エルミタ的「編集部で使ってみた」

Thermaltakeの6chファンコン「Commander F6 RGB」が気になったので使ってみた

2016.05.07 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 あれほどまでに人気だったのに、すっかりおとなしくなってしまった・・・。不名誉にもその代表格となるアイテムが、ファンコントローラーだ。ピーク時とは比較にならないほどリリーススパンは長くなってしまったものの、自作トレンドを掴んだイマドキ仕様の新製品もちらほら見かける。そんな製品のひとつがThermaltake「Commander F6 RGB」(型番:AC-024-BN1NAN-A1)だ。3月に国内市場に投入されたちょっと気になるアイテムをご紹介しよう。

マルチカラーディスプレイを備えた6chファンコン

ファンコントローラーの立場が怪しくなっている。冒頭、リリーススパンが長くなっている事に触れたが、そもそもオープンベイを無くしたPCケースが珍しくなくなり、まったく肩身が狭い。そんな状況だけに、国内代理店のフィルターを通り抜け、市場に流通する近頃のファンコントローラーは、”厳選された製品”と言えるだろう。

今回取り上げるのは、Thermaltake国内正規代理店である株式会社アスク(本社:東京都千代田区)のブ厚いフィルターを通り抜け、3月より販売が開始された「Commander F6 RGB」(型番:AC-024-BN1NAN-A1)だ。

Thermaltake「Commander F6 RGB」(型番:AC-024-BN1NAN-A1)
市場想定売価税抜7,480円前後(3月25日発売予定)
製品情報(Thermaltake / 株式会社アスク

5.25インチオープンベイを1段占有する「Commander F6 RGB」は、横長のマルチカラーディスプレイと6つのボリュームコントロールスイッチで構成。リリース当初の市場想定売価は税抜7,480円前後とされ、ファンコントローラーとしては決して安い部類ではない。果たして出来映えはいかがなものだろうか。

スペック表を確認すると、スイッチ数からわかる通り、最大6基の冷却ファンの制御に対応。1chあたり最大30Wとされ、コネクタは3pinおよび4pinいずれも接続できる。またマルチカラーディスプレイには0~9,990rpmまでの回転数表示と、6箇所のセンサーから個別に温度表示(0~90℃)が可能。売価に見合うだけの多機能ぶりに期待しよう。

totop