エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
パイオニア、Ultra HD Blu-ray再生対応の内蔵型BDドライブ「BDR-211JBK」6月上旬発売
マイクロン、RGBイルミネーション搭載のゲーマー向けDDR4メモリ「Ballistix Tactical Tracer DDR4 RGB」
ロジクール、高速スイッチ「ROMER-G」搭載のアルミ製メカニカルキーボード「G413」を来月発売
デル、ビジネス向け12インチ2-in-1コンバーチブルノート「Latitude 5000シリーズ2-in-1 5289」
CRYORIG、モニタースタンド型Mini-ITXケース「TAKU」のクラウドファンディングを開始
アオテック、大容量ACアダプタ付属で大容量HDD対応のHDDスタンド
【COMPUTEX】世界最薄の2-in-1モデル「ZenBook Flip S」がASUSからデビュー
【COMPUTEX】ASUS、499ドルの15.6インチモデル「Vivo Book S」など、ノートPC計4モデル発表
【COMPUTEX】Kingstonが作った、外に持っていける極小サイズのFPSキーボード「HyperX Alloy FPS Pro」
【COMPUTEX】間もなく発売のHyperX FPS向けマウスと、KingstonのNVMe SSDの実機を見てきた

HOTNEWS
● Ryzenのベストパートナーを探せ。Noctua「NH-D15 SE-AM4」検証
● 実測約3.0GB/s。東芝製MLC採用の高速NVMe SSD、Apacer「Z280 M.2 PCIe SSD」検証
● これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
● 吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか
● 最強コンパクトPCの夢を叶える、初のRyzen対応Mini-ITXマザーボードBIOSTAR「X370GTN」


1実測約3.0GB/s。東芝製MLC採用の高速NVMe SSD、Apacer「Z280 M.2 PCIe SSD」検証
2Ryzenのベストパートナーを探せ。Noctua「NH-D15 SE-AM4」検証
3これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
4Fractal Design、フロントメッシュパネルを採用したPCケースの新シリーズ「Focus」発表
5吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか

Home > レビュー > 一点突破

冷却ファン回転数計測

冷却ファン回転数

定格時はアイドル時が360rpm前後、高負荷時でも900rpm前後までしか上がらず余力を残している。またファンコントロール機能が無効になる4.80GHz時は、公称最高値となる1,400rpm前後で推移。アイドル時、高負荷時とも温度は安全圏内のため、ファンコントロール機能を有効にしてファンの回転数を調整してもいいだろう。

騒音値計測

定格クロック:騒音値(暗騒音33.1dBA)

ファンコントロール機能が有効な定格時は、アイドル時が34.1dBA、高負荷時も+2.3dBAの36.4dBAまでしか上がらず、極静音動作が可能。また1,400rpm前後で推移する4.80GHz時でも騒音値は40.4dBAで頭打ち。バラック状態では風切音が聞こえるものの、ケースに収納してしまえば十分封じ込めるレベルだ。

温度計測結果

最後に非接触型デジタル温度計とサーモグラフィを使い、ヒートシンク部のポイント別温度をチェックしておこう。こちらは定格駆動時の高負荷状態30分経過後に計測をしている。

高負荷状態30分経過時のポイント別温度計測結果
高負荷状態30分経過時のサーモグラフィ結果

最も温度が高かったのは、当然ながらCPUに最も近い受熱ベース直上で32.4℃。そして最も温度が低くなったのは、熱源から最も遠い、ヒートシンク最上段中央部の23.5℃だった。またサーモグラフィの画像では、ヒートパイプ周辺の温度が周辺よりやや高くなり、ヒートパイプによる熱輸送が効果的に行われている様子が確認できる。

性能の決め手はトータルバランス

折しもこの原稿を書き終える頃には、Intel第7世代Coreプロセッサ”Kaby Lake”の販売が解禁されているだろう。年末の慌ただしさに紛れ、編集部に届けられた「IZUNA」は、Kaby Lakeの登場に合わせて市場に投入された。サイズがこれを意識していないハズは無い。ならばとこちらもCore i7-7700Kを用意し、定格だけでなくマザーボードのプリセット設定である4.80GHzまでオーバークロックし、徹底的にテストを行った。万一結果がふるわず、セールスに打撃を与えてしまっても仕方が無い。それが実力と現実を受け止めてもらうしかない。

しかし実際にはベースクロック4.20GHz、TB時最大4.50GHzのCora i7-7700Kの熱をねじ伏せた。定格で最大71℃、冷却ファンの回転数は897rpm、騒音値36.4dBAの結果は予想以上。放熱フィン1枚あたりの面積は平均レベルで、φ6mmヒートパイプは3本。ともすれば頼りなく見えるかもしれないが、冷却能力は実に手堅い。ハイエンド志向の巨大CPUクーラーの存在を混乱させる、ややこしいCPUクーラーが完成してしまった。


協力:株式会社サイズ

© GDM Corporation All Rights Reserved


1 2 3 4 5 6 7

←前頁このページの最初に戻る|次頁→|
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us