エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
レビュー掲載のCORSAIRの静音PCケース「Carbide Series Quiet 400Q」が気になる【TSUKUMO eX.】
センチュリー「裸族」シリーズのアウトレット特価に注目【ツクモパソコン本店】
MSIのGeForce GTX 1070搭載カードが久々の再入荷【ツクモDOS/Vパソコン館】
SSDや電源、ケースなどまとめて週末特価【ドスパラ パーツ館】
人気のLAN爪折れ修復パーツが再入荷【東映ランド】
店内売りつくし閉店セールがスタート【Jan-gle秋葉原本店】
【コレオシ Vol.1502】値下がりしてグッと売れるようになった、3,000円台からの「充電ステーション」
7月20日(木)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
Apple Japan、BalmainとコラボしたBeats Studio Wirelessオーバーイヤーヘッドフォンなど
メモリ・拡張スロットやSATAコネクタに装着。9月登場予定のElfidelity製ノイズフィルターをチラ見せ

HOTNEWS
● 最強性能を極上イルミネーションで魅せる。贅沢極まるX299マザー、GIGABYTE「X299 AORUS Gaming 9」
● ミドルレンジ並の価格にハイエンドの機能を凝縮。X299マザーの決定版ASRock「X299 Taichi」
● Ryzenゲーミングマザーボードの人気ミドルレンジ、MSI「B350 TOMAHAWK」徹底検証
● 別モノに生まれ変わったサイズ「虎徹 MarkⅡ」検証
● 秋葉原PCパーツ系 & モバイル系STAFFに聞きました。「現在使用中の液晶ディスプレイを教えてください」


1「16コア、欲しいですね」(7/16)・・・某ショップ店員談
2ミドルレンジ並の価格にハイエンドの機能を凝縮。X299マザーの決定版ASRock「X299 Taichi」
3別モノに生まれ変わったサイズ「虎徹 MarkⅡ」検証
4Ryzenゲーミングマザーボードの人気ミドルレンジ、MSI「B350 TOMAHAWK」徹底検証
5最強性能を極上イルミネーションで魅せる。贅沢極まるX299マザー、GIGABYTE「X299 AORUS Gaming 9」

Home > レビュー > 使ってみた
主要コンポーネントはオール東芝製。検証でわかったCFD製SSD「MG1」シリーズの正体
エルミタ的「編集部で使ってみた」

主要コンポーネントはオール東芝製。検証でわかったCFD製SSD「MG1」シリーズの正体


2016年4月7日
TEXT:GDM編集部 池西 樹
RSS
 今回の主役は、今年2月にCFD販売株式会社(本社:愛知県名古屋市)より発売された、TLC NAND採用のエントリー向け2.5インチSSD「MG1」シリーズだ。性能と信頼性に定評のある東芝製SSD採用を謳い、その高いコストパフォーマンスからアキバでの人気も上々と聞く。今回はその中から240GBモデル「CSSD-S6T240NMG1Q」を借り受け、気になる実力と実装コンポーネントを確認していこう。
CFD販売株式会社「MG1」シリーズ240GBモデル「CSSD-S6T240NMG1Q」
販売価格税込8,000円前後(発売中)
製品情報(CFD販売株式会社

TLC NANDフラッシュの東芝製SSDを採用する「MG1」シリーズ

東芝製SSD採用を謳う「MG1」シリーズ。筐体にはCFD製であることを示す型番シールが貼り付けられている

登場した当時は、パフォーマンスや書換回数の問題もあり、SD / microSDやUSBメモリなどが中心だったTLC NANDフラッシュ。しかし、ファームウェアの最適化や、SLCモードキャッシュ、DRAMキャッシュなどの機能により、これらの問題を解消。近頃では、エントリーモデルを中心に多くのSSDで採用されている。今回検証する「MG1」シリーズもそんなTLC NANDフラッシュを採用する2.5インチSATA3.0(6Gbps)SSDだ。

MLC NANDモデルらしく安価な「MG1」シリーズ。東芝製という安心感も手伝い、アキバでの売れ行きは上々とのこと

実際の製品は東芝のOEM向けモデルで、容量ラインナップは120GB、240GB、480GB、960GBの4モデル展開。コントローラやDRAMキャッシュなど、NANDフラッシュ以外の情報は公開されておらず、転送速度もCFDによる測定値のみとやや不明点が多いが、このあたりについては画像セッション、およびテストセッションにて明らかにしていきたい。ちなみに今回検証をする240GBモデル「CSSD-S6T240NMG1Q」では、読込551.4MB/sec、書込516.3MB/secとされ、コストパフォーマンス向けながら、シーケンシャルアクセスについてはハイエンドモデルと遜色ない性能を備えているようだ。

W160×D20×H110mmのコンパクトなパッケージ。表面には東芝製SSDを採用していることが明記されている

外形寸法は、W69.85×D100×H7.0mm。対応機能はNCQとTRIMで、製品には2.5-3.5インチ変換マウンタと、ディスク高速化ユーティリティ「SSD Turbo Boost」(無償ダウンロード権)が付属する。

「CrystalDiskInfo 6.7.5」の結果。型番にはCFDの製品番号ではなく、東芝の製品番号が表示される。またNCQ、TRIM以外に、S.M.A.R.T.、APM、DevSleepに対応していることが確認できた

次は...  傷が目立たないサンドブラッシュ仕上げのアルミニウム筐体を採用

1 2 3 4

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us