エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.536

独自機能で武装した新ハイエンドゲーミングマザー、MSI「Z270 GAMING M7」検証

2017.01.04 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
2017年1月6日のIntel 200シリーズ販売解禁に合わせ、多彩なラインナップを揃えるMSI(本社:台湾)。特にゲーミング向け製品は充実しており、3つの異なるセグメントから実に10モデルが一挙投入される。今回はその中から上位セグメント「ENTHUSIAST GAMING」に属するハイエンドモデル「Z270 GAMING M7」を取り上げる。単なるチップセットのアップグレードに留まらず、多くの最新機能を搭載するMSIの新生ゲーミングマザーボード、その実力を早速検証していこう。
MSI「Z270 GAMING M7」(2017年1月6日発売予定)
製品情報(MSI

「MASTER LEVEL GAMING」最上位「Z270 GAMING M7」

MSIが特に注力しているゲーミングマザーボード。Kabylakeに合わせて発表された「MSI 200」シリーズでは、“ゲームの主人たれ”を標榜するエンスージアスト向け「ENTHUSIAST GAMING」を筆頭に、パワーユーザー向け「PERFORMANCE GAMING」、カジュアルゲーマー向け「ARSENAL GAMING」の3つのセグメントを展開。
 さらに「ENTHUSIAST GAMING」は、極限のオーバークロックを狙う「BULLETPROOF GAMING」と、よりゲーミング機能に特化した「MASTER LEVEL GAMING」の2シリーズに細分化され、ユーザーは豊富なラインナップから自分のニーズにあった製品を選択できる。

最上位セグメント「ENTHUSIAST GAMING」は、さらに「BULLETPROOF GAMING」と「MASTER LEVEL GAMING」に細分化されている

そして今回の取り上げる「Z270 GAMING M7」は、「MASTER LEVEL GAMING」に属するハイエンドモデル。ブラックを基調にガンメタリックを取り入れた高級感のあるスタイルは、まさにハイエンドらしい風貌。ヒートシンクやシールド部分にはカラーや発光パターンをソフトウェア制御できるRGBライティング「Mystic Light」を装備。他ブランドのLEDソリューションを制御する「Mystic Light Sync」や、市販のLEDストリップを接続する「Mystic Light Extension」ヘッダーも用意され、煩雑になりがちなライティング管理を一括制御できるのは、ドレスアップ目的のユーザーには嬉しい機能と言えるだろう。

ゲーミングマザーボードでは、性能だけでなく外観スタイルも重要。「Z270 GAMING M7」では、ブラックとガンメタリックの落ち着いたカラーリングを採用する

またフロントとリア、それぞれにオーディオプロセッサを搭載する高音質オーディオ回路「Audio Boost 4 PRO」をはじめ、アプリケーションごとに帯域幅を設定できるKiller「E2500」ギガビットLAN、VR信号の強度を維持する「VR Boost」など、充実したゲーミング向け機能を搭載。さらにPCI-Express3.0(x2 / 16Gbps)接続の「USB 3.1 Gen2 Lightning」や、ロングケーブルでも安定した転送ができるリドライバー付きフロントUSB3.1 Gen.2ポート、M.2 SSDを冷却する「M.2 Shield」など、最新独自機能を多数実装する。

「ミリタリークラス5」コンポーネントで固められた電源回路。高負荷が長時間続くゲームプレイでも安定動作が可能

もちろんMSI製ゲーミングマザーボード歴代の特徴でもある、高信頼設計も継承。実装コンポーネントは最新軍事規格「ミリタリークラス5」に準拠し、各種スロットやコネクタは堅牢設計の「Steel Armor」仕様。またCPUだけでなくメモリの電源回路にも正確な電力供給ができるデジタル回路を採用することで、安定性と信頼性を高めている。

ひと目でそれと分かる、製品写真が大きくデザインされたパッケージ。背面には搭載機能とスペックの詳細が記載されている

totop