エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
4月25日(火)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
防水・防塵や外音取り込み機能を備えた、スポーツ仕様のヘッドホン一体型ウォークマン「WS620」シリーズ
スマホに繋ぐだけで使える「スマホでどこでもカラオケマイク」がサンコーから
iiyamaPC、「CLIP STUDIO PAINT」推奨のマンガ・イラスト制作向け17.3型ノートPC発売
ユーザー待望。Ryzen初のMini-ITXマザーボードBIOSTAR「X370GTN」の予約受付開始
スピードや回転数を表示できるOBD2対応ヘッドアップディスプレイが上海問屋から
Akasa、Kaby Lake版NUCに対応するファンレスアルミニウムケース「Newton S7」
USB機器のトラブルを自動的に解消する4ポートハブ、センチュリー「USB ReTRYHUB」4月下旬発売
デュアル10G LANとクアッドコアCPU搭載のハイエンドNAS、QNAP「TS-x31XU」シリーズ
EK、ASUSのハイエンドRyzenマザー「ROG CROSSHAIR VI HERO」対応のウォーターブロックを発売

HOTNEWS
● この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
● 機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」
● 税込2,980円のヒートシンク付きM.2変換カード、ファスト「ST-M2PCE4X」検証
● 特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す
● Ryzenのベストパートナーを探せ。Thermaltake「Contac Silent 12」検証


1この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
2まさかの村田製作所が製造。これ以上ない超弩級の鉄壁電源、Cooler Master「MasterWatt Maker 1200 MIJ」
3機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」
4特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す
5これで全てが分かる。Fractal Design「Define R5」徹底解説

Home > レビュー > 撮って出し
費用対効果抜群。東芝グループのOCZ製SSD「ARC 100」でオールドノートPCを復活させる
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.411

費用対効果抜群。東芝グループのOCZ製SSD「ARC 100」でオールドノートPCを復活させる


2015年5月2日
TEXT:GDM編集部 池西 樹
RSS
 CPUやメモリ、グラフィックスカードなど、PCの性能を決定づける要因は様々あるが、その中でも最もボトルネックとなりやすいのがストレージ周りだ。その他のコンポーネントに比べて、元々の転送速度が遅く、長期間使用における劣化も激しいことから、ドライブ交換だけで体感速度が劇的に改善されることもしばしば。特に、ランダムアクセスが高速なSSDへの換装は費用対効果に優れる方法と言える。
 そこで今回は、OCZ Storage Solutions(本社:アメリカ カリフォルニア州)のエントリー向けSSD OCZ「ARC 100」シリーズを使い、近頃反応が鈍くなったオールドノートPCの強化を敢行することにした。低価格で手軽にアップグレードができるSSDに換装する事で、どこまでパフォーマンスが改善できるのか。じっくりと検証していくことにしよう。
OCZ「ARC 100」シリーズ 「ARC100-25SAT3-480G」(480GB)
製品情報(OCZ Storage Solutions/株式会社アスク

恒例のCOMPUTEX TAIPEI間近。訪台目前にノートPCの「SSD化」を敢行

昨年訪台した際の作業環境。パフォーマンス不足で作業中にストレスを感じることもあったことから、今年はSSDの導入に踏み切ることにした

アジア最大級のPC関連イベント「COMPUTEX TAIPEI」の開催まで後約1ヶ月。今年もエルミタ編集部は現地入りし、例年通りさまざまなニュースをお伝えしていく予定だ。とは言え、長時間の取材に加え、普段とは違うPC環境もあり、毎年その作業に苦戦している筆者としては、多少なりとも憂いを解消しておきたいところ。特に普段使っているデスクトップPCのSSDによる高速レスポンスに一度慣れてしまうと、HDDを搭載したノートPCのモタツキはとてもストレスとなる。そこで今年はコレまでの反省を踏まえ、訪台前にノートPCへのSSD導入に踏み切ることにした。
 そもそもSSDは長期間の使用でもパフォーマンス低下が少ないことから、デスクトップPCのような頻繁なアップグレードが難しい、ノートPCの換装用途にはまさにうってつけである事は言うまでもない。さらに低消費電力から「理論上」、バッテリ駆動時間の延長も期待できる。旧型ノートPCへの換装は、大いなるメリットを秘めているのだ。

東芝のグループ会社だからできる、コストパフォーマンスモデル。OCZ「ARC 100」シリーズ

今回換装するノートPCの標準ストレージは500GB HDD。そこで換装用のSSDも500GBクラスは必須となる。また内部設計の問題で転送速度がSATA2.0(3Gbps)相当に制限されることから、交換用SSDは性能よりもコストを重視して選択することにした。
 そこで今回、それらの要件を満たすモデルとして、OCZのエントリー向けSSD「ARC 100」シリーズの480GBモデル「ARC-25SAT3-480G」を選んだ。

エントリー向けに位置づけられる「ARC 100」シリーズだが、SATA2.0(3Gbps)の帯域幅制限を遥かに超えるパフォーマンスを実現している
金属製の頑強筐体により、衝撃に強い点も持ち運びの多いノートPCでは大きな評価ポイントとなっている

昨年9月の発売から約9ヶ月がたち、販売価格は31,000円前後から20,000円前後へと最廉価クラス価格帯に改訂。さらにOCZは東芝の子会社である強みを生かし、エントリーモデルながら定評のある東芝製NANDフラッシュを採用。低価格モデルにありがちな品質面の不安はない。このように市場に数多ある選択肢の中でも、ひときわコストパフォーマンスの高い「ARC 100」シリーズは、現状最良のチョイスと言えるだろう。

OCZ製SSDの強みはなんといってもブランド力だ。これまで「Vertex」シリーズや「Vector」シリーズがSSD市場を牽引。2014年に東芝のグループ企業になった事で、”OCZ&東芝”の強力なタッグが誕生。パフォーマンスと品質面の信頼性は群を抜く

コントローラはインハウスIC「Barefoot 3 M10」で、NANDフラッシュには「東芝製A19nm MLC NAND」を採用。480GBモデルの公称スペックは、シーケンシャル読込最高480MB/sec、書込最高450MB/sec、ランダム読込最高75,000 IOPS、書込最高80,000 IOPSで、SATA2.0(3Gbps)の限界を上回る性能を発揮。さらにMTBF200万時間、書込量20GB/dayという耐久性・信頼性を備えており、エントリーモデルながら品質面への不安もない。なおOCZ「ARC 100」シリーズのパフォーマンスについては、「エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.348」にて詳細検証をお届けしているため、合わせて参照いただきたい。


次は...  訪台時の相棒ASUS「K53TA」のスペック紹介

1 2 3 4 5 6

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us