エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
モバイルXeon搭載のMini-ITXマザーボード、Advantech「AIMB-242」
胸ポケットに収まる、スリムサイズのポータブルSSD「SSD-PLU3」がバッファローから
COMMELL、デュアルギガビットLANを備えたApollo Lake搭載のPico-ITXマザー「LP-177」
売価約70万円のウルトラハイエンドPC、ASUS「ROG GT51CH」が28日より発売開始
CORSAIR、一部オールインワン型水冷ユニット向け「AM4アップグレードキット」を無償配布
ASUS、A320チップ採用のRyzen対応MicroATXマザーボード「PRIME A320M-K」
ZOTAC、最高クラスのOC版 GTX 1080カード「GeForce GTX 1080 AMP Extreme+」今週発売
Astell&Kern「AK70」の限定プレミアムカラー2モデルが4月29日発売
MSI、「Optane Memory」バンドルのIntel 200シリーズマザーボード「OPT BOOST」計3モデル
Intel、3D XPoint採用のM.2 SSDキャッシュ「Optane Memory」発売開始。価格は44ドルから

HOTNEWS
● この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
● 機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」
● 税込2,980円のヒートシンク付きM.2変換カード、ファスト「ST-M2PCE4X」検証
● 特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す
● Ryzenのベストパートナーを探せ。Thermaltake「Contac Silent 12」検証


1この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
2まさかの村田製作所が製造。これ以上ない超弩級の鉄壁電源、Cooler Master「MasterWatt Maker 1200 MIJ」
3機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」
4特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す
5これで全てが分かる。Fractal Design「Define R5」徹底解説

Home > レビュー > 特別企画
別冊「エルミタラボ」

Intelの新メインストリーム“Kabylake”はどう変わった?「Core i7-7700K」速攻チェック


2017年1月4日
TEXT:GDM編集部 池西 樹
RSS
ノートPC向けから遅れること約4ヶ月。遂にコードネームKabylake-Sこと、デスクトップ版第7世代Coreプロセッサが正式発表された。LGA1151プラットフォームとの互換性を維持しつつ、製造プロセスの改良や、メディアエンジンの刷新によりパフォーマンスを向上させた新メインストリーム。今回は最上位モデルCore i7-7700Kを使い、先代Skylakeとの違いをチェックしていこう。
Intel Core i7-7700K(1月6日発売予定)

改良版プロセスルール“14nm+”を採用するKabylake

Intelの新メインストリーム向けCPUとして投入されたKabylake-S(以降「Kabylake」)。プラットフォームはSkylake-S(以降「Skylake」)から導入されたLGA1151で、既存のIntel 100シリーズマザーボードでもBIOSのアップデートのみで使用できる。プロセスルールは改良版14nmプロセスの14nm+を採用。内部設計に大きな変更はないが、リーク電力の改善や3Dトランジスタのフィン構造を改良することで消費電力を低減。その分動作クロックが引き上げられると共に、オーバークロック耐性も向上しているという。

プラットフォームはLGA1151、ピンの互換性も維持されているため、既存のSkylake環境をそのまま流用できる

またKabylakeではメディアエンジンを刷新。4K HEVC(H.265) 10-bitビデオエンジンや、VP9エンジンがハードウェアで実装され、4K高解像度動画をCPUに負担を掛けることなく再生可能。さらに次世代の高画質技術「HDR」(High Dynamic Range)をサポートし、対応コンテンツをより色鮮やかに表現できる。

Kabylakeでは、メディアエンジンが刷新され、動画再生機能が強化されている

製品カテゴリはこれまでと同じく、Core i7を筆頭にi5 / i3 / Pentium / Celeronの5つに分類され、倍率ロックフリーの“K”シリーズやTDP 35Wクラスの省電力モデル“T”シリーズもラインナップ。なおSkylakeでは上位2モデルのみ先行販売されたが、Kabylakeではthe Voicesで既報の通り、解禁と同時にほぼすべての製品が店頭に並ぶことになりそうだ。

最後に今回検証するKabylake最上位モデルCore i7-7700Kのスペックを確認しておこう。物理コア数は4つ、論理コア数は8つで、動作クロックは定格4.20GHz、Turbo Boost時最大4.50GHz。L3キャッシュは8MB、グラフィックス機能はIntel HD Graphics 630が内蔵され、TDPは91Wに設定されている。なお先代モデルCore i7-6700Kとの違いは以下の通り。

初出時スペック表の表記に誤りがありました。謹んで訂正させて頂きます(2017/1/4)
次は...  「Intel Optane Memory」対応の最新チップ「Intel 200」シリーズ

1 2 3 4

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us