エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.539

これで全てが分かる。CORSAIR「570X RGB」徹底解説

2017.01.26 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

CORSAIR「570X RGB」外観デザインチェック

ここからは編集部に到着した評価サンプルを箱から取り出し、外観デザインから順を追って検証を進めていく。フロントとトップ、さらに左右の両サイドパネルに強化ガラスを採用するとあって、おのおの表面には保護シートが貼り付けられている。

レビュー用機材の多くは、新品未開封品。撮影には気泡がない状態の保護シートを剥がす必要がある。筆者はこの作業が苦手で、どうにも気が進まない

ワンランク上の雰囲気が漂うフロントパネル

フロントパネルには4mm厚の強化ガラスが装着されている。従来の見慣れたプラスチック製フロントパネルとは明らかに違い、奥行きを感じさせるガラスパネルがあるだけで、高級感すら漂う。またシャーシ部には、表面をすべてカバーする防塵フィルタと、標準装備品の冷却ファン3基が確認できる。

常識的に考えれば、鉄よりも衝撃に弱いであろう強化ガラス。ただし華奢な印象は一切なし。シャーシには4本のナイロン化粧ネジで固定されている
4mm厚の強化ガラスを取り外すと、フロントパネルほぼ全面をカバーする防塵フィルタの”層”があらわになる
防塵フィルタはマグネットで固定され、上下4つのつまみを引けば簡単に外れる。強化ガラス色はややブルー掛かったグレー

各種スイッチおよびアクセスポート

Powerスイッチやアクセスポート類は、トップ部の右縦列に装備。床置き設置時はイスに座ったまま、手を伸ばすだけで操作できるため、このレイアウトは都合が良い。
 最も頻繁に操作するPowerスイッチはフロント寄り。次に「460X RGB」にも装備されていた「LIGHTING CONTROL」(LEDカラースイッチ/LEDスピードスイッチ/LEDモードスイッチ)が並ぶ。さらにヘッドホンとマイク端子、USB3.0ポート×2口が搭載されている。

「LIGHTING CONTROL」の3連スイッチは、フロント部に標準装備される120mm口径ファンのLEDイルミネーションをコントロール。これについては、後ほど詳しく解説する

トップパネルデザイン

昨年は強化ガラスを採用したPCケースが非常に多くリリースされた。しかしトップパネルに採用するケースは稀で、「570X RGB」がワンランク上位の製品として設計されている事を感じさせる。一方でデザインを重視するあまり、強化ガラスで密閉されたトップパネルには、冷却面での懸念がある。この点について「570X RGB」は、完全に密閉せず、四方に隙間(実測約14mm)を設け、風の通り道を確保。冷却ファンの設置にも対応できる。

フロントパネル同様、4mm厚の強化ガラスを張ったトップパネル。隙間を設け”呼吸を可能”にした。なお強化ガラスはスイッチ&アクセスポート部分がカットされている
トップパネルの強化ガラスは、フロントパネルとは違い軸の長いナイロン化粧ネジを使用。受け側にはゴムブッシュが装着済み。なおシャーシ天板と強化ガラスまでの間は約16mmのマージンが設けられている
スイッチ&アクセスポート部分を避けた防塵フィルタ。フロントパネル同様、マグネット固定式で簡単に着脱できる
totop