エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.419

これで全てが分かる。Antec「S10」徹底解説

2015.06.20 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

実際に組み込んで分かったこと

ここまでAntec最上位PCケース「S10」の外観から内部構造まで、チェックはすべて完了した。そこでここからは実際に構成パーツを組み込みながら、気になったことや周辺空きスペース、さらに組み込まなければ分からない事などを解説していこう。

3.5インチHDDと2.5インチSSD搭載方法

「S10」のストレージ搭載は、全てツールフリーで簡単に行う事ができる。3.5インチHDDは「フロントHDDチャンバ」内に合計6台が搭載可能。付属品のプラスチック製「3.5インチ用ドライブレール」には4つの突起があり、3.5インチHDDの側面ネジ穴にセット。これをシャドウベイの専用ドライブレールへ垂直に挿入し、「スイングオープンドア」を締めれば作業は完了する。

予め3.5インチHDDに「3.5インチ用ドライブレール」をセットする。完全ツールフリー仕様だけに、ネジや工具類は一切使用しない
拍子抜けするほど簡単に装着は完了。見た目以上にしっかりと固定する事ができる

次に2.5インチSSDを搭載してみよう。シャドウベイは3.5インチHDDと共存の「フロントHDDチャンバ」内に3台、「ボトムPSUチャンバ」内に5台の合計8台が搭載可能。長年ストレージの主役だった3.5インチHDDよりも、搭載可能台数を上回る格納スペースが用意されている。
 搭載方法は3.5インチHDDとは異なり、トレイは使用しない。「フロントHDDチャンバ」内は3.5インチHDD同様、ドライブレールへ垂直に挿入。「ボトムPSUチャンバ」は水平状態で挿入し、細身の「スイングオープンドア」をロックすれば固定は完了する。

SSDは駆動振動が発生しないため、3.5インチHDD用に装着済みのシリコンガイドはない

CPUクーラー搭載スペース

ここでCPUクーラーの搭載スペースを計測しておこう。近頃のハイエンド系PCケースは、水冷構成にシフトした設計や製品アピールが盛んに行われている。とはいえ空冷ユーザーは根強く、趣向を凝らした大型サイドフロータイプや、隣接するメモリスロットに干渉しないナロータイプなど、多くの選択肢が店頭に並んでいる。
 肝心の搭載スペースだが、公称最大165mmとされている。CPUが搭載されていない状態での実測で170mm程度だけに、ここは額面通り160mmクラスまでに留めておきたい。

フルタワーPCケースとしてはスリムな部類だけに、CPUクーラーは高さ165mm以下のモデルをチョイスしよう
totop