エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.497

静音性と冷却性能を極めたGTX 1080の注目作、MSI「GeForce GTX 1080 GAMING X 8G」

2016.07.11 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 その高いパフォーマンスとハイエンドらしからぬ低消費電力から、一躍人気グラフィックスカードの仲間入りを果たしたNVIDIAの新GPU GeForce GTX 1080。5月末の販売解禁時には、いずれもリファレンス準拠の「Founders Edition」のみでラインナップは横並び。しかし、ここに来てメーカー各社が工夫をこらしたオリジナルモデルが登場、選択の幅も広がってきた。
 今回の主役であるMSI(本社:台湾)「GeForce GTX 1080 GAMING X 8G」もその一角。新設計の「TWIN FROZR VI」を搭載し、最高峰の性能と静音性を併せ持つ注目作。その気になる実力を早速検証していこう。
MSI「GeForce GTX 1080 GAMING X 8G」 
市場想定売価税抜99,800円前後(発売中)
製品情報(MSI

新設計クーラー「TWIN FROZR VI」採用のオリジナル版GTX 1080

メーカー各社からオリジナル仕様の製品が出揃い、いよいよ本格的な普及期へと移行したGeForce GTX 1080グラフィックスカード。今回取り上げる「GeForce GTX 1080 GAMING X 8G」もMSI独自基板とクーラーを組み合わせた、完全オリジナルモデルの1つ。その最大の特徴は、Pascalアーキテクチャに合わせて新規に設計されたという新型クーラー「TWIN FROZR VI」の存在だ。

COMPUTEX TAIPEI 2016では、バックプレートにドラゴンロゴを備えた上位モデル「GeForce GTX 1080 GAMING Z 8G」(画像下)もお披露目。こちらは数量限定で早ければ8月頃に国内発売が予定されている

風圧を22%向上させた100mm径ファン「トルクスファン2.0」や、最新の空気力学を応用したヒートシンク設計により、先代「TWIN FROZR V」から温度は約20%、騒音値は約40%も低減。もちろんGPU温度が60℃を下回る場合はファンを停止させる「Zero Frozr」にも対応し、冷却性能を向上させつつ「存在を気づかせない」レベルまで静音性を高めることに成功したという自信作だ。

「TWIN FROZR VI」では、「TWIN FROZR V」をベースにさらに放熱設計が進化。冷却性能・静音性とも向上している

また電源回路はリファレンスを大幅に上回る10フェーズのデジタル回路を搭載。さらに米軍事調達規格をクリアする、「ミリタリークラス4」準拠の高品質コンポーネントを実装することで、高い耐久性と、長期間の安定動作を可能にしている。

Gaming Seriesのテーマーカラー“赤”を基調にしたパッケージ。裏面には最大の特徴である「TWIN FROZR VI」採用が大きく謳われている
「TWIN FROZR VI」を搭載するGeForce GTX 1070グラフィックスカード「GeForce GTX 1070 GAMING X 8G」も6月下旬から発売開始

動作クロックはもちろんオーバークロック仕様。最もクロックの高い「OCモード」は、コアベースクロック1,708MHz(リファレンス1,126MHz)、ブーストクロック1,847MHz(同1,216MHz)、メモリクロック10,108MHz(リファレンス10,010MHz)で、「Gaming APP」を使えば「OCモード」「ゲーミングモード」「サイレントモード」との切り替えに対応。メモリバス幅は256bitで、GDDR5X 8GBのビデオメモリを搭載する。

totop