エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.419

これで全てが分かる。Antec「S10」徹底解説

2015.06.20 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

3pinコネクタ×10口実装の電源分配ボード

マザーボードトレイ背面に固定されている基板は、「電源分配ボード」だ。3pinコネクタ仕様の冷却ファン、最大10基に一括して電源供給を行う事が可能。定格動作に限られるものの、マザーボード上のコネクタ不足に悩まされる事は無いだろう。ケーブルマネジメントの観点からも有利と言える。なお電源供給用に、4pinペリフェラル電源コネクタを1つ接続する必要がある。

CPUクーラーメンテナンスホール左に固定された「電源分配ボード」。大型PCケースでは冷却ファンの搭載可能数も多く、コネクタ不足に陥りがち。これを解消する便利な装備品だ

「S10」の防塵対策

高エアフローPCケースだけあって、防塵対策にもぬかりはない。ここでは計3カ所に装備された、防塵フィルタの全てをチェックしてみよう。なお標準装備される防塵フィルタは全て水洗いに対応。付着したホコリやちりをジャブジャブ洗い流す事ができる。

近頃のPCケースでは、優れた防塵対策をアピールするモデルが多い。「S10」も例に漏れず、鉄壁なホコリ侵入対策が施されている
「メインM/Bチャンバ」の3連120mm口径ファンを外すと、大判の防塵フィルタが姿を現す 防塵フィルタは下部にあるストッパー(タブ)をリリースする事でスライド着脱が可能
「フロントHDDチャンバ」最上部にもストレージ格納エリアをカバーする防塵フィルタを装備。着脱は左サイドからのアクセス こちらは電源ユニット搭載スペース下部。後方スライド着脱式を採用した

圧巻の10段仕様の拡張スロット

一般的なミドルタワーPCケースの場合、拡張スロットは7段~8段程度。しかしフルタワーPCケースの「S10」では、全10段の拡張スロットが装備されている。これは4-wayマルチグラフィックスへの対応を意味するもので、ハイエンド志向が強いプロダクトであることを窺わせる部分だ。

全10段装備となる拡張スロットのブラケットはブラック塗装。いずれもハンドスクリューで固定されており、ドライバを使ってのネジ留めも可能

奥行き200mmまでの電源ユニット搭載スペース

ボトムマウントの電源ユニットはオプション扱い。ATX準拠の電源ユニットは、奥行き200mmまでがサポートされている。またマウントエリアには、重量級の電源ユニットを支えるスポンジ素材のクッションマウントを装備。共振を嫌い、極力シャーシには触れないように搭載できるよう配慮されている。

電源ユニット搭載エリアには、2つのクッションマウントが確認できる。奥行き最大200mmまでのスペースが割り当てられているが、あまったケーブルの置き場も考慮しておきたい
totop