エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
ドスパラ、クリエイター向けraytrekよりQuadro P600/P2000/P4000搭載モデル計9機種
RGB LED内蔵のDIY水冷用ウォーターブロック、Thermaltake「Pacific W4 RGB」発売開始
「MUSES03」向け最新チューンを搭載する高性能アンプ、zionote「iHA-21EX-ZIII」
EK Water、GIGABYTE「AORUS」版GTX 1080 Ti向け水冷ヘッド「EK-FC1080 GTX Ti Aorus」
Kingston「HyperX」、「PixArt 3310」搭載の高性能ゲーミングマウス「PulseFire FPS」
全キーカラーをカスタマイズできる、RGBメカニカルキーボードが上海問屋から
Swiftech、Ryzenにも対応するポンプ一体型ウォーターブロックの新モデル「Apogee Drive II」
マイクロソフト、Kaby Lake搭載の新生タブレット「New Surface Pro」など計3種の国内発売決定
4Kカメラ内蔵の折りたたみ式自撮りドローン「Hover Camera Passport」がアップルストアで販売開始
MSI、TDP250W対応の大型デュアルファンクーラー「CORE FROZR XL」を正式発表

HOTNEWS
● Ryzenのベストパートナーを探せ。Noctua「NH-D15 SE-AM4」検証
● 実測約3.0GB/s。東芝製MLC採用の高速NVMe SSD、Apacer「Z280 M.2 PCIe SSD」検証
● これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
● 吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか
● 最強コンパクトPCの夢を叶える、初のRyzen対応Mini-ITXマザーボードBIOSTAR「X370GTN」


1これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
2実測約3.0GB/s。東芝製MLC採用の高速NVMe SSD、Apacer「Z280 M.2 PCIe SSD」検証
3吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか
4Ryzenのベストパートナーを探せ。Noctua「NH-D15 SE-AM4」検証
5最強コンパクトPCの夢を叶える、初のRyzen対応Mini-ITXマザーボードBIOSTAR「X370GTN」

Home > レビュー > 一点突破

「IZUNA」外観スタイルチェック

新製品「IZUNA」の立ち位置を把握したところで、外観スタイルからチェックを開始しよう。「虎徹」「白虎」同様、薄型アルミニウム製放熱フィンを重ね、そこにヒートパイプが貫通。ワイヤークリップにより冷却ファンが固定された、オーソドックスなサイドフロー型CPUクーラーだ。後ほど触れる事になるリテンションは、純正CPUクーラー同様のプッシュピン式を採用する。なお対応ソケットはLGA775、115x系、1366で、Intel専用。ただしLGA2011/LGA2011-v3には使用できない。

サイズらしい外観デザイン。放熱フィンは鋭く、取り扱いには注意しよう

オフセットデザインの採用

サイドフロー型CPUクーラーを選ぶチェックポイントに、メモリスロットのクリアランスがある。メーカーによる製品特徴一覧では上位に位置付けられ、隣接するメモリスロットへの干渉をいかに防げるかが重要。「IZUNA」を側面から見ると、ヒートパイプが斜めにレイアウトされた「オフセットデザイン」が特徴だ。マウントポジションをずらす事で、大型ヒートシンク付きメモリとの共存が考慮されている。

ヒートパイプは受熱ベースから垂直ではなく、斜めにレイアウトされた「オフセットデザイン」を採用する

アルミニウム製放熱フィン

サイズオリジナル設計のCPUクーラーに共通する、薄型アルミニウム製放熱フィン。形状の違うフィンが交互に計46枚重ね合わされている。

ヒートシンクは必要以上にスペースを占有しないナロータイプ。最上部のフィンにはサイズのロゴが打ち出されている
ヒートシンク部のサイズは縦が58mm、横が130mm。受熱ベースの底からヒートシンク部底までの距離は35mmとされる
放熱フィンのカット面を見ると、フラットな板とギザギザの板が交互に積み重ねられている。左右のカットにも違いが見られ、複雑なフィンデザインには意味がありそうだ
次は...  鏡面仕上げの銅製受熱ベースプレート

1 2 3 4 5 6 7

←前頁このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us