エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.462

これで全てが分かる。Thermaltake「Core P5」徹底検証

2015.12.19 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

6本のハンドスクリューで固定されたサイドパネル

シャーシから取り外したサイドパネルをチェックしてみよう。内部アクセスには取り外す必要がある巨大な1枚板は、シャーシ同様にスチール製。中央には複数の穴が設けられている。さらに側面縦列には巨大な通気口を用意。出荷時には内部にマグネット着脱式の巨大フィルタが仮置きされており、組み込み後はメンテナンス性を考慮して、外側から通気口全体をカバーするように装着して使用する。

サイドパネルに設けられた長方形の通気口には、同サイズの防塵フィルタを装備。流行のマグネット着脱式で、付着したホコリを簡単に除去する事ができる

四隅に固定するねじ込み式の支柱

シャーシ正面の四隅の穴に固定する支柱は、直径約19mmで、表面は鏡面仕上げ。シャーシ側には予めねじ込まれている専用のビスを使い、シャーシ内部より固定する。なお支柱の固定作業は、組み込みが完了した後に行うため、ここはあくまでも装着テストである事を付け加えておこう。

4本の支柱は、それぞれ大切に防錆紙に巻かれた状態で茶箱に収められている
シャーシ四隅に支柱を取り付けた状態。ビスは太く、見た目以上にしっかりと固定できる。なお支柱1本あたりの重量は実測で437gだった

5mm厚の透明アクリルパネル

四隅の支柱に固定するのが、シャーシ正面全体をカバーするアクリルパネルだ。「魅せるPC」がコンセプトだけに、パネルは無色透明。シャーシ平面に固定した構成パーツ全てが丸見えの状態になる。基本設計がオープンフレームタイプだけあって、側面を覆うものはなく、通気性は抜群だが防塵対策には気を遣う事になるだろう。

出荷時は保護シートが貼り付けられている5mm厚のアクリルパネル。四隅の角が丸く加工されているのは、デザインだけでなく製造物責任法(PL法)対策という側面もある
四隅の穴に支柱を固定すると、「Core P5」の外観はほぼ完成。自作PCに全く興味がない人がみれば、さしずめ季節柄暖房器具に思えるかもしれない
totop