エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.539

これで全てが分かる。CORSAIR「570X RGB」徹底解説

2017.01.26 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

ひときわ重要なケーブルマネジメント機構

4面強化ガラスに覆われた「570X RGB」。内部が透けて見える”魅せるPCケース”だけに、ケーブルマネジメント機構の重要性はひときわ高い。従来はマザーボードが搭載される左サイドパネル側からの見栄えを重視し、いわゆる「裏配線」によるケーブルマネジメントが一般的だった。しかしこのモデルは、右サイドパネル側も透けて見えるため、マザーボードトレイ背面が単なる”楽屋裏”ではなくなっている。パネル素材により、突如表舞台に出された格好だが、それを意識した準備はできているようだ。

これまでとは勝手が違い、強化ガラスの採用により露出する事になったマザーボードトレイ背面の”裏配線エリア”

まず、多くのミドルタワーPCケース同様、「570X RGB」にもマザーボードトレイの縦のラインにスルーホールが設けられている。ATX24pinコネクタを通すことができる幅の広い穴が3つ並び、それぞれにはケーブルの被膜を保護するグロメットを装備。CORSAIRのロゴ入り面ファスナーで束ねられ、さらにその上にはスチール製のカバーを装着する。これで縦のラインを行き来するケーブルをスマートに隠す事ができるというワケだ。
 また電源ユニットを覆うボトムカバーは筒状で、ケーブルの出入りは自由。マザーボードトレイとトップパネルの付け根部分には、CPU電源コネクタ用のスルーホールも設けられている。

出荷時から多くのケーブルが通る縦ライン。ここにはスルーホールと面ファスナー、それを隠すスチール製のカバーがハンドスクリューで固定されている
ボトムカバーは筒状。裏配線スペースは実測で約20mm程度確保できている
最上部左側は、スイッチ&アクセスポートに伸びるケーブル用、右側にはCPU電源コネクタ用のスルーホールを装備

CORSAIR「570X RGB」の付属品総点検

4面に強化ガラスが装着された「570X RGB」の外観および内部構造をチェックしたところで、付属品を総点検しておこう。組み込みに必要なネジ類は茶箱に収められ、出荷時はマザーボードトレイ背面にある2.5インチSSDトレイに固定されている。同梱されているネジは合計5種類で、特殊なネジは必要としない。

またマニュアルは日本語を含む7カ国語表記。言語ごとに各10ページ構成で、イラストが中心。モデル特有の仕掛けがないため、自作PC経験者であればマニュアルはが無くても作業できるだろう。とは言え、概要は目を通しておくべきだ。

Cable ties(6) MBD/HDD screws(20)
SSD/ODD screw(8) Short fan screws(12)
Long fan screws(8) Motherboard standoff(1)
Hook and Loops Straps(2) マニュアル
totop