エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.535

ハイエンド匹敵のポテンシャルが魅力。Kabylake世代の新アッパーミドルASRock「Z270 Gaming K6」

2017.01.04 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

ASRock初のLEDライティング機能「Aura RGB LED」を試す

オンボードLEDピンヘッダの他、3ヶ所に実装されたLEDは「Project AURA」で発光カラーやパターンを設定できる

ASRock 200シリーズで追加された機能の1つに、LEDライティング機能「Aura RGB LED」がある。「Z270 Gaming K6」では、オンボードのLEDピンヘッダの他、「I/O Armor」、オーディオシールド、チップセットの3ヶ所にRGB LEDを内蔵。UEFIの「Tools」タブにある「Project AURA」から発光カラーやパターンを変更することができる。

基板上にはLEDストリップ用のピンヘッダが用意され、市販の5050 LEDストリップの制御も可能
「Aura RGB LED」の設定をする「Project AURA」画面。「Turn On LED in S5」をEnableにするとシャットダウン時でもLEDライティング機能を有効にできる
LEDピンヘッダのライティング機能を設定する「LED Channel 1」セクション。LEDカラーはRed(R) / Green(G) / Blue(B)を数値で指定する
発光パターンはStatic / Breathing / Strobe / Cycling / Random / Randcling / Music / Waveの8種類が選択可能。なおASRockでは、より直感的な設定ができるGUI画面の開発を進めているという
チップセットのLEDを設定する「LED Channel 2」セクション
「I/O Armor」のLEDを設定する「LED Channel 3」セクション
オーディオシールドのLEDを設定する「LED Channel 4」セクション
「ASRock Live Update & APP Shop」から「ASRock AURA RGB LED」をダウンロードすればWindows上からLEDを制御することもできる
totop