エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
エプソン、スリム型ビジネス向けPC「Endeavor ST180E」2機種リリース
スナドラ820&6GBメモリに128GBストレージ搭載で約7万円。ZTEの新フラッグシップスマホ「AXON 7」
HTC、カメラ機能を強化した先代フラッグシップスマホの改良版「HTC One M9+ Prime Camera Edition」
PowerColorから登場。ノートPCにGTX TITAN Xを増設できる、Thunderbolt 3接続の外付けボックス「DEVIL BOX」
【COMPUTEX】”アレ”に似ているGIGABYTEのデスクトップ版GTX 970装備のゲーミングベアボーン
【COMPUTEX】GIGABYTE、デスクトップ向けGeForce GTX 950搭載の新型BRIXシリーズを展示
【COMPUTEX】内部配線不要。モジュラー式で拡張できるCube型PC、ASUS「ROG AVALON」
【ギークの殿堂 Vol.016】モバイルできるGPU搭載のゲーミングノート「Alienware 13」が欲しかった!
5月30日(月)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
【COMPUTEX】GeForce GTX 1080をぶち込んだ外付けBOX、ASUS「ROG XG Station 2」

HOTNEWS
● これで全てが分かる。Antec「P9」徹底解説
● Premium-Lineシリーズの最強コンパクトPC「Sycom Premium-Line H170FD-MINI」の魅力に迫る
● 奥行き100mmに機能と信頼性が凝縮。CORSAIRが放つ、洗練された最高峰のSFX電源「SF600」
● TLC NAND SSDの大本命、PLEXTOR「M7V」シリーズ徹底検証
● 秋葉原PCパーツ系 & モバイル系STAFFに聞きました。「Windows 10にしましたか?」


1これで全てが分かる。Antec「P9」徹底解説
2Premium-Lineシリーズの最強コンパクトPC「Sycom Premium-Line H170FD-MINI」の魅力に迫る
3「直前にガッカリ、、、」(5/25) ・・・複数ショップ店員談
4「10コア、買ってくれる人いますかね」(5/27) ・・・某ショップ店員談
5奥行き100mmに機能と信頼性が凝縮。CORSAIRが放つ、洗練された最高峰のSFX電源「SF600」

Home > レビュー > 撮って出し
Windows 10搭載。ファンレス仕様の小型・省電力PC ECS「LIVA X 2」を試す
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.434

Windows 10搭載。ファンレス仕様の小型・省電力PC ECS「LIVA X 2」を試す


2015年8月25日
TEXT:GDM編集部 Tawashi / 池西 樹
RSS
 小型で省電力、なにより安価な販売価格が魅力のElitegrpup Computer Systems(ECS 本社:台湾)製デスクトップPC「LIVA」。デビュー以来の快進撃は誰もが知るところだが、先日行われたメディア向け新製品発表会では、スペックや外観デザインを一新、さらにWindows 10 Homeがプリインストールされた「LIVA X 2」の国内販売が、国内正規代理店の株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)より発表された。
 今回のエルミタ的速攻撮って出しレビューでは、未発売のサンプルをいち早く入手。新たに生まれ変わった最新“手のひらPC”のパフォーマンスをじっくりと検証していこう。

Windows 10 Home搭載の最新モデル「LIVA X 2」

ECS「LIVA X 2」(型番:LIVAX2-2/32-W10)
売価税抜25,800円前後
製品情報(リンクスインターナショナル

手のひらに乗るコンパクトなサイズと、安価な価格設定で人気のECS製「LIVA」。今や、Intelの「NUC」やGIGABYTEの「BRIX」と並び、小型PC(ベアボーンを含む)市場を牽引する存在となっている。
 そんな中登場した今回の主役「LIVA X 2」は、「LIVA」「LIVA X」に続くシリーズ最新モデル。CPUにはBraswell世代のCeleronを採用。さらにOSには先日デビューしたばかりのWindows 10 Homeがプリインストールされ、購入後すぐに最新のWindows環境が利用できる。

新作「LIVA」はデザインも一新。これまでのシンプルなボックス型筺体から、丸みを帯びた曲面的なボディを採用。リビング用途を意識しつつ、ビジネスシーンでも違和感がない。もちろんSoC、メモリ、ストレージ、ネットワークアダプタなど、基本動作に必要なものを全て揃え、入出力デバイスのみを用意するだけという手軽さは従来通りだ。

Braswell世代のCeleronを採用。M.2スロット装備でストレージ強化

それでは「LIVA X 2」(型番:LIVAX2-2/32-W10)のスペックを確認していこう。プロセッサはBraswell世代の省電力SoC「Celeron N3050」(2コア / 2スレッド / 定格1.6GHz / ブースト時2.16GHz / キャッシュ2MB / TDP6W / SDP4W)で、メモリはDDR3L 2GB、ストレージは32GBのeMMCを搭載。また最大1TBのSSDに対応したM.2スロットも用意されるため、ストレージ強化も可能だ。

「LIVA」シリーズの弱点だった高速ストレージ問題を克服すべく、最大1TBのSSDに対応したM.2スロットを搭載

ネットワークは、ギガビット有線LAN(Realtek/RTL8111H)、IEEE 802.11ac / a / b / g / n無線LAN、Bluetooth 4.0に対応。インターフェイスはUSB3.0×3(内1基は充電対応ポート)、オーディオジャック×1(音声出力/マイクインコンボジャック)。ディスプレイ出力はHDMI×1、D-Subを備え、オンボードグラフィックスによるデュアルディスプレイに対応。加えて、HDMIでは4K解像度(3,840×2,160ドット@30Hz)の高精細表示も可能だ。また2系統のマイクをフロントに備えることでCortanaもサポートする。

外形寸法はW156×D83×H51mmとなり、従来モデル「LIVA X」(W135×D83×H40mm)に比べやや大きくなったが、重量は590gと軽量。電源はACアダプタを使用する。

「LIVA X 2」のラインナップは、今回検証するメモリ2GB/eMMC 32GBの「LIVAX2-2/32-W10」の他、メモリ2GB/eMMC 64GB版の「LIVAX2-2/64-W10」(売価税抜29,800円前後)、メモリ4GB/eMMC 64GB版の「LIVAX2-4/64-W10」(売価税抜33,800円前後)。さらに上位モデルとして「Core M-5Y10c」を搭載する「LIVA Core」(型番:LIVA Core 4G)も用意されている。

Core M-5Y10cを採用する上位モデル「LIVA Core」。天板にはアクリルウィンドウが実装され、内部のヒートシンクが確認できる
発売は9月下旬頃。売価税抜49,800円前後に設定されている
次は...  外観やインターフェイス類を確認していく

1 2 3 4 5

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2016 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us