エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
【COMPUTEX】内部配線不要。モジュラー式で拡張できるCube型PC、ASUS「ROG AVALON」
【ギークの殿堂 Vol.016】モバイルできるGPU搭載のゲーミングノート「Alienware 13」が欲しかった!
5月30日(月)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
【COMPUTEX】GeForce GTX 1080をぶち込んだ外付けBOX、ASUS「ROG XG Station 2」
【COMPUTEX】ASUS新型スマホ「ZenFone 3」発表。最上位はスナドラ820&6GBメモリ搭載、6.8インチの大画面版も
シンプルな2軸機構の低価格スマホ用スタビライザーがサンコーから
総勢16名のプロゲーマーと対決!「DETONATOR Fan Meeting Powered by Sycom」が6月12日(日)にアキバで開催
マウスG-Tune、VR向けゲーミングPC 3機種。ハンドル付きで持ち運びに特化したミニPCなど
PATRIOT、MLC NAND+Phison S10を搭載した大容量2TBモデル「2TB Ignite SSD」リリース
LEDライティングで魅せる、チェッカーフラッグデザインのIntel B150マザー「B150GT3」がBIOSTARから

HOTNEWS
● これで全てが分かる。Antec「P9」徹底解説
● Premium-Lineシリーズの最強コンパクトPC「Sycom Premium-Line H170FD-MINI」の魅力に迫る
● 奥行き100mmに機能と信頼性が凝縮。CORSAIRが放つ、洗練された最高峰のSFX電源「SF600」
● TLC NAND SSDの大本命、PLEXTOR「M7V」シリーズ徹底検証
● 秋葉原PCパーツ系 & モバイル系STAFFに聞きました。「Windows 10にしましたか?」


1これで全てが分かる。Antec「P9」徹底解説
2Premium-Lineシリーズの最強コンパクトPC「Sycom Premium-Line H170FD-MINI」の魅力に迫る
3奥行き100mmに機能と信頼性が凝縮。CORSAIRが放つ、洗練された最高峰のSFX電源「SF600」
4「直前にガッカリ、、、」(5/25) ・・・複数ショップ店員談
5TLC NAND SSDの大本命、PLEXTOR「M7V」シリーズ徹底検証

Home > レビュー > 撮って出し
使い勝手を極めた“手のひらPC”の新解答、軽快なるASRock「Beebox」の魅力
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.431

使い勝手を極めた“手のひらPC”の新解答、軽快なるASRock「Beebox」の魅力


2015年8月8日
TEXT:GDM編集部 絵踏 一
RSS
 IntelのNUCが切り開いた超小型PCプラットフォームも今や激戦区、メーカー各社から優れた看板モデルが続々リリースされている。そしてそのドアを新たにノックしようという存在が、このほどASRock Incorporation(本社:台湾)から登場。今回取り上げるのは、「COMPUTEX」にて披露され、今月から販売が始まった同社初の超小型ベアボーン「Beebox」だ。軽快さが身上ながら侮れないパフォーマンス、ASRock流“手のひらPC”の完成度をいざ検証といこう。
ASRock「Beebox」(Beebox N3000/W/BB) 市場想定売価税抜16,980円
製品情報(ASRock Incorporation

軽快な“蜂”をイメージした超小型PC「Beebox」

ASRockから同社初となる超小型PC「Beebox」が発表されたのは、6月の「COMPUTEX TAIPEI 2015」だった。プロセッサにBraswell世代のN3000シリーズを搭載するエントリークラスのマシンながら、メモリアクセスをデュアルチャンネル化することで4K動画再生にも対応。“小さく・軽く・速い”という軽快さ極まる特長から、「蜂」をイメージしたモデル名が採用されている。言わずもがな、ASRockがIntelのNUC対抗として開発したPCだ。

6月に「COMPUTEX」にて披露された、ASRock初の超小型PC「Beebox」。製品イメージから連想される、“蜂”に由来して名付けられた

後発の立場を活かした新機軸が盛り込まれているのも特長で、フロントにはNUC準拠モデルとしてUSB3.0 Type-Cコネクタを初搭載。ギガビットLANとIEEE 802.11ac無線LANのデュアルネットワークを実装するほか、Bluetooth 4.0対応とワイヤレス環境も万全だ。HDMI×2とDisplayPort×1の3系統による、トリプルディスプレイ出力もサポート。家庭におけるHTPCからオフィスPC、デジタルサイネージに至るまで、リッチなインターフェイスで幅広いニーズに応えることができる。

Braswell世代のCeleron搭載、デュアルストレージも構築できるベアボーン

それではここで「Beebox」のスペックを確認しておこう。プロセッサは前述の通りBraswell世代のN3000シリーズを採用。省電力なCeleron N3000(2コア/定格1.04GHz/バースト時2.08GHz/L2キャッシュ2MB/TDP4W/SDP3W)と、Celeron N3150(4コア/定格1.60GHz/バースト時2.08GHz/L2キャッシュ2MB/TDP6W/SDP4W)を搭載する高性能モデル、プロセッサ別に2タイプをラインナップする。

メモリスロットは最大1,600MHz動作のDDR3 SO-DIMM×2(最大16GB)を備え、ストレージはmSATA×1と2.5インチSATA3.0×1に対応。余裕のデュアルドライブ構成を組み込むことができる。「Beebox」はファンレス駆動のため、SSDのみを搭載することで無音のゼロスピンドルマシンを構築可能だ。

コンパクトながら拡張性も確保された、Braswell搭載ベアボーン。カラーはブラックとホワイトに加え、グローバルではゴールドモデル(OS非搭載の完成型)もラインナップしている

なお国内向けの展開は見送られたものの、ベアボーンキット以外に完成型PCモデルもラインナップ。メモリ2GB+32GB eMMCを搭載したWindows 10 Homeモデルと、メモリ4GB+mSATA 128GBを搭載したOSなしモデルがグローバル向けにリリース済みだ。買ってすぐ使えるWindows 10モデルは、国内市場でも一定の需要がありそうな気がするが、どんなものだろう。

次は...  内容量0.6リットルのコンパクトボディ

1 2 3 4 5 6

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2016 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us