エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.532

これで全てが分かる。Thermaltake「VIEW 27」徹底解説

2016.12.16 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 また興味深いPCケースが届けられた。今回検証するのは、Thermaltake(本社:台湾)のATXミドルタワー「VIEW 27」(型番:CA-1G7-00M1WN-00)だ。そもそも「VIEW」という単語は、"展望”や"見晴らし”といった意味を持つワケだが、左サイドパネルからトップパネルにかけて、アクリルウインドウを採用。側面だけでなく、トップ部からも内部が見渡せる、なんとも開放感に溢れたデザインが最大の特徴だ。
 今回は国内正規代理店の株式会社アスク(本社:東京都千代田区)の協力により評価サンプルを借り受け、10月から販売が開始された新作PCケースをじっくり楽しみたい。

Thermaltake「VIEW 27」デビュー。これまでに無い開放感が最大の魅力

今年も大いに自作PC市場を盛り上げたThermaltake。2016年のPCケースレビュー、そのラストを飾るのは、10月に販売が開始された「VIEW 27」(型番:CA-1G7-00M1WN-00)だ。

Thermaltake「VIEW 27」(型番:CA-1G7-00M1WN-00)
市場想定売価税抜7,480円前後(2016年10月発売)
製品情報(Thermaltake)(株式会社アスク

つい先日も、幅140mmのスリムなATXケース「Core G3」(型番:CA-1G6-00T1WN-00)を検証したが、同じくThermaltakeブランドとあって、立ち姿はどことなく似ているようにも思える。だが「VIEW 27」が圧倒的に違うのは、左側面からトップまでを大胆にカットした開放感だ。他に例が無いこのデザインは、国内正規代理店の株式会社アスク(本社:東京都千代田区)曰く、「ガルウイングデザイン」と呼称され、独特な世界観を醸し出している。昨今の魅せるPCブームは、強化ガラスが定番だが、敢えて透明度の高いアクリルを使用。素材の特性を生かした”角丸”により、曲線の美しいPCケースに仕上がった。

スペック表に見るThermaltake「VIEW 27」

検証を始める前に、スペック表から「VIEW 27」の概要を掴んでおこう。外形寸法は幅201mmでミドルタワーPCとしては標準的。奥行きは479mm、高さは508mmとされ、対応フォームファクタはATX、MicroATX、Mini-ITXだ。素材はSPCCで、複雑な成型部にはABS樹脂(プラスチック)を採用。象徴的なアクリルパネルも忘れてはいけない。

「ガルウイングデザイン」とは言え、メルセデス・ベンツ300SLのような開閉アクションはさすがに無く、トップ&左サイドパネルをまとめて取り外す事ができる

ドライブベイは2.5 / 3.5インチ兼用が2台分、2.5インチ専用が4台分。冷却ファンレイアウトはフロント120mm×3基、リア120mm×1基(標準)、電源カバー上に120mm×1基で、最大搭載可能数は5基とされる。なお、トップパネルの大部分はアクリルパネルで占められているため、冷却ファンの増設はできない。

totop