エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.516

徹底検証で判明。Intel初のコンシューマー向けNVMe SSD「600p」シリーズの実力と気になる点

2016.09.23 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SSD

「HD Tune Pro 5.60」で詳細な傾向をチェック

続いて「HD Tune Pro 5.60」を使い、Intel「600p」シリーズのより詳細な挙動とパフォーマンスを確認していくことにしよう。

【Benchmark Read】
【Benchmark Write】
【FileBenchmark】
【Random Access Read】
【Random Access Write】

Benchmarkのスコアを確認すると Readは約650MB/secでほぼ安定。一方、Writeはこれまで検証してきたTLC NANDフラッシュを搭載するSATA3.0(6Gbps) SSDと同じく10MB/sec~450MB/secまで大きく変動するやや不安定なグラフ。長時間データ書込が続く操作はあまり得意ではないようだ。とは言え、File Benchmarkは読込が1,170MB/sec、書込は580MB/sec前後で推移しており、一般的な運用であれば目くじらを立てるほどではない。

totop