エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.529

期待を裏切らない“一番いい電源”、Seasonic待望のTITANIUMモデル「PRIME」検証

2016.12.05 更新

文:GDM編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

ズシリと重い高級感ある「SSR-750TD」のボディ

「PRIME」シリーズの750Wモデル「SSR-750TD」を手に取ると、さすがはハイエンド電源ユニットという、心地よい重量感が伝わってくる。美味しいスイカは叩いた音で分かるという話もあるが、電源については重さも品質を示す一つの目安には違いない。実測での重量は約2.0kgほど、実にしっかりと中身が詰まっていそうな気がする。
 外形寸法はW150×D170×H86mm。135mmの大口径ファンを搭載することもあり、奥行きは約170mmと750Wモデルとしてはやや長め。トップはハニカム構造をした大きめの通気口になっており、冷却効率も良好のようだ。また、主電源スイッチのすぐ横には、「Hybrid Mode」(セミファンレス動作)のON/OFFスイッチも搭載されている。

ここからはシリーズの750Wモデルである「SSR-750TD」をボックスから取り出し、いざ外観チェックといこう。スチールボディにつや消しの塗装が施され、重量感も相まって高級電源としての風格を放っている
外形寸法はW150×D170×H86mmで、奥行きはやや長め。ハニカム構造の通気口の下には、135mm径の流体動圧軸受ファンが搭載されている
通気口に配慮したボディ側面には、両サイドにスリットが入れられていた
ケーブルすべてを着脱式とした、フルモジュラー仕様を特長とする
電源コネクタ側から眺めてみると、かなりギリギリの部分まで通気口が設けられているのが分かる
同じく電源コネクタ側から。主電源スイッチの横にある「Hybrid Mode」ボタンでセミファンレス機能をON/OFFできる

フルモジュラー仕様のケーブル

内部モジュラー側の背面パネル。主電源(ATXケーブル)を含むすべてが着脱式だが、種別により完全にエリア分けされ、なおかつコネクタ形状も異なるため挿し間違いの心配は無用だ

「SSR-750TD」のケーブルは、すべてを着脱式としたフルモジュラー仕様。主電源用のATX 24(20+4)pin×1はもちろん、CPU用のATX12V 4+4pinは2系統を備え、サーバー向けマザーボードにも対応する。そのほかの各種コネクタは、PCI-Express補助電源コネクタ6+2pin×4、SATA電源コネクタ×10、ペリフェラル電源コネクタ×5、FDD電源コネクタ×1(変換使用)構成。マルチGPU構成に対応するのはもちろん、750Wクラスのシステムを駆動させるには十分なコネクタが揃っている。
 なおユニット本体に接続されるコネクタは、いずれも金メッキ処理済み。さらにケーブルは、ATXケーブルを除いてすべてがフラット仕様になっている。

ATX 24pinケーブルは、コネクタが分離・合体できる20+4pin仕様。なお、このケーブルのみラウンド状に束ねられている CPU用の補助電源ケーブルは4+4pin仕様で、2系統が同梱されている
PCI-Express補助電源は合計4系統を備え、変換なしにSLI / CrossFireXを構築可能だ SATA電源ケーブルは3本で、コネクタは合計10個を備える
ペリフェラル電源コネクタは、合計で5系統。なお、FDD電源に接続する際は付属の変換ケーブルを使用する
totop