エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
【コレオシ Vol.1402】オレの腕時計が“スマートウォッチ風”に変身する、便利で安い「ウォッチブル」
高耐久フルスチールフレーム採用のゲーミングチェア「COUGAR Armor Gaming Chair」2月3日発売
UQ mobile SIMも使える、au 4G LTE対応の激安中古モバイルルーター【イオシス アキバ中央通店】
1月19日(木)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
曲ごとにオートで区切る、サンコー「PC不要!自動で曲間分割するMP3変換プレイヤー」
ラトック、3.5インチHDD対応の2ベイRAIDケース「RS-EC32-U3」シリーズ
読込10GB/secのPCIe3.0対応NVMe SSD、Seagate「Nytro XP7200」正式発表
Innodisk、世界最小のSSD向けRAIDソリューション「iRAID」シリーズ
テレビ音声も聞けるFM/AMハンディラジオ、ロジテック「LRT-1SA01P」発売
フルハイビジョン録画に対応するネットワークカメラ、プラネックス「カメラ一発!」

HOTNEWS
● Pascal初のロープロ対応グラフィックスカード、MSI「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」検証
● “2枚看板”の間を割って入るサイドフロー型CPUクーラー、サイズ「IZUNA」検証
● 独自機能で武装した新ハイエンドゲーミングマザー、MSI「Z270 GAMING M7」検証
● ハイエンド匹敵のポテンシャルが魅力。Kabylake世代の新アッパーミドルASRock「Z270 Gaming K6」
● Intelの新メインストリーム“Kabylake”はどう変わった?「Core i7-7700K」速攻チェック


1Pascal初のロープロ対応グラフィックスカード、MSI「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」検証
2「問題はCPU」(1/14) ・・・複数関係者談談
3“2枚看板”の間を割って入るサイドフロー型CPUクーラー、サイズ「IZUNA」検証
4Intelの新メインストリーム“Kabylake”はどう変わった?「Core i7-7700K」速攻チェック
5ハイエンド匹敵のポテンシャルが魅力。Kabylake世代の新アッパーミドルASRock「Z270 Gaming K6」

Home > レビュー > 特別企画

ベンチマークテスト:ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク

次に、実ゲームに則したベンチマークとして「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」のスコアを確認していこう。APIは「DirectX 11」、描画品質は“標準品質(デスクトップ)”で、解像度は1,920×1,080ドットと1,280×720ドットで計測を行った。

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク(標準品質)

「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」では、解像度に関係なく約10%スコアがアップ。特に1,920×1,080ドットでは、Core i7-6700Kが“普通”判定なのに対して、Core i7-7700Kは“やや快適”判定を獲得。別途グラフィックスカードを用意しなくてもある程度快適にゲームをプレイすることができる。

ベンチマークテスト:消費電力

最後に、消費電力の違いを確認していこう。計測は「CINEBENCH R15」実行時における最も高い数値を高負荷時、起動直後10分間放置した際の最低値をアイドル時に設定している。

消費電力(W)

アイドル時はいずれも39W台でほとんど違いなし。一方、高負荷時はCore i7-6700Kのほうが10W高くなった。消費電力は個体差が比較的大きいため、すべての環境で同じ結果になるとは限らないが、Skylake世代と同等レベルに抑えられていると考えてよさそうだ。

Skylakeからの性能アップはわずか。ストレージ重視ならマザーボードのみの変更もアリ

改良版14nmプロセスの採用やメディアエンジンの変更など、比較的小幅な変更に留まるKabylake。ベンチマークを見る限りIPCにも大きな違いはなく、すでにSkylake世代を使用しているなら魅力は薄い。ただしプロセスの改良により、オーバークロック耐性が引き上げられているということなので、チューニングが前提なら導入を検討する価値はありそうだ。またSandy BridgeやIvy Bridgeなど、初期のCoreシリーズと比較すると、動作クロックが大きく向上。プラットフォーム自体の機能も大きく拡張され、魅力的なアップグレードパスになる。

改良版14nmプロセスではオーバークロック耐性が向上。オーバークロックを狙うならオススメだ

新チップセット「Intel 200」シリーズについては、次世代ストレージ「Intel Optane Memory」への対応が大きなトピック。これに伴いすべてのチップでPCI-Express3.0レーンが拡張され、ローエンドマザーボードでもPCI-Express接続のM.2スロットを標準装備。ミドルレンジ以上では、2スロットや3スロットの製品も増え、ストレージ周りは大幅に改善された。さらにメーカー各社とも新チップに合わせて、多くの新機能を投入しており、Skylake世代ならマザーボードのみのアップグレードも十分検討に値する。


© GDM Corporation All Rights Reserved


1 2 3 4

←前頁このページの最初に戻る|次頁→|
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us