エルミタ的「編集部で使ってみた」

マザーボードの状態をリアルタイムにチェックできる、上海問屋の格安テスターを試してみた

2015.07.28 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 今回のエルミタ的「編集部で使ってみた」で取り上げるのは、株式会社ドスパラ(本社:東京都千代田区)が運営する上海問屋から発売されたマザーボードテスター「DN-12715」。税込約2,000円という価格は魅力ながら、対応チップが古めなこと、さらにノークレーム・ノーサポートの上級者向け製品ということで、気にはなりつつ躊躇している人もいるのではないだろうか。そこで今回はサンプル品を借り受け、動作検証してみることにした。
上海問屋「DN-12715」(発売中)
直販価格税込1,999円(製品情報

POSTコードをリアルタイムに表示できるマザーボードテスター

上海問屋から先日発売された「DN-12715」は、デスクトップPCのPCIスロット、またはノートPCのminiPCI-Express/miniPCIスロットを経由して、マザーボードのPOST状態をリアルタイムにチェックできるマザーボードテスター。エルミタの「Press release」枠でも多くのアクセスを集めており、注目度はかなり高い。

「DN-12715」を使えば拡張スロットを経由して、マザーボードのPOSTコードなどをリアルタイムに確認可能。ちなみにメイン基板の液晶とサブ液晶には同じ内容が表示される

「DN-12715」は、液晶パネルを搭載したPCIスロット用メイン基板の他、miniPCI-Express/miniPCI対応基板と、サブ液晶ディスプレイで構成され、それぞれ付属のフラットケーブルで接続できる。またメイン基板上には「MENU」「ENTER」「UP」「DOWN」の4つの操作ボタンが実装され、デバッグモードやBIOSの種類を接続機器に合わせて選択可能。さらに「3.3V」「CLK」「RESET」「FRAME」「IRDY」「SYSCLK」の6個のLEDインジケーターにより、スロットの状態や信号についてもリアルタイムに判断できる。

ノークレーム・ノーサポートながら店頭での売れ行きは好調とのこと。初回入荷数は少なめということで、購入を検討しているなら早めに決断したほうがいいだろう

対応BIOSは「AMI 6.0/AWARD 6.0/Phoenix 6.0」の3種で、正式対応チップセットは、Intel 815 / 845 / 865 / 915 / 945 / 965、ATI SB600 / ATI Express200 / ATI Express1100、AMD 480Xとかなり古め。ただし簡易マニュアルには、LGA1156やLGA1366マザーボードでの動作確認も謳われており、比較的汎用性は高そうだ。とは言え、この製品はノークレーム・ノーサポートが前提の「上海道場」の中でも最高クラス「7段」認定モデル。使い方や対応製品については、実際に試してみるのが一番だろう。

白いダンボール箱にシールが貼り付けられただけのシンプルなパッケージ。サイズは110×110×37mmのコンパクトサイズ 付属品はPCIスロット用メイン基板、miniPCI-Express/miniPCIデュアルスロット対応基板、サブ液晶ディスプレイ、接続用リボンケーブル×2、簡易マニュアル
マニュアルにはIntel X58 ExpressやIntel P55 Expressマザーボードでの動作確認も謳われている
totop