エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
18周年記念特価をチェックしてからお出かけ【パソコンショップアーク】
液晶特価にTP-Linkの無線LANルータにも注目【パソコン工房秋葉原BUYMORE店】
スタッフWさんが購入を迷うASUSのお買い得液晶あり【TSUKUMO eX.】
28日(日)の特価チラシを掲載【ツクモパソコン本店】
CORSAIR製SSDも気になる日曜特価【ツクモDOS/Vパソコン館】
【店長ナカジマのレアモノPickup! Vol.074】スマホをクールに遊ぶ!ちょっと早めに暑さ(熱さ)対策を考えませんか?
ASUS製Z270搭載マザーボードやストレージの特価をチェック【パソコン工房秋葉原BUYMORE店】
Ryzenのお買い得セットなど盛りだくさんの週末特価【パソコンショップアーク】
来店特典いろいろ。アキバにいくなら寄ってみよう【ドスパラ パーツ館】
GIGABYTEのスーパーOC版GeForce GTX 1080が安い【ツクモDOS/Vパソコン館】

HOTNEWS
● Ryzenのベストパートナーを探せ。Noctua「NH-D15 SE-AM4」検証
● 実測約3.0GB/s。東芝製MLC採用の高速NVMe SSD、Apacer「Z280 M.2 PCIe SSD」検証
● これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
● 吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか
● 最強コンパクトPCの夢を叶える、初のRyzen対応Mini-ITXマザーボードBIOSTAR「X370GTN」


1これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
2実測約3.0GB/s。東芝製MLC採用の高速NVMe SSD、Apacer「Z280 M.2 PCIe SSD」検証
3Ryzenのベストパートナーを探せ。Noctua「NH-D15 SE-AM4」検証
4吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか
5最強コンパクトPCの夢を叶える、初のRyzen対応Mini-ITXマザーボードBIOSTAR「X370GTN」

Home > レビュー > 特別企画

ベンチマークテスト:ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク

次に、実ゲームに則したベンチマークとして「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」のスコアを確認していこう。APIは「DirectX 11」、描画品質は“標準品質(デスクトップ)”で、解像度は1,920×1,080ドットと1,280×720ドットで計測を行った。

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク(標準品質)

「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」では、解像度に関係なく約10%スコアがアップ。特に1,920×1,080ドットでは、Core i7-6700Kが“普通”判定なのに対して、Core i7-7700Kは“やや快適”判定を獲得。別途グラフィックスカードを用意しなくてもある程度快適にゲームをプレイすることができる。

ベンチマークテスト:消費電力

最後に、消費電力の違いを確認していこう。計測は「CINEBENCH R15」実行時における最も高い数値を高負荷時、起動直後10分間放置した際の最低値をアイドル時に設定している。

消費電力(W)

アイドル時はいずれも39W台でほとんど違いなし。一方、高負荷時はCore i7-6700Kのほうが10W高くなった。消費電力は個体差が比較的大きいため、すべての環境で同じ結果になるとは限らないが、Skylake世代と同等レベルに抑えられていると考えてよさそうだ。

Skylakeからの性能アップはわずか。ストレージ重視ならマザーボードのみの変更もアリ

改良版14nmプロセスの採用やメディアエンジンの変更など、比較的小幅な変更に留まるKabylake。ベンチマークを見る限りIPCにも大きな違いはなく、すでにSkylake世代を使用しているなら魅力は薄い。ただしプロセスの改良により、オーバークロック耐性が引き上げられているということなので、チューニングが前提なら導入を検討する価値はありそうだ。またSandy BridgeやIvy Bridgeなど、初期のCoreシリーズと比較すると、動作クロックが大きく向上。プラットフォーム自体の機能も大きく拡張され、魅力的なアップグレードパスになる。

改良版14nmプロセスではオーバークロック耐性が向上。オーバークロックを狙うならオススメだ

新チップセット「Intel 200」シリーズについては、次世代ストレージ「Intel Optane Memory」への対応が大きなトピック。これに伴いすべてのチップでPCI-Express3.0レーンが拡張され、ローエンドマザーボードでもPCI-Express接続のM.2スロットを標準装備。ミドルレンジ以上では、2スロットや3スロットの製品も増え、ストレージ周りは大幅に改善された。さらにメーカー各社とも新チップに合わせて、多くの新機能を投入しており、Skylake世代ならマザーボードのみのアップグレードも十分検討に値する。


© GDM Corporation All Rights Reserved


1 2 3 4

←前頁このページの最初に戻る|次頁→|
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us