エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
Lexarブランド廃止へ。Micron、Lexarのリムーバブルストレージ事業廃止または売却を発表
4K/60HzのHDMI信号に対応するPC切替器、ラトック「REX-250UHD-4K」
エレコム、ヘッドホン・イヤホンいらずの一体型VRゴーグル「P-VRGEH01」シリーズを発売
データ復旧サービス付属。スピードクラス「V30」対応SD/microSDカードがエレコムから
バランスイヤホンやプレーヤーなど、必要なものがすべて揃う「ハイレゾスターターセット」がオンキヨーから
ネットギア、2.5Gbps有線LAN対応のIEEE 802.11ac無線LANアクセスポイント「WAC740」
MIL規格対応の薄型・軽量モバイルノートPC、東芝「dynabook U63/D」
上海問屋、超高速0.2ms応答の“光学式スイッチ”搭載キーボードを発売。価格はなんと税込9,999円
SteelSeries、新素材と新デザイン採用のゲーミングマウスパッド「QcK/QcK+ Limited」7月7日発売
ペアリングも充電も不要、Smart Connector接続のスリムなiPad Pro用キーボードカバーがロジクールから

HOTNEWS
● サーバー屋”Supermicro”が仕掛けたゲーミングブランド”SuperO”。そのこだわりを台湾で聞く。
● ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”
● 数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
● 転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界
● オリジナル版Radeon RX 580カードのコスパ最強モデル、HIS「RX580 IceQX2 OC 8GB」を試す


1数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
2寝ながらゲームに没頭、ダメ人間を量産してしまう危険な「コクピット型ゲーミングデスク」が提案される
3サーバー屋”Supermicro”が仕掛けたゲーミングブランド”SuperO”。そのこだわりを台湾で聞く。
4ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”
5転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界

Home > レビュー > 撮って出し
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.536

独自機能で武装した新ハイエンドゲーミングマザー、MSI「Z270 GAMING M7」検証


2017年1月4日
TEXT:GDM編集部 池西 樹
RSS
2017年1月6日のIntel 200シリーズ販売解禁に合わせ、多彩なラインナップを揃えるMSI(本社:台湾)。特にゲーミング向け製品は充実しており、3つの異なるセグメントから実に10モデルが一挙投入される。今回はその中から上位セグメント「ENTHUSIAST GAMING」に属するハイエンドモデル「Z270 GAMING M7」を取り上げる。単なるチップセットのアップグレードに留まらず、多くの最新機能を搭載するMSIの新生ゲーミングマザーボード、その実力を早速検証していこう。
MSI「Z270 GAMING M7」(2017年1月6日発売予定)
製品情報(MSI

「MASTER LEVEL GAMING」最上位「Z270 GAMING M7」

MSIが特に注力しているゲーミングマザーボード。Kabylakeに合わせて発表された「MSI 200」シリーズでは、“ゲームの主人たれ”を標榜するエンスージアスト向け「ENTHUSIAST GAMING」を筆頭に、パワーユーザー向け「PERFORMANCE GAMING」、カジュアルゲーマー向け「ARSENAL GAMING」の3つのセグメントを展開。
 さらに「ENTHUSIAST GAMING」は、極限のオーバークロックを狙う「BULLETPROOF GAMING」と、よりゲーミング機能に特化した「MASTER LEVEL GAMING」の2シリーズに細分化され、ユーザーは豊富なラインナップから自分のニーズにあった製品を選択できる。

最上位セグメント「ENTHUSIAST GAMING」は、さらに「BULLETPROOF GAMING」と「MASTER LEVEL GAMING」に細分化されている

そして今回の取り上げる「Z270 GAMING M7」は、「MASTER LEVEL GAMING」に属するハイエンドモデル。ブラックを基調にガンメタリックを取り入れた高級感のあるスタイルは、まさにハイエンドらしい風貌。ヒートシンクやシールド部分にはカラーや発光パターンをソフトウェア制御できるRGBライティング「Mystic Light」を装備。他ブランドのLEDソリューションを制御する「Mystic Light Sync」や、市販のLEDストリップを接続する「Mystic Light Extension」ヘッダーも用意され、煩雑になりがちなライティング管理を一括制御できるのは、ドレスアップ目的のユーザーには嬉しい機能と言えるだろう。

ゲーミングマザーボードでは、性能だけでなく外観スタイルも重要。「Z270 GAMING M7」では、ブラックとガンメタリックの落ち着いたカラーリングを採用する

またフロントとリア、それぞれにオーディオプロセッサを搭載する高音質オーディオ回路「Audio Boost 4 PRO」をはじめ、アプリケーションごとに帯域幅を設定できるKiller「E2500」ギガビットLAN、VR信号の強度を維持する「VR Boost」など、充実したゲーミング向け機能を搭載。さらにPCI-Express3.0(x2 / 16Gbps)接続の「USB 3.1 Gen2 Lightning」や、ロングケーブルでも安定した転送ができるリドライバー付きフロントUSB3.1 Gen.2ポート、M.2 SSDを冷却する「M.2 Shield」など、最新独自機能を多数実装する。

「ミリタリークラス5」コンポーネントで固められた電源回路。高負荷が長時間続くゲームプレイでも安定動作が可能

もちろんMSI製ゲーミングマザーボード歴代の特徴でもある、高信頼設計も継承。実装コンポーネントは最新軍事規格「ミリタリークラス5」に準拠し、各種スロットやコネクタは堅牢設計の「Steel Armor」仕様。またCPUだけでなくメモリの電源回路にも正確な電力供給ができるデジタル回路を採用することで、安定性と信頼性を高めている。

ひと目でそれと分かる、製品写真が大きくデザインされたパッケージ。背面には搭載機能とスペックの詳細が記載されている

次は...  高品質コンポーネントで固められた11フェーズ電源回路

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us