ちょっと早めの夏イベ告知。UDX夏の恒例ビッグイベント「UDX夏祭り2017」が8月3日より開催
通常よりもよく回る、レインボーカラーが美しいメタル合金製ハンドスピナーが上海問屋から
平面駆動型インイヤーイヤフォンの最上位モデル、AUDEZE「LCDi4」は7月末発売
MSI、エントリークラスのシンプルなRyzen対応MicroATXマザー「B350M PRO-VD PLUS」など2製品
KDDI、コンクリートにも負けない超タフネススマホの最新モデル「TORQUE G03」を30日に発売
リンクス、「CORSAIR Link」互換のシステム統合管理ツール「Commander PRO」取り扱い開始
Nintendo Switchを外でプレイできる、スタンド付き10,000mAhモバイルバッテリーがサンコーから
国内初披露の最高峰GeForce GTX 1080 TiやX299マザーボードがあった「MSI FanDay」

HOTNEWS
● サーバー屋”Supermicro”が仕掛けたゲーミングブランド”SuperO”。そのこだわりを台湾で聞く。
● ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”
● 数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
● 転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界
● オリジナル版Radeon RX 580カードのコスパ最強モデル、HIS「RX580 IceQX2 OC 8GB」を試す


1数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
2寝ながらゲームに没頭、ダメ人間を量産してしまう危険な「コクピット型ゲーミングデスク」が提案される
3サーバー屋”Supermicro”が仕掛けたゲーミングブランド”SuperO”。そのこだわりを台湾で聞く。
4ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”
5転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界

Home > レビュー > 撮って出し
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.542

これで全てが分かる。Antec「CUBE RAZER」徹底解説


2017年2月13日
TEXT:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
RSS
 今回の「これで全てが分かる」は、Antec(本社:アメリカ カリフォルニア州)のPCケースをRazer(本社:アメリカ カリフォルニア州)が監修したMini-ITX対応のCube型PCケース「CUBE RAZER」を取り上げる。自作PC業界の人気ブランド同士がコラボレーションしたいわゆる企画モノ。その出来映えをすみずみ検証する。

人気ブランド同士がタッグを組んだコラボモデル

今回検証に選んだのは、Razer監修のCube型PCケース「CUBE RAZER」だ。自作PC市場で人気のブランドAntecと、ゲーミングデバイスメーカーとして評価も高いRazerがタッグを組んだ、コラボレーションモデルだ。

Antec「CUBE RAZER」 市場想定売価税抜36,800円(2017年1月28日発売)
製品情報(Antec)(株式会社リンクスインターナショナル

以前エルミタでは、NZXTとの共作を検証している。これと同じく「CUBE RAZER」もRazerのコーポレートカラーが鮮やかに発光するLEDイルミネーションギミックや、正面中央にロゴを大きくあしらった、正真正銘のRazer仕様。誰が見てもそれと分かる、Cube型ゲーミングPCケースだ。

ちなみにベースとなるモデルは、2016年12月より販売が開始されている「CUBE EK」。Razerのロゴが無いノーマルタイプだが、実はEKWB社製ラジエータ搭載に最適化された設計と、ボトムカバーにはメーカーロゴ。そして製品名に「EK」が付く特別モデルなのだ。いずれも他社とのコラボレーションにより製品化されており、Antecの新たな試みが矢継ぎ早に放たれた格好だ。

2016年12月より販売が開始された「CUBE EK」。中央のRazerロゴが無いノーマル仕様ながら、7色に発光するLEDイルミネーションは装備されている

スペック表に見るAntec「CUBE RAZER」

実機に触れる前に、スペック表から「CUBE RAZER」の性格を読み解こう。自作市場の多様化により、必ずしも「Cube型Mini-ITX対応PCケース=小型」では無くなっている。今回の主役も例外ではなく、外形寸法を見ると幅250mm、奥行き460mm、高さ365mm。高さこそ400mm以下に抑えられているものの、標準的なミドルタワーPCケースと大きな違いはない。まずこの数値から、設置場所の床面は広く確保する必要がありそうだ。

フロントパネル中央には、”三つ首のヘビ”で知られるRazerのロゴがあしらわれている

さらに内部容積については、拡張カード有効スペースは最大350mmまで、CPUクーラーは高さ190mmまで、電源ユニットは奥行き200mmまでとされ、これだけの数値を並べるだけでも、コンパクトなCube型PCケースではないという事が分かるだろう。

化粧パッケージは幅345mm、奥行き550mm、高さ457mmで、総重量は約8.3kg。店頭持ち帰りは十分に可能なサイズに収められている

次は...  Antec「CUBE RAZER」外観デザインチェック

1 2 3 4 5 6 7 8 9

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us