エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
ドスパラ、Mini-STX採用の小型PC自作キット「パーツの犬モデル107」
ドスパラ、Atom x5-Z8350を搭載するWindows 10タブレットPC計4モデル発売
上海問屋、左右クリックボタン反転の左利き専用光学式マウス発売開始
12個のサムボタンを搭載するゲーミングレーザーマウスが上海問屋から発売
ドスパラのスティック型PC「DG-STK3 / DG-STK4S」にWindows 10 Proモデルが登場
狭額縁デザインの27型フルHDワイド液晶、プリンストン「PTFBLT-27W/PTFWLT-27W」
長尾製作所、手のひらサイズに収納できる超コンパクトなマグネット式ヘッドホンスタンド発売
エルミタ週間アクセスランキング(9月18日~9月24日)
容量わずか1.3リットルのSkylake対応ベアボーン、Shuttle「DH110 SE」
最大10桁のパス入力とAES 256bitハードウェア暗号化に対応、CORSAIRのセキュアUSBメモリ「Padlock 3」

HOTNEWS
● HHKB級の超小型サイズで分離型。夢がつまったフリースタイルキーボード「Barocco」を試す
● 徹底検証で判明。Intel初のコンシューマー向けNVMe SSD「600p」シリーズの実力と気になる点
● これで全てが分かる。EVGA「DG-87」徹底解説
● NVMe SSD待望の新モデル、PLEXTOR「M8Pe」シリーズ徹底検証
● Broadwell-Eの魅力すべてを引き出す中堅ゲーミングマザー MSI「X99A TOMAHAWK」


1これで全てが分かる。EVGA「DG-87」徹底解説
2徹底検証で判明。Intel初のコンシューマー向けNVMe SSD「600p」シリーズの実力と気になる点
3HHKB級の超小型サイズで分離型。夢がつまったフリースタイルキーボード「Barocco」を試す
4NVMe SSD待望の新モデル、PLEXTOR「M8Pe」シリーズ徹底検証
5これで全てが分かる。Fractal Design「Define R5」徹底解説

Home > レビュー > 撮って出し
Windows 10搭載。ファンレス仕様の小型・省電力PC ECS「LIVA X 2」を試す
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.434

Windows 10搭載。ファンレス仕様の小型・省電力PC ECS「LIVA X 2」を試す


2015年8月25日
TEXT:GDM編集部 Tawashi / 池西 樹
RSS
 小型で省電力、なにより安価な販売価格が魅力のElitegrpup Computer Systems(ECS 本社:台湾)製デスクトップPC「LIVA」。デビュー以来の快進撃は誰もが知るところだが、先日行われたメディア向け新製品発表会では、スペックや外観デザインを一新、さらにWindows 10 Homeがプリインストールされた「LIVA X 2」の国内販売が、国内正規代理店の株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)より発表された。
 今回のエルミタ的速攻撮って出しレビューでは、未発売のサンプルをいち早く入手。新たに生まれ変わった最新“手のひらPC”のパフォーマンスをじっくりと検証していこう。

Windows 10 Home搭載の最新モデル「LIVA X 2」

ECS「LIVA X 2」(型番:LIVAX2-2/32-W10)
売価税抜25,800円前後
製品情報(リンクスインターナショナル

手のひらに乗るコンパクトなサイズと、安価な価格設定で人気のECS製「LIVA」。今や、Intelの「NUC」やGIGABYTEの「BRIX」と並び、小型PC(ベアボーンを含む)市場を牽引する存在となっている。
 そんな中登場した今回の主役「LIVA X 2」は、「LIVA」「LIVA X」に続くシリーズ最新モデル。CPUにはBraswell世代のCeleronを採用。さらにOSには先日デビューしたばかりのWindows 10 Homeがプリインストールされ、購入後すぐに最新のWindows環境が利用できる。

新作「LIVA」はデザインも一新。これまでのシンプルなボックス型筺体から、丸みを帯びた曲面的なボディを採用。リビング用途を意識しつつ、ビジネスシーンでも違和感がない。もちろんSoC、メモリ、ストレージ、ネットワークアダプタなど、基本動作に必要なものを全て揃え、入出力デバイスのみを用意するだけという手軽さは従来通りだ。

Braswell世代のCeleronを採用。M.2スロット装備でストレージ強化

それでは「LIVA X 2」(型番:LIVAX2-2/32-W10)のスペックを確認していこう。プロセッサはBraswell世代の省電力SoC「Celeron N3050」(2コア / 2スレッド / 定格1.6GHz / ブースト時2.16GHz / キャッシュ2MB / TDP6W / SDP4W)で、メモリはDDR3L 2GB、ストレージは32GBのeMMCを搭載。また最大1TBのSSDに対応したM.2スロットも用意されるため、ストレージ強化も可能だ。

「LIVA」シリーズの弱点だった高速ストレージ問題を克服すべく、最大1TBのSSDに対応したM.2スロットを搭載

ネットワークは、ギガビット有線LAN(Realtek/RTL8111H)、IEEE 802.11ac / a / b / g / n無線LAN、Bluetooth 4.0に対応。インターフェイスはUSB3.0×3(内1基は充電対応ポート)、オーディオジャック×1(音声出力/マイクインコンボジャック)。ディスプレイ出力はHDMI×1、D-Subを備え、オンボードグラフィックスによるデュアルディスプレイに対応。加えて、HDMIでは4K解像度(3,840×2,160ドット@30Hz)の高精細表示も可能だ。また2系統のマイクをフロントに備えることでCortanaもサポートする。

外形寸法はW156×D83×H51mmとなり、従来モデル「LIVA X」(W135×D83×H40mm)に比べやや大きくなったが、重量は590gと軽量。電源はACアダプタを使用する。

「LIVA X 2」のラインナップは、今回検証するメモリ2GB/eMMC 32GBの「LIVAX2-2/32-W10」の他、メモリ2GB/eMMC 64GB版の「LIVAX2-2/64-W10」(売価税抜29,800円前後)、メモリ4GB/eMMC 64GB版の「LIVAX2-4/64-W10」(売価税抜33,800円前後)。さらに上位モデルとして「Core M-5Y10c」を搭載する「LIVA Core」(型番:LIVA Core 4G)も用意されている。

Core M-5Y10cを採用する上位モデル「LIVA Core」。天板にはアクリルウィンドウが実装され、内部のヒートシンクが確認できる
発売は9月下旬頃。売価税抜49,800円前後に設定されている
次は...  外観やインターフェイス類を確認していく

1 2 3 4 5

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2016 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us