エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.478

GTX 970 SLI環境による高負荷テストで実証する、高効率電源ユニットENERMAX「ERX650AWT」の実力

2016.03.09 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

傷や摩耗に強いマットブラック筐体。奥行は一般的な160mm

続いて、パッケージから製品を取り出し、外観スタイルをチェックしていくことにしよう。筐体は、傷や摩耗が目立たないマットブラック塗装で、奥行はATX電源ユニットでは一般的な160mm。ただし、筐体からモジュラーコネクタがせり出しているため、余裕を持って180mmは欲しいところ。

重厚感のあるマットブラック塗装を採用。ファンガードには「ENERMAX」のエンブレムがデザインされている
天板部にはスペックシートが貼り付け。各種出力もこちらで確認することができる
PCI-Express補助電源やストレージ用電源コネクタはモジュラーケーブルを採用。コネクタには大型のラッチが実装され着脱は容易に行える
筐体カバーは4本のネジで固定。内1本には封印用のシールが貼り付けられている

必要なものだけを接続するセミモジュラーケーブル

ATX 20+4pinとCPU 4+4pinを直結、それ以外を着脱式にしたセミモジュラー式を採用する「ERX650AWT」。コネクタはATX 20+4pin×1、CPU 4+4pin×1、PCI-Express 6+2pin×4、SATA電源コネクタ×8、ペリフェラル電源コネクタ×4、FDD電源コネクタ×1が用意され、このクラスの電源ユニットが想定しているシステムで不足することはないだろう。

PCI-Express 6+2pinコネクタを2個搭載するモジュラーケーブルは2本付属され、2-Wayまでのマルチグラフィックスに対応 SATA電源ケーブルには4本のコネクタを搭載。合計8台までのストレージに電源を供給できる
FDDと4pinペリフェラル×4を搭載したモジュラーケーブルも1本付属する
totop