エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.510

サイズも性能も妥協しない。新世代“Mini-STX”の超小型マシン、ASRock「DeskMini 110」

2016.08.30 更新

文:GDM編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

手のひらサイズのデスクトップPC「DeskMini 110」を動かしてみる

Core i7-6700と16GBメモリを組み込み、早速「DeskMini 110」の実働チェックを開始

「DeskMini 110」を内外から眺めた後は、いよいよ各種パーツを組み込んでの実働テストを始めよう。CPUはSkylake世代でTDP65Wの最上位モデルIntel Core i7-6700(4コア / 8スレッド / 3.4GHz / TB時4.0GHz / キャッシュ8MB)をチョイス、DDR4-2,133MHz動作の16GBメモリと、Samsung製のM.2 SSD「SM951-NVMe」(128GB)も合わせて搭載している。なお、詳細なテスト環境については以下を参照のこと。

CPUには、TDP65WのCore i7-6700を搭載。CPU-Zを確認すると、マザーボードの「H110M-STX」もしっかり認識されている

マウスでラクラク操作できる「インタラクティブUEFI」

「DeskMini 110」の制御プログラムには、マウス操作に最適化された「インタラクティブUEFI」が採用されている。標準の起動時には、基本情報がひと目で把握できる簡易モード「Easy Mode」を表示。詳細設定を確認したい場合には、ワンタッチで「Advanced Mode」に切り替えることができる。

ひとまず最初に起動させた際は、簡易モードである「Easy Mode」で起動する。CPUやメモリ、ストレージなどの状況がひと目で把握できる、分かりやすいモードだ
この画面からでも、CPUファンの回転制御や動作モード切り替えなどが設定できる
こちらは「F6」キー(もしくはマウス選択)で切り替わる、詳細な「Advanced Mode」モード。より細かい設定を行う際はこちらに切り替えよう
システムのチューニング項目が集まった「OC Tweaker」タブ。ただし「DeskMini 110」はIntel H110チップのため、設定項目はそれほど多くない
CPUやチップセット、ストレージの機能を変更できる「Advanced」タブ ASRockの独自機能が並ぶ「Tools」タブ。USBメモリやネットワーク経由でUEFIアップデートを行うこともできる
システムの状態をチェックできる「H/W Monitor」タブ。こちらでもファンの動作モードなどを切り替えることが可能だ
totop