エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
メモリスロット流用の独自M.2拡張カードが面白い、ASUSのOC向けマザー「ROG MAXIMUS IX APEX」登場
5ギガビットLAN搭載。ASRockのウルトラハイエンド「Z270 SuperCarrier」が発売開始
Thermaltake、スタックできるビッグキューブ「Core X5」に両面強化ガラス搭載モデルを追加
「Mystic Light」対応のIntel Z270ゲーミングマザー、MSI「Z270 GAMING PRO」
ASRock、「X370 Taichi」などRyzen対応Socket AM4マザーボード全10モデル投入
ストレージ少ないけど激安。国内未発売の「Moto Z」32GBモデルが約6.5万円で販売中
AntecのVESAマウンタ対応Mini-ITXケース「ISK-110 VESA」、USB3.0を搭載してリニューアル
【コレオシ Vol.1421】電子レンジでご飯が炊ける「炊飯マグ」がパーツより売れる件
争奪戦必至のASUS製グラフィックスカードにマザーボードなど要チェック【ツクモパソコン本店】
ASUS、MSIのハイエンドグラフィックスカードが週末限定特価【TSUKUMO eX.】

HOTNEWS
● サーバーのノウハウを結集したゲーミングマザーボード、SuperO「C7Z270-CG」
● NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
● ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」
● SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
● 細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証


1SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
2NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
3「必ず買いますよ」(2/22) ・・・複数ショップ店員談
4「Nintendo Switchと同じ、ひな祭りに発売」(2/18) ・・・複数ショップ店員談
5ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」

Home > レビュー > 撮って出し
奥行き100mmに機能と信頼性が凝縮。CORSAIRが放つ、洗練された最高峰のSFX電源「SF600」
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.490

奥行き100mmに機能と信頼性が凝縮。CORSAIRが放つ、洗練された最高峰のSFX電源「SF600」


2016年5月23日
TEXT:GDM編集部 絵踏 一
RSS
 かつてSFX規格の電源ユニットといえば、スモールフォームファクタの一部ケースが採用する、玄人好みな変わり種パーツといった位置付けだった。ところが今やスタイリッシュな小型ケースの選択肢も増え、それにつられてSFX電源の需要もこれまで以上に高まっている。
 そんな中で、電源メーカーとしても市場で幅広い支持を受けるCORSAIR(本社:アメリカ カリフォルニア州)から、先ごろ最大600Wをラインナップする「SF」シリーズが新たに発売された。セミファンレス動作に対応するフルモジュラータイプのイマドキ仕様とあって、SFX電源の本命モデルと注目するマニアも多い。早速その実力を検証といこう。
CORSAIR「SF600」(型番:CP-9020105-JP) 実勢売価税込17,000円前後
製品情報(株式会社リンクスインターナショナル)(株式会社アスク)(CORSAIR

初登場時は小型パワフルベアの専用電源だった「SF」シリーズ

そもそも電源ユニットは、ケースメーカーが自社のケースに組み込むためのパーツとして設計する、いわばエコシステム的な側面がある。特殊な立ち位置であるSFX電源であればなおさらで、CORSAIRの「SF」シリーズもまた、Mini-ITXベアボーンキット「BULLDOG」の専用電源として登場したのが初出だった。今からちょうど1年前、「COMPUTEX TAIPEI 2015」の前夜祭で披露された際のことだ。GTX TITAN Xにも対応する600Wの大容量モデルとあって、当時から主役に劣らぬ注目を集めていたのは記憶に新しい。

CORSAIR初のSFX電源としてリリースされた「SF」シリーズは、昨年のCOMPUTEXが初登場。GTX TITAN Xやデュアル水冷の組み込みにも対応するという、パワフルなMini-ITXベア「BULLDOG」の専用電源という立ち位置だった

その際は「単体での発売予定はない」という担当者のコメントに、ガッカリさせられたマニアも多かったかもしれない。ところがその後CORSAIRの方針転換もあり、450Wモデルを加えた2モデル展開にて、同社初のSFX電源として製品化が決定。国内でも今月から発売が開始されている。当然ながら、300W前後の小容量モデルが主流のSFX電源にあって、450W / 600Wという容量ラインナップはクラス最大級。これまでほとんど選択肢が存在しなかった、明確なミドル~ハイエンド志向のSFX電源として市場に登場することになった。

スモールフォームファクタ志向のハイエンドユーザーが待望していた、新たな大容量シリーズとして日本でも今月に発売開始。「BULLDOG」が搭載していた600Wモデルに加えて、450Wモデルをラインナップする

セミファンレス&フルモジュラー仕様。イマドキ要素を詰め込んだ大容量SFX電源ユニット

今回の撮って出しレビューで取り上げるのは、CORSAIR「SF」シリーズの600Wモデル「SF600」。イマドキのトレンドをSFX電源に持ち込んだ、洗練された仕様を特徴とする

あらためて、今回のレビューの主役となる「SF600」を紹介しておこう。80PLUS GOLD認証を取得した容量600WのSFX電源ユニットで、初登場時に「BULLDOG」に搭載されていたのはこのモデルだ。シングルレーン50Aの+12Vだけで600W出力が可能というパワフル仕様につき、ハイエンドグラフィックスカードも難なく搭載できる。

また、冷却機構には自動回転数制御に対応した92mm径の静音ファンを実装。SFX電源としては大口径のファンであるのはもちろん、120W未満の低負荷時に回転を停止する「Zero RPM Fan Mode」によるセミファンレス動作にも対応している。そのほか、ケーブル仕様はシステム構成に応じたケーブル選択が可能なフルモジュラータイプ。昨今のATX電源のトレンドを盛り込んだ、イマドキ仕様のSFX電源ユニットと言える。

比較的大きめのパッケージを採用するCORSAIR製品とあって、「SF600」もSFX電源ながらやや大柄。裏面では、ファンレスオペレーションの「Zero RPM Fan Mode」はじめ、各種機能が解説されている

さらに「SF600」は、全てのコンデンサに日本メーカー製の105℃品を採用する信頼性の高さも大きな魅力。各種保護回路も完備し、MTBFは100,000時間。メーカー保証も電源ユニットとしては異例の7年保証が提供されるなど、その耐久性にはCORSAIRもかなりの自信をもっていることがうかがえる。


次は...  奥行きわずか10cm。SFX規格の極小電源ユニットを観察

1 2 3 4 5 6 7

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us