エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
平日から注目の特価がいろいろ登場【ツクモパソコン本店】
RAID対応の2.5インチ外付けケースが限定特価【パソコン工房秋葉原BUYMORE店】
【コレオシ Vol.1474】ショップスタッフが組み上げた限定各1台の中古ゲーミングPCに注目
5月24日(水)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
M.2 SSD&HDDのツインドライブ搭載15.6型フルHDノートPC、STYLE∞から発売
Surface Pro 3と4に対応するBrydgeブランドのハードケース一体型Bluetoothキーボード
B350チップ採用のRyzen対応ゲーミングマザーボード、ASUS「ROG STRIX B350-F GAMING」
最長3ヶ月動作に対応する電池駆動ネットワークカメラ、Sailix「Eagles E5」
ずぼらな僕らに最適な、スマホ・タブレット用ケーブル収納ボックスが上海問屋から
売価3万円台のオリジナルケース採用エントリーPC、ストーム「Storm Element H110v2」

HOTNEWS
● 実測約3.0GB/s。東芝製MLC採用の高速NVMe SSD、Apacer「Z280 M.2 PCIe SSD」検証
● これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
● 吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか
● 最強コンパクトPCの夢を叶える、初のRyzen対応Mini-ITXマザーボードBIOSTAR「X370GTN」
● 多彩なライティング機能で上を行くRyzen対応マザーボード。MSI「X370 GAMING PRO CARBON」


1これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
2最強コンパクトPCの夢を叶える、初のRyzen対応Mini-ITXマザーボードBIOSTAR「X370GTN」
3吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか
4実測約3.0GB/s。東芝製MLC採用の高速NVMe SSD、Apacer「Z280 M.2 PCIe SSD」検証
5多彩なライティング機能で上を行くRyzen対応マザーボード。MSI「X370 GAMING PRO CARBON」

Home > レビュー > 撮って出し
高速転送と安定性が魅力。最新3D NAND MLC採用NVMe SSD、ADATA「XPG SX8000」
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.525

高速転送と安定性が魅力。最新3D NAND MLC採用NVMe SSD、ADATA「XPG SX8000」


2016年11月12日
TEXT:GDM編集部 池西 樹
RSS
 Samsung、Intelの二強時代から一気に戦国時代へと突入したNVMe SSD。大手メモリメーカーADATA Technology(本社:台湾)からも、対応モデル「XPG SX8000」シリーズがリリース、11月下旬より国内発売が開始される。PCI-Express3.0(x4)の広大な帯域幅に加え、最新の3D MLC NANDフラッシュを採用し、SATA3.0(6Gbps)SSDの約5倍の転送速度を謳う注目モデル。そこで今回は、日本法人エイデータテクノロジージャパン株式会社(本社:東京都千代田区)協力のもと、512GBモデル「ASX8000NP-512GM-C」を借り受け、その気になる実力をじっくりと検証する。
ADATA「XPG SX8000」シリーズ512GBモデル「ASX8000NP-512GM-C」
市場想定売価28,000円前後(2016年11月下旬発売予定)
製品情報(ADATA

ADATA初のNVMe SSD「XPG SX8000」シリーズ

今回の主役「XPG SX8000」シリーズは、ADATA初のNVMe対応M.2 SSD。今年6月の「COMPUTEX TAIPEI 2016」に合わせてお披露目された製品で、接続インターフェイスは帯域幅32GbpsのPCI-Express3.0(x4)。さらに最新プロトコルNVMe 1.2に対応することで、ストレージへのアクセスが集中するゲームやレンダリングなどの作業でも安定したパフォーマンスを発揮することができる。

「COMPUTEX TAIPEI 2016」ではすでに実動デモが展示されていた「XPG SX8000」シリーズ。当初国内投入されるのは128GB、256GB、512GBの3モデル

またNANDフラッシュには、従来の2D NAND MLCに比べて耐久性に優れる3D NAND MLCを採用。さらにP/Eサイクルを3倍に拡大する「LDPC ECCエンジン」や、「RAIDエンジン」「データシェーピング」で構成されるデータ整合性技術を組み合わせることで、耐久性と信頼性を高めている。

ADATA製SSDではおなじみの「SLCキャッシング」と「DRAMキャッシュバッファ」の2種類のキャッシュ機構を搭載

コントローラはSilicon Motionの最新IC「SM2260」で、高速化技術としてNANDフラッシュの一部をSLCモードで動作させる「SLCキャッシング」と、「DRAMキャッシュバッファ」の2種類のキャッシュ機構を搭載。公称転送速度は容量により異なるが、今回検証する512GBモデルは、シーケンシャル読込2,400MB/sec(CrystalDiskMark時)、書込1,000MB/sec(同)、ランダム読込100,000 IOPS、書込140,000 IOPS。特にシーケンシャルアクセスについては、パフォーマンスを重視した製品が多いNVMe SSDの中でもトップクラスの性能を発揮する。

「CrystalDiskInfo 7.0.3」の結果。転送モードは32GbpsのPCI-Express3.0(x4)で、NVMe 1.2への対応が確認できる

次は...  スクリーニング済みの高品質Micron製3D NAND MLCを採用

1 2 3 4 5 6

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us