エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
週末恒例のSSD、HDD特価をチェックしておく【パソコン工房秋葉原BUYMORE店】
各種ゲーミングデバイスからゲーム用メガネGUNNARが全品10%引きなど【パソコンショップアーク】
STEAM製品のサマーセールがスタート【ツクモパソコン本店】
「WD Red」シリーズの3TBモデルが週末限定特価【TSUKUMO eX.】
24日(土)の特価チラシを掲載【ツクモDOS/Vパソコン館】
LEDでピカピカ光るハンドスピナーが週末スポット入荷【テクノハウス東映】
MFi認証取得のLightning接続ハイレゾヘッドホン【東映無線ラジオデパート店】
中島さんもオススメ、前開き式のコンパクトな冷凍庫がお試し特価【サンコーレアモノショップ秋葉原総本店】
小型・高性能なXperiaスマホが1万円切り【イオシス アキバ中央通店】
ゴニョゴニョできるワイモバイル向けLTEルーターが大量入荷【イオシス アキバ路地裏店】

HOTNEWS
● ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”
● 数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
● 転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界
● オリジナル版Radeon RX 580カードのコスパ最強モデル、HIS「RX580 IceQX2 OC 8GB」を試す
● TLC NAND最高クラスの性能を実現したNVMe SSD、PLEXTOR「M8Se」シリーズ検証


1数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
2転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界
3寝ながらゲームに没頭、ダメ人間を量産してしまう危険な「コクピット型ゲーミングデスク」が提案される
4ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”
5オリジナル版Radeon RX 580カードのコスパ最強モデル、HIS「RX580 IceQX2 OC 8GB」を試す

Home > レビュー > 使ってみた
3プッシュで会計完了。iPhoneと使うコミケのためのレジ「レジプラ」で遊んでみた

いつ何がいくつ売れた?CSV出力もできる売り上げ管理画面

最後にトップ画面の一番右に表示されていた、「売り上げ記録」画面を確認しておこう。この画面では、現時点における合計の売上金額のほか、商品別の売上点数(と売上金額)、それぞれの会計時刻がまとめて把握できる。さらにCSV出力にも対応するなど、無料のアプリに関わらず至れり尽くせりだ。

現在の売上合計はいくらなのか、どの商品が何点(そして何円分)売れたのか・・・といった情報が確認できる
さらに売れた時刻も参照可能で、データはCSVファイルとして出力できる

アプリと専用ハードのセットで完成する「レジプラ」。夏コミには間に合う?

とにかくシンプルで扱いやすく、よく考えられたレジ。それが「レジプラ」でひとしきり遊んでみた感想だ。iPhone上の3つの商品と3つの物理ボタンが連動するという、サッパリした割り切り仕様が使い勝手の良さを支えている。即売会という限られたアイテム数の販売にフォーカスしたレジシステムとして、その完成度は高い。

夏コミで迅速確実な会計ができる「レジプラ」。使い勝手のいいアプリと、それ専用に作られたハードウェアとの組み合わせがキモ。ボタンがなきゃダメなんです

もっとも、最初からアプリだけでもいいのではないか、というツッコミもあるかもしれない(アプリはタッチだけでも使える)。ところが単なる画面のタッチと、クリック感(いわゆるタクタイルフィール)がともなう物理ボタンとでは、入力の確実性に雲泥の差がある。“カコカコパシン”で一連の会計が完了する快適さは、ペタペタ画面をタッチしているだけでは絶対に味わえない。いわばボタンのある“レジ部分”こそが「レジプラ」のキモというワケだ。

5,000円からという価格も値ごろ感があり、あとはiPhoneが手元にあれば快適なコミケ用レジの出来上がり。あの果てしない“正の字カウント”と電卓叩きから、売り子さんを解放することができる。

直販でも店頭でも品薄な「レジプラ」、その原因は3Dプリンター製のキーキャップだった。現在はその弱点を改善した、量産モデルが夏コミ本番に向けて準備中らしい

とはいえ「レジプラ」は生産数が少なめで、現時点で需要がまったくまかない切れていないという弱点がある。同人ハードウェア(いわく家内制手工業での生産)ゆえのご愛嬌と言えなくもないが、実は3Dプリンターで製造しているという物理ボタン(キーキャップ)が量産の足を引っ張っていた。これについては現在パーツ変更・設計変更を施した改良版(量産モデル)の生産が進められており、夏コミ前には大量供給が可能になるという。

ちなみにTOKYO FLIP-FLOPによれば、7月30日(土)に開催される「ガジェットフリマ2016夏」での販売のほか、夏コミ開催直前の8月6日(土)には東京ビッグサイト会議室にて「裏メイカー祭」と題した「レジプラ」即売会を予定しているとのこと。どうやら“本番”には間に合いそうだ。


協力:三月兎1号店

© GDM Corporation All Rights Reserved


1 2 3 4 5

←前頁このページの最初に戻る|次頁→|
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us