エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.478

GTX 970 SLI環境による高負荷テストで実証する、高効率電源ユニットENERMAX「ERX650AWT」の実力

2016.03.09 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

出力650Wの「Revolution-X’t II」シリーズ上位モデル「ERX650AWT」

650W出力の「Revolution-X’t II」シリーズ上位モデル「ERX650AWT」。ピーク時には最高715Wまで対応する

今回取り上げる「ERX650AWT」は、容量650Wの「Revolution-X’t II」シリーズ上位モデル。電源ユニットで重要な+12V出力はシングルレーン設計の53A出力で、ハイエンドグラフィックスカードによるマルチグラフィックスに対応。省電力機能は、待機電力0.5W以下が要求されるErP(Energy-related Products)Lot 6 2013と、Haswell以降で追加された最小電流値0.05AのC6/C7ステート省電力マネジメントをサポートし、最新プラットフォームでも安心して使用できる。

ケーブルは主要なもののみを直結したセミモジュラー式。+12Vはシングルレーン設計のため、接続系統を分ける必要はない

ケーブルは主要ケーブルのみを直結したセミモジュラー式で、すべてのケーブルに取り回しが容易な柔らかいフラットケーブルを採用する。また保護回路は、過電流保護(OCP 3.3V / 5V)、過電圧保護(OVP)、過負荷保護(OPP)、ショート回路保護(SCP)、サージ突入電流保護(SIP)の5系統を備え、力率を改善するActivePFC回路も標準装備。外形寸法は、W150×D160×H86mm、重量は1.8kgで、MTBFは100,000時間。なお5年間の長期保証が提供されるのも品質を重視するユーザーには大きなポイントになるだろう。

黒を基調にしたパッケージ。サイズはW255×D98×H235mmで、総重量は約2.6kg パッケージ裏面には独自機能や各系統の最大出力が記載されている
製品には、2pin電源ケーブル、ケーブルタイ、ケース固定用ネジ、エンブレムシールなどが付属する


totop